新着順:142/13881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

RE:FET式平衡型差動プリアンプVersion2で10KAのボリュームを使いたいのですが

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 7月13日(木)01時13分40秒
  通報 編集済
  以下の課題があります。

(1)ボリュームを左右2個にすると操作性がものすごく悪いです。まず、左右が正確に合っているのかどうかは耳ではわかりませんし、ボリュームカーブのばらつきがあるためツマミの角度で揃えてもあてになりません。そして音量をちょっと変えるたびに調整しなければなりませんが判定する基準がありません。というわけで常にイライラします。

(2)このプリアンプは「入力インピーダンスの値」~「入力部のアッテネータの減衰率」~「アンプ自体の利得」これらが互いに密接に関連していて、一つを変えたら残りの二つが変わるという面倒な回路です。
ボリュームの抵抗値を50kΩから10kΩに変えると全体に影響し、ひとことで言うと総合利得が下がって音量が小さくなり、入力インピーダンスも若干低下します。
音量を上げようとしてアッテネータの抵抗値をいじると入力インピーダンスがさらに下がります。また、アッテネータの抵抗値を変えるとアンプ自体の利得も変わってしまうので、利得が変わることを視野に入れつつアッテネータの抵抗値を見直すことになり、そうすると入力インピーダンスが変化し・・・というわけで面倒なのです。
利得バランスをいい感じでまとめたとして、おそらく入力インピーダンスはかなり下がりますので、ソースに接続できる機材はその制約を受けることになります。

(3)少々強引ですが、アッテネータの入力側の24kΩを18kΩに変更し、アースにつながった側の24kΩを削除した簡易アッテネータにすれば、音量的にはほぼ同等になり、入力インピーダンスの低下も最小限にできると思います(布団の中での暗算なので大雑把な値ですが)。
但し、ボリューム自体の抵抗値が正確に10kΩであるという前提でして、ボリュームの抵抗値は10%~15%くらいばらつくのが普通で、簡易型ではそのばらつきが利得バランスに直接影響します。この方法をやるには、ボリュームの4つのユニットの抵抗値を実測し、それを考慮して18kΩの微調整が必要になります。

私が言っていることがおわかりであれば、そのような方法で工夫してください。意味がよくわからないのであれば、これ以上詳しい説明は無理ですので50kΩを使ってください。
 
》記事一覧表示

新着順:142/13881 《前のページ | 次のページ》
/13881