投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE:2012 Version2 V+が高い

 投稿者:BokeJiji  投稿日:2017年 4月10日(月)16時31分28秒
  申し訳ありません

製作記事をしっかりと目を通していませんでした
回路は正しく働いているようです
 

tr/mw p5 19v 完成

 投稿者:kei  投稿日:2017年 4月10日(月)15時58分45秒
  ぺるけ様  本日、tr/mw p5 19v 完成いたしました。放熱板をぺるけ様製作の自作アルミ板仕様に、底部通風孔を10㎜孔と変更させていただきました。15V版では一か所jp忘れをいたしましたが今回は慎重に作業し本日完成いたしました。スケールの大きいひろがりのある豊かな音です。低音の違いも解ります。これからが一層楽しみです。製作情報の開示、部品頒布と大変お世話になりました。ありがとうございました。
 

RE:2012 Version2 V+が高い

 投稿者:BokeJiji  投稿日:2017年 4月10日(月)10時49分17秒
  ご返事ありがとうございました

回答を、ふまえて再測定しました。(測定した時間帯が違うので、測定値が変わっています)

 電源トランス1次側端子間→ AC104V

       2次側端子間→ AC162V


 整流直後の出力電圧→ 206V

 1.5M=47μ/250Vの両端電圧→ 200V

 マイナス電源~2SK3767のソース間電圧→ 196V


アースを基準として

 マイナス電源→ -4.3V

 2SK3767のソース→ 191V


特に大きなが問題がなければこのまま使用したいと思っています


 

そうか、

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月10日(月)01時52分38秒
  アースは基準電位を作るもので、交流はシーソーのようなものでした。
そもそも交流は電流が行って戻っての逆方向の繰り返しだから、+とか-とかで考えること自体がおかしいんですよね。
今回の例においても、単純に両6.3Vタップに繋いでしまったら、6.3x2Vというだけの話で、打ち消す云々はお門違いでした。
交流と直流がごっちゃごちゃになっていましたね。

ちなみに昔の資料を見返したら、昔作ったギターアンプで普通にセンタータップ付きの交流点火をしたことがありました。6.3VCTで12AX7を点火してましたよ。

ほんとこれまでのアホの言葉が恥ずかしい限りです。
 

えっと

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月 9日(日)23時45分2秒
編集済
  まず基本から整理します。
トランスは2個直列にすると合計になりますよね。
そしてセンタータップ付きの場合は、この状態です。つまり6.3VCTは6.3Vの巻線が2つある状態です。だから6.3Vタップと6.3Vタップ間は12.6Vになります。どちらかをアースすれば12.6Vとして通常使用する状態の完成です。

とすれば、12AU7側の整流回路でセンタータップがアースされているので、その状態で6.3Vの交流がほしいなら、センタータップ(アース)とどちらかの6.3Vタップを繋げば、6.3Vの交流を得ることができますよね?
 

惜しい∞

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 9日(日)23時29分17秒
編集済
  何がどう動作するのかの基本的なところをつかんでいないように思います。
そういう状態でシミュレータを使っても何もわからないでしょう。
シミュレータを一切使わないで、頭を使って、回路動作の基本的なところを理解されることを心からお勧めします。





 

説明があれですが…

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月 9日(日)23時21分48秒
  適切な表現がわからなかったんですが、添付した画像のようになるってことですよね?
打ち消してしまうってことではないのですか?
 

位相が逆で(180℃ずれて)0Vにしかならないということですね

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 9日(日)23時01分48秒
  エーーーーッ!?


 

もしかして

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月 9日(日)21時07分12秒
編集済
  もしかしてセンターがアースされているので、両6.3Vタップにつなぐと、打ち消し合って電圧0になりますか?たぶんそういうことですよね?
つまり、6.3V-0側は、+6.3Vとして振る舞うのに、0-6.3V側は-6.3Vとして振る舞うので、位相が逆で(180℃ずれて)0Vにしかならないということですね。
 

簡単な問題なので

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 9日(日)20時52分5秒
  自己解決しましょう。

 

あれ?

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月 9日(日)19時58分13秒
  あれ?もしかしてこれだと、6L6GCのほうが12.6V出てしまいますか?
片方は0Vのところから取ればいいですかね?
 

