投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ご参考まで・・・アルミ電解コンデンサの耐圧

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 2月12日(日)11時27分36秒
  定格電圧・絶縁抵抗・洩れ電流

WV(Work Volt)またはV(Volt)で表わします。使用上は定格電圧を越えないことが基本ですが、アルミ電解コンデンサのように、短時間であれば許されるサージ電圧が規定されているものもあります。ちなみに、アルミ電解コンデンサのサージ電圧(US)は、定格電圧(UR)を超えた電圧ですが、JISでは、次の内容になっています。
UR ≦200Vのとき、 US = UR×1.25倍
UR >200Vのとき、 US = UR+50V

の電圧を規定の温度で、30秒間印加,5分30秒間放置を1000回繰り返すことを保証しています。


http://www.op316.com/tubes/tips/data8.htm
より。
 

RE:フォノイコライザーアンプ12AX7/電源部

 投稿者:y.m  投稿日:2017年 2月12日(日)10時47分30秒
  ぺるけ様
深夜にもかかわらず早速返信をいただきまして、有り難うございます。
安心して進められます。

無負荷では1割くらいの高めになることは頭に入っていたのですが、
大きく超えていましたので心配になってしまいました。
B電源は現状でコンデンサーの耐圧350vを超えていますので、アンプ回路を繋ぐまで
通電を控えるようにします。
 

RE:フォノイコライザーアンプ12AX7/電源部

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 2月12日(日)02時22分56秒
編集済
  回路は正常に動作しています。

回路電流がほとんどゼロの状態ですから、そうなります。
球を挿して回路やヒーターに電流が流れて、さて何Vかということでしょうか。
電圧を調整するのはそれからです。

なお、B電源は、球を指した状態でコンデンサの耐圧を越えていなければ設計値よりも少々高めでも問題ありません。低いより高いほうがいいです。
ヒーターは6.3Vに近づけるようにしてください。
 

フォノイコライザーアンプ12AX7/電源部

 投稿者:y.m  投稿日:2017年 2月12日(日)00時16分38秒
編集済
  初めて質問させていただきます。
フォノイコライザーアンプ12AX7版を製作中なのですが、電源トランスと電源ユニットまでを結線した状態(無負荷)で電源ユニットの出力電圧が設計値より以下のように高い状態です。

◯AC=102v
◯B電源
電源トランス2次 240vタップ=267v
整流後(1N4007×4)=359v  (設計値296vの+20%)
◯ヒーター電源
ヒータートランス2次  6.3vタップ=7.2v
整流後(S4VB60)=9.19v  (設計値の+46%)


B電源ユニットの抵抗とコンデンサーは、回路図表記の値から、記事に従って、
1MΩ  →  470kΩ
5.6kΩ  →  10kΩ(2本とも)
10μF  →  22μF(3本とも)
ヒーター電源も、0.33Ω  →  0.68Ω
2200μF  →  4700μF(2本とも)
にそれぞれ変更した状態です。

電源トランス  東栄変成器100v:240v 5VA
ヒータートランス  東栄変成器100v:6.3v 1A

◯原因と対応策
・B電源はペルケさんの記事では電源トランスに1次240v、2次100vの製品を使われているようですが、今回手に入れたものは1次100v、2次240vです。これが原因でしょうか?または回路に異常が疑われるでしょうか?
・電源トランスの220v タップに現状で245vが出ています。回路に異常がなければタップを220vへ変更と抵抗ドロップの微調整をしようかと考えていますがいかがでしょうか。
・ヒーター電源も抵抗ドロップで調整すればよいでしょうか?

真空管アンプを作るのが2台目、自分で部品の手配をしたのが初めてです。
先輩方のアドバイスをいただけないでしょうか。
 

RE:USB電源

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 2月10日(金)14時07分23秒
  24VのACアダプタはMAU108よりもかなりノイジーですので、電源はもう少し工夫がいるかもです。
MAU108は可聴帯域のノイズはほとんどありませんが、ACアダプタは数百Hzの三角波+MHz帯域のノイズが出ます。



 

USB電源

 投稿者:けいちゃん  投稿日:2017年 2月 9日(木)22時30分6秒
  USBの電源には悩まされた経験が幾度かあります.特にノートパソコンには
あるメーカのものは大丈夫だが、このメーカのこの機種はだめだとか.
MacBookは結構強いんですよ.iPhoneが充電できないと話にならないですから.
DACもUSB電源で駆動するものが多く、認識するパソコンもあるししないパソコンもある.
仕方がないので、セルフパワーUSBハブを使ってしようしていました.
デスクトップが2台ありますが2台とも自作です.そのうち1台は音楽専用で必要な機器以外は
接続しない余計なソフトは入れないとしています.
USB3だと電源が強いとか、認識しない機器もありますがakiDACは認識して使えています.
私もFET差動バッファUSBDAC V2をいずれ制作しようとは思っています
外部電源がいらないのはすっきりして魅力ですが、素直にACアダプタで駆動させようかと思っています.

