新着順:91/13881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

RE:熱暴走?

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 8月 5日(土)16時43分37秒
  通報 編集済
  回路をよく見てください。
この回路では2SK170は暴走しません。
何故なら、ソース側に入れてある2.2kΩが2SK170のドレイン電流を支配しているためで、2SK170自身がドレイン電流を決めることはできないからです。

910Ωの両端が1.45Vということは、1.45V÷910Ω=1.6mAでほぼ設計どおりですが、5.53Vに増えたということは、5.53V÷910Ω=6.07mAも流れていることになります。ということは、差動回路を構成する2.2kΩの両端には6.07mA×2.2kΩ=13.3Vの電圧が生じていることになります。
しかし、910Ωの両端が5.53Vで2.2kΩの両端が13.3Vということは、電源供給電圧は5.53V+13.3V=18.8V以上なければならないことになりますが、15V以上になるわけがありませんから説明がつきません。2.2kΩの両端電圧が何Vなのかは是非確認したいところです。
残念ながら、どちら側の910Ωなのか書いてありませんね。

どんなトラブルでも、トラブルなりにオームの法則は常に成立するので、2SK170の暴走などと決め付けずに、全体がどういうことになっているのか現象を丁寧に把握することからはじめてください。記事の回路図のあちこちにブルーの文字で電圧が書き入れてあるのは、これがわかれば回路の状態が把握可能だからです。

(1)2箇所ある910Ωそれぞれの両端電圧はどうなのか。5.53Vが現れたのはどちら側の910Ωなのかが重要なヒントになります。
(2)差動回路の2.2kΩの両端電圧。
(3)電圧がおかしくなった時の±電源電圧はどうなっているか。
(4)電圧がおかしくなった時のスピーカー出力端子の電圧はどうなっているか。
(5)2SA1680の2箇所のコレクタ電圧はどうなっているか。2箇所の220Ωの両端電圧でもよい。
(6)出力段のアイドリング電流はどうなっているか。0.68Ωの両端電圧あるいは2SC3422と2SA1359のエミッタ間の電圧でもよい。

すくなくともこれくらいの情報がないと何も始まらないでしょう。



 
》記事一覧表示

新着順:91/13881 《前のページ | 次のページ》
/13881