惜しい

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 9日(日)19時36分39秒
  電圧が変です。


 

書いてみました

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月 9日(日)18時29分1秒
  簡単に回路を書いてみました。
このような形で、12AU7だけ直流点火にしてみるのはどう思いますか?
おそらくダイオードの発熱はだいぶ余裕がでるでしょうし、リップルもかなり減ると思います。
 

RE:2012 Version2 V+が高い

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 9日(日)18時05分15秒
編集済
  設計値はAC100V時で192Vですから、AC103Vで200Vになるのは問題ないですね。

ちょっと気になること・・・190Vというのはどこを測っていますか?
2SK3767後の190Vというのがマイナス電源との間であれば正常、アース基準であれば185Vでなければならないです。
整流出力が200Vになった場合、各部の電圧は以下のようになるのが正しいです。

1.5MΩ=47uF/250Vの両端→194V
マイナス電源~2SK3767のソース間→190V

アースを基準として:
マイナス電源→約-4.3V
2SK3767のソース→約186V

 

6L6GCも直流点火なのですが、まずかったでしょうか?

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 9日(日)17時55分46秒
編集済
  3段構成のこのアンプはヒーターを直流点火する必要はないんです。
余計に電力を食うし、熱も出るし、交流点火でもハムは出ないし。
直流点火するとしても12AU7だけで十分ですので、6L6を切り離せば12AU7にまわす直流はもっときれいになります。

今のまま使うとすると整流ダイオードは強烈に熱くなっているはずなのでしっかり放熱してください。
ダイオードは電源ON/OFFによる温度変化が大きいと特性劣化(順電圧が上昇する)が早く進みます。


 

2012 Version2 V+が高い

 投稿者:BokeJiji  投稿日:2017年 4月 9日(日)17時32分17秒
  [6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッター2012 Version2]完成?しました
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-6n6p-2012v2.htm

部品頒布ありがとうございました

静穏なアンプとなりました。残留雑音が、
 左チャンネル=40μV
 右チャンネル=30μV
スピーカーに耳を当てても何も聴こえませんので
動作してないと思いましたが、音が出て「ホッ」としました


それで質問なのですが、電源電圧(V+)が、回路図では(178V)ですが、実測値(190V)
出ています。

他の各部の電圧はほぼ回路図通りなのですが・・・・
このままでもよろしいか、ブリッジ整流の後に100オ-ム5W程度の抵抗で下げた方が良いのか思案してます

<参考>

電源トランス 1次側 AC 103V

       2次側 AC 160V

ブリッジ整流後      DC 200V

2SK3767後(V+)   DC 190V

宜しくお願いします










 

まとめて…

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月 9日(日)16時17分2秒
編集済
  入力オープン時はかすかにノイズが聞こえるだけで、ボリュームによる変化はありません。あるとすれば「サー」という高音域のノイズがボリュームを上げると徐々に聞こえるようになります。接続時には「ジー」というノイズがほんのかすかに乗り、音量を上げることで若干増えます。

ヒーターの直流回路は添付した通りです。これはLTSpiceで設計し、6.3Vが出てかつリップルをできるだけ減らせるようにした結果で、実際のアンプ内でも(私の安物テスターで計測して)6.2Vで安定しています。
6L6GCも直流点火なのですが、まずかったでしょうか?
 

RE:とりあえず

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 9日(日)09時20分58秒
編集済
  ヒーターの直流点火電源に残留リプルがあったり、ノイズが乗っていたり、発振が起きていると、不可解なノイズが出ますが大丈夫ですか。
不十分な直流点火電源だと、交流点火よりノイズが出やすいです。
お持ちのテスターではヒーター電源の残留リプルの大きさはわからないんでしたね。
ヒーター電源の回路が分かれば、リプルの大きさは計算で求められますし、問題の有無もある程度見当がつきます。
12AU7(でしたっけ)を普通に交流点火して静かになるかどうかをみるのも有効なやり方です。
ところで、6L6のヒーターは交流点火ですよね、念のため。
 

RE:とりあえず

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月 8日(土)22時49分11秒
  フルボリューム時のノイズですが、入力オープンの時と何かをつないでいる時とで違いはありますか。
何かをつないだ時にノイズが消えるのであれば、入力~ボリュームまでの実装を疑いますが、変わらないのであれば別の原因を考えなければなりません。
また、何かをつないだ時にノイズが消えるのであれば、実害はないですね。



 

ちなみに

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 4月 8日(土)20時21分31秒
  ちなみにボリュームケース、シャフトがシャーシと接触していることはテスターで確認しています  

/678