 

PCですが

 投稿者:鶴田  投稿日:2017年 2月 9日(木)12時27分20秒
  自作のデスクトップです。今までは、Onkyoの200-PCIで音楽を楽しんでいたのですが、アプリの関係でUSBDACが必要になったため、今回の製作になりました。マザーボードをケチったせいですね。
コンデンサですが、実装できそうななるべく大きいものとの観点で入れましたので、ぺるけ師匠の推奨されているものは試していません。
因みにノイズですが、一昔前のモデム通信をしている時の音とよく似ており、可聴音域で聞こえます。
コンデンサの増量で、そのノイズが小さくなるとともに、低音域にシフトした感じになっています。
現状で十分実用なのですが、根本解決のためには、デスクトップで箱の中に余裕があるため、USB用にDCDCコンバータを入れてDAC用ポートのみクリーンな電源を用いることを検討しています。
折角のバスパワーで便利なので、PC内で解決したく。
 

USBもいろいろあるようで

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 2月 9日(木)11時22分31秒
編集済
  そんなこともあろうかと思って、念のためにAKI.DACにつけるコンデンサ容量を、1000μFと220μFに増やしてあるのですが、足りなかったですか。
うちのPCは、ThinkPadが3台とMacBookが2台ですが、USBUSB電源の影響は全く感じられず、その種の問題はまず起きないと思っていました。
世の中いろいろでみんな大体似たようなものと考えてはいけないのかも。
 

FET差動バッファUSBDAC V2完成

 投稿者:鶴田  投稿日:2017年 2月 8日(水)23時56分20秒
  何とか完成し現在エージング中です。製作中は配線ミス等あったのですが、OSコンの強さに助けられました。
やはり秋月キットのコンデンサでは、私のPCのUSB電源のノイズ除去が十分でなかったため、低ESRの2200と470 3個に付け替え80dB以上のSN比を確保できました。
このノイズはキット単体の時から聞こえていたもので、あまり良く無いPCを使う場合は、キットの電源強化は必須と思いました。
因みに特性ですが、出力は1.3V強で、その時の歪みもWaveSpectra読みで0.1弱でした。F特もWaveSpectra読みでフラットで、20kHz辺りで1dB落ち位でして、まあまあです。
肝心の音も音源がクリアで定位も良く、良い工作が出来たと思っています。部品配布等有難うございました。
 

RE:パワーアンプの抵抗の件

 投稿者:rossoメール  投稿日:2017年 2月 7日(火)23時24分20秒
   ぺるけさん、今晩は。

 詳細な説明を有り難うございます。

 せっかく提示して頂いたデータをよく読まないと
いけないと反省したところです。

 これで爆睡できます。ありがとうございました。
 

RE:パワーアンプの抵抗の件

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 2月 7日(火)21時59分28秒
編集済
  ここにある以下のグラフはご覧になりましたか。
http://www.op316.com/tubes/lpcd/trans-dac.htm

トランスの2次側に13kΩをつけた場合、トランスからみた負荷が9kΩ~11kΩの間になるのは、並列負荷になる後続の入力インピーダンスが30kΩ~70kΩあたりと読めます。



それから、これも。
http://www.op316.com/tubes/pre/passive-pre.htm

120kΩをつけたトランジスタ式ミニワッターの入力インピーダンスは、120k//560k=99k(約100k)です。
50kΩVRを使ったパッシブ・コントローラに100kΩをぶら下げた時の入力インピーダンスはこうなりますね。



どれくらいまででよしとするか、どれくらい追い込まないと嫌なのか、それはご自身で決めてください。



 

パワーアンプの抵抗の件

 投稿者:rossoメール  投稿日:2017年 2月 7日(火)12時49分59秒
   ペルケさん、こんにちは。

 初歩的な質問です。

 良いタイミングで記事がアップされたので、懸案だったトランス式AKI.
DAC搭載のラインセレクタを作製する予定です。(記事のアップありがとう
ございます。助かります。)

 そのセレクタの先には、既存のトランジスターミニワッターP5-19Vの
ボリュームを外してパワーアンプとして繋ぐ予定です。

 ラインセレクタにボリュームが付いているのでそのまま接続と思っていま
したが、作例では120kΩの抵抗を付けられています。

 それだとAKI.DACの負荷が重くなるような気がして、そこの所が分か
らず夜も眠れません。

 快眠のためにご教示お願い出来ればと思います。

 
 

機材・部品の無料放出(第3回)

 投稿者:UX生  投稿日:2017年 2月 7日(火)11時53分53秒
  皆様こんにちは。

寄る年波には勝てず、少しずつ機材・部品類の「断捨離」を進行中です。
大したものはありませんが、捨てるには忍びないので、希望者に無料で差し上げます。

詳細は拙 Home Page(下記)の「断捨離 機材・部品の無料放出品コーナー」を御覧下さい。

掲載をOKして下さったぺるけさんに深謝いたします。

http://web1.kcn.jp/tube/

 

業務連絡

 投稿者:kidメール  投稿日:2017年 2月 6日(月)15時17分50秒
   お返事ありがとうございます。
部品表を Kingsoft Writer にコピーしてコメントを追加し、それをメールに張り付けました。
これがいけなかったのでしょうか?。
お手数お掛けして申し訳有りませんでした。

http://www.eonet.ne.jp/~ja3dik-home/

 

