新着順:319/14036 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

接点

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 7月 4日(火)10時28分5秒
  通報 編集済
  接点をひとくくりにして論じると、ON/OFF思考になって、とにかく接点をなくせ論にはまります。
接点にもいろいろあり、接点が回路動作に与えるインパクトはずいぶん違います。

たとえば、MMカートリッジの負荷は50kΩでMCカートリッジの負荷は500Ω以下、100倍以上の開きがあります。同じスイッチを使ったらどうなるか。MMでは無視できたことがMCでは問題になったりします。
私はMC用トランスのバイパスに6回路2接点のロータリースイッチを使い、入力側は2回路ずつ並列にしています。

接点では接触抵抗が生じますが、接触抵抗が大きいのはリレー。テスターで当たってもわかりませんが、100mAくらい流してみるとかなりの電圧降下が観察できます。トランジスタ式ミニワッターの9Vリレーは接点を二つ並列にしていますが、接触抵抗があるためにしっかり電圧が観測できます。

スイッチはその方式によって接触抵抗も接触安定度も全然違いますから、どんなスイッチを選ぶかで話が違ってきます。
リレーやトグルスイッチは圧着接点ですが、ロータリースイッチは摺動接点ですので、それぞれに一長一短です。

接点として優秀なのは真空管とソケット。接触抵抗も接触安定度もスイッチの比ではありません。但し、真空管の足が黒ずんでいるからといってヤスリがけしてしまったらアウトです。
 
》記事一覧表示

新着順:319/14036 《前のページ | 次のページ》
/14036