新着順:326/14046 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

3結出力管のプレート定格について

 投稿者:toshメール  投稿日:2017年 7月 8日(土)00時00分26秒
  通報
  いつもお世話になっております。
ぺるけ氏のHPで勉強したところによると、真空管のプレート定格は意外と保守的で少しくらいオーバーしても問題ないと認識しています。

そこで疑問なのですが、出力段のロードラインを引くときに、インピーダンスが高いほうがより出力を得やすいわけですが、電源電圧を高くとっている場合にバイアス(信号)が深くなると定格を越える瞬間が出ますよね?これっていったいどの程度まで許容されるのでしょうか?

3結の定格が450Vの6L6GCを例にすると、添付した図のように450Vから5kΩppのロードラインを引くと赤色の線になります。とりあえず300V60mAのところを基点とすると、出力は約9Wです。この電源で出力トランスを8kΩppに変更すると、出力役14Wで青色ロードラインになるわけですが、当然ロードラインの終点は余裕で450Vを超えていきます。仮にこのような条件で音を鳴らし続けたら、常に定格を超えるわけではないにせよ、いずれは真空管が死にますよね?

このへんの塩梅が気になった次第です。
 
》記事一覧表示

新着順:326/14046 《前のページ | 次のページ》
/14046