RE:業務連絡

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 2月 6日(月)13時02分34秒
編集済
  ご連絡ありがとうございます。
gmailの自動判定で迷惑メール側に分類されていました。
たまに起きることなので1~2週間に1回くらいはチェックしていますが、ちょうどタイミングがはずれたんですね。

もしかして、Excelか何かの表を貼っていませんか?
部品リスト部分をコピーしたらテキストが壊れました。
データ中にタブや改行コードが多量に含まれています。
テキスト以外のものが含まれているとシステムが危険メールだと判定して排除します。

ご希望部品は本日発送します。
 

業務連絡

 投稿者:kidメール  投稿日:2017年 2月 6日(月)11時25分55秒
   お世話になります。
1月30日9:59に件名”部品頒布依頼20170130”にて”トランジスタ式ミニワッターPart5(19V版)新規作成用の部品”をメールさせて頂きました者です。
1週間お持ちしましたが、連絡がございませんので、メールが届いていないのかもと思っています。偶に行方不明になることが有りました。
もし、届いていなければ別のアドレスでお送りしたいと思います。
お忙しいところ大変申し訳有りませんがよろしくお願いいたします。
又、行き違いの節はお許しください。
失礼します。

http://www.eonet.ne.jp/~ja3dik-home/

 

RE:ミニワッター パワトラについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 2月 1日(水)14時44分57秒
編集済
  無負荷の状態で1次側にAC100Vをかけ、2次側に何V出てくるかで大体見当がつきます。
私の経験則(拙著、情熱の真空管アンプに詳しく書いてあります)ですが、電源トランスから定格一杯の電流を取り出し時の整流出力電圧は、無負荷の時の電圧の1.2倍程度です。
ラジオ用ということは40mAというのはおそらくDC40mAだと思うので、24mAを取り出すと電圧は高めになります。

かりに、無負荷で高めの265Vが出たとします。
24mAを取り出した時の電圧は、265V×1.3倍くらいの345Vあたりでは。

古いラジオの電源トランスは、260Vと書いてあっても無負荷で250V以下のものもあります。
電源トランスの電圧表記基準は製造者ごとにまちまちなのであてになりません。

 

RE:ミニワッター パワトラについて

 投稿者:けんちゃん  投稿日:2017年 2月 1日(水)08時37分13秒
  ぺるけ 様

早速のご回答ありがとうございます。
パワトラ、電源トランスの事です。
わかりづらく申し訳ありません。以後気を付けたいと思います。

参考抵抗値など詳しく教えて頂き大変参考になります。

時間をみて挑戦したいと思います。

また分からない点がありましたらその際はよろしくお願いいたします。
 

RE:ミニワッター パワトラについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 1月31日(火)21時59分3秒
編集済
  一瞬、パワートランジスタかと思いました。
パワトラとはパワートランス(電源トランス)のことですね。
技術用語は変な省略すると誤解を招くので、常に省略しないで丁寧に書くことをおすすめします。

本題。
260Vの電源トランスを整流して定格くらいの電流を取り出すと1.1~1.3倍の整流出力電圧になるのが普通ですから、260V×(1.1~1.25)=290V~325Vが出てくるだろうと思います。これを当初の設計値に合わせて216Vまで落とすとするとその差は74V~109Vです。
6DJ8シングルの消費電流の合計は24mA程度なので、ロスとして熱になる電力は、(74V~109V)×24mA=1.8W~2.6Wです。これは10Wのセメント抵抗が80~100℃くらいになる電力です。
電圧調整は、抵抗で落とさずにMOS-FETの分圧抵抗だけでも可能ですが、MOS-FETに1.8W~2.6Wを食わせることになり大きめの放熱器が必要です。

抵抗を追加しての電圧ドロップを併用して整流出力を記事の通りの260Vまで落とすならば、(290V~325V)-260V=30V~85Vなので、これを24mAで割ると、1.2k/3W~3.6k/8Wになります。

電源トランス→整流ダイオード→コンデンサ→ドロップ抵抗(1.2k/3W~3.6k/8W)→MOSFET回路

以下のように抵抗を入れる場所を変えるとより効果的に電圧を下げることができます。いずれにしても、どれくらいの抵抗値がいいのかはトランスから出てくる電圧次第なので実験を繰り返すしかないでしょう。記入した抵抗値もきわめて大雑把な参考値にすぎません。

電源トランス→整流ダイオード→ドロップ抵抗(820Ω?/2W~2.7k?/5W)→コンデンサ→MOSFET回路

 

ミニワッター パワトラについて

 投稿者:けんちゃん  投稿日:2017年 1月31日(火)18時06分23秒
  皆様お世話になります。

シングルミニワッターに興味を持ちこちらの掲示板に書き込みさせていただきました。

作ろうと思っているのは、6DJ8シングルミニワッターです。

手持ちに昔のラジオの260V 40mAくらいのパワトラがあるのですが、抵抗で電圧を落として使う事は可能でしょうか。

唐突な質問で申し訳ないのですがアドバイス等頂けましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
 

/664