新着順:476/13888 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

RE:Bass Boostについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月17日(月)03時03分59秒
  通報 編集済
  4Ωのスピーカ出力にもちゃんとBass Boostがかかります。
トランスおよび負帰還の基本的理解からはじめましょう。

負帰還は(たまたま)8Ωからかけてありますから、アンプは8Ω巻き線ではBass Boostされるように利得が増加しています。
8ΩでBass Boostされるためには、出力トランスの1次側でBass Boostされていなければならないですね。
出力管6N6Pのグリッド側(=2SK117のドレイン出力側)でもBass Boostされていなければなりませんし、事実そのポジションでもちゃんとBass Boostされています。

出力トランスの1次側でBass Boostされていたら、その結果は8Ωにも4Ωにも現れると思いませんか。
8Ω巻き線のうち71%は4Ω巻き線と共用しており、4Ωというのは8Ω巻き線の中間タップにすぎないですから、8Ω巻き線だけがBass Boostされて4Ω巻き線は全くBass Boostされないというのは変ですよね。

もうすこし立ち入って説明します。
1次側8kΩ:2次側4Ω、8Ωの出力トランスの巻き線比は、31.6:0.71(4Ω)、1(8Ω)です。
ですから出力トランスの1次と2次に生じる信号電圧は常に、31.6:0.71(4Ω)、1(8Ω)となりこの関係は負帰還の有無に左右されません。
4Ω側と8Ω側とでは、生じる信号電圧は常に0.71:1の関係にあるわけです。
負帰還をどこからかけようが、0.71:1の関係は変わりません。
もし負帰還の有無に左右されて変化したら、宇宙の物理法則が崩壊します。
トランスがトランスでなくなります。
8Ω側で低域で信号電圧が2倍にBoostされたら、4Ω側でも2倍にBoostされます。


 
》記事一覧表示

新着順:476/13888 《前のページ | 次のページ》
/13888