投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE:トランジスタ・ミニワッターVer5 トラブル

 投稿者:あしたば  投稿日:2017年 1月12日(木)13時00分32秒
編集済
  すどう様

Ver4作成で同様のトラブルを自身で経験しました。

実装図LchのSP-取り出しの手前にある33Ωに繋がるジャンパーを1穴間違えアース回路に
33Ωを組み込んでしまった配線ミスです。
右chに比べると左chの音量が1/2位の違いがあったように記憶してます。

音自体には歪みも無かったので配線間違いだろう推測しましたが、いざ間違いを見つけたときは
「もうろく」したものだなと・・・・

右SP-と左SP-は内部で繋がっておりますので左SP-ケーブルだけを右sp-ターミナルに繋いで見てください。
音量が等しくなれば配線ミスの可能性大です。

ピンポイントのトラブルシュートであっているかは全く分かりませんので、上記で改善しなくとも
間違い無く配線か実装ミス、ハンダ不良の症状です。
自身の作業の再チェックは嫌な物ですがこれだけで95%治っているのも事実です。
 

RE:トランジスタ・ミニワッターVer5 トラブル

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 1月12日(木)00時19分23秒
編集済
  ありがとうございます。
なんとか見えるようになりましたが、どうにも説明がつかない数字がいくつかあります。
具体的には、5.6Ωの両端電圧から求めた電流と、2個の220Ωの上端に現れた電圧から求めた電流がほぼ同じにならなければならないのに大きく違っており、説明がつきません。
どちらかの値が正しく測定されていないのではないかと思います。

(1)L-ch 右220Ω上端の対アース電圧=0.68V・・・プラスではなく-0.68Vではありませんか。より正確には-0.65Vではありませんか。
(2)R-ch 左220Ω上端の対アース電圧=0.18V・・・もっと高い電圧、たとえば1.8Vあたりではありませんか。
(3)L-ch 右220Ω上端の対アース電圧=0.68V・・・プラスではなく-0.68Vではありませんか。より正確には-0.65Vではありませんか。
(4)5.6Ωの両端にあたる電圧(L=0.368V、R=0.416V)をもう一度測定してください。基板が暖まっていなくてもいいです。
(5)最大出力が低いのはR-chの間違いではありませんか。L-chはほぼ正常に動作していると思います。
(6)補足質問:測定された電圧は、電源ONして間もない時あるいは基板が冷えている時ですか、かなり暖まった状態ですか。
(7)補足質問:2SA1680と2SA950の基板面からの脚の長さは何mmくらいでしょうか。ほとんど切らずに取り付けましたか、かなり短く切りましたか。


 

トランジスタ・ミニワッターVer5 トラブル

 投稿者:すどうメール  投稿日:2017年 1月11日(水)23時23分33秒
  ぺるけ様
お手数をおかけしました。
教えを乞う前段で失礼をしました。
再修正して添付
何せ素人の極みです。
今回のお助け依頼は
L側の出力がきわめて小さい(R側の1/4)程度
測定してみましたがどうにもわかりません
推測できる点を教えてください。
 

RE:トランジスタ・ミニワッターVer5 トラブル

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 1月11日(水)19時52分38秒
編集済
  この掲示板の機能で画像をアップロードすると左右の幅の制限を受けて勝手に縮小されるため解像度が落ちます。
そのため数字がうまく読み取れません。
縦方向の制限はゆるいので上下はそのままでいいです。
以下のサンプルのように、ペイントなどで左右を切り取り編集して再アップロードしてください。
そうすればなんとか確実に読み取れるようになると思います。
 

トランジスタ・ミニワッターVer5 トラブル

 投稿者:すどうメール  投稿日:2017年 1月11日(水)17時29分40秒
  ぺるけ様
この度 貴殿が作成したpart5 15v版 意を決して作成に至りました。
素人には、回路の説明から作成全般まで非常に丁寧に載せていただき有難く感謝です。
配線をチェックし電源をいれましたが、R側正常出力、L側出力が1/4程度で困っています。
回路測定しましたのでご指南ください。
 

まるやまさん

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 1月10日(火)10時25分12秒
  メールでのご希望どおり、これから2SC3422をお送りしますが、念のために、取り外した2SC3422とお送りした2SC3422それぞれの各足間の導通を比較して、確かに一方が破壊していることを確認してください。

 

MW19V版その後

 投稿者:まるやま  投稿日:2017年 1月10日(火)08時29分44秒
  VT様、おはようございます。
昨日は遅くまで、検討していただいてありがとうございました。
返事が遅くなって、申しわけありません。

2SC3422が壊れているとのこと。
思い返すと、音が切れたのは、基盤を動かした時のように記憶していますので、
どこかショートさせたのかもしれません。

万事終わり次第、報告させていただきます。
大変お世話になりました。
 

Re.MW19V版その後

 投稿者:VT  投稿日:2017年 1月 9日(月)22時32分21秒
  まるやま様、こんばんは。

トランジスタの抵抗値、納得のいく数値になりました。
原因は不明ですが、2SC3422が壊れているようです。
2SCタイプのトランジスタはBからCとEには電流が流れますが、逆には電流が流れないはずです。
それにもかかわらず、テスター棒の当て方を逆にしても、抵抗値が変わらず、特にB-C間は4.5Ωという低い抵抗値になっています。

先回測定頂いたときには、方向性があったので、2SC3422は生きているけれど、3.3KΩ-3.9KΩとの接続が切れるなどでベース電圧がおかしくなっているのかと考えました。
そこで、ここの抵抗値を測ってもらうのと、3.3KΩ,3.9KΩの両端電圧を測って頂きましたが、3.3KΩの両端電圧がほぼ0ということで、2SC3422と3.3KΩ,3.9KΩは正しく接続されていて、CB間がほぼショート状態となっていることが確認できました。
そして、2SC3422が正常なら、GNDはベース電圧-0.6V程度となり、+電源は1V以下、-電源が-19V程度となるはずなのに、実際には+側が19Vとなっているので、2SC3422が故障していると判断いたします。

先程、②GNDと-側間の抵抗値を測って頂いたのは、23C3422のEに繋がっている2W270オームの抵抗値が間違っていて、過電流で2SC3422が焼き切れた可能性を心配したのですが、ここの抵抗値は正常でした。

2SC3422のC-B間が別の処でショートしてないかを確