新着順:198/14038 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

EL34(3結)差動PPの負荷インピーダンス

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 8月29日(火)16時17分24秒
  通報 編集済
  8kΩのPP出力トランスの6Ωに8Ωをつなぐと、計算上は10.67kΩになります。
差動PPのロードラインは負荷インピーダンスの1/2ですので、1本あたりは5.33kΩ。
EL34(3結)シングルで2.5kΩ~5kΩ負荷は普通ですから、考え方ひとつでどっちもアリだと思います。

スピーカーの実際のインピーダンスは現実問題として表示どおりではない上に周波数によって激変しますから、お持ちのスピーカーのインピーダンスを実測して把握されることおすすめします。
能率を良く見せるために8Ωと書かれていても実質6~7Ωのスピーカーが多いです。
40Hz~400Hzの範囲の傾向がわかれば十分なので普通のデジタルテスターがあれば測定可能です。
パワーアンプとスピーカーの間に5.6Ω~22Ωあたりの抵抗を入れて減衰させ、パワーアンプの出口とスピーカーの両端電圧の比率から計算で求めた値は十分に使えます。

オーディオの世界に絶対的な単一解はありませんので、決めるのはご自身で。

 
》記事一覧表示

新着順:198/14038 《前のページ | 次のページ》
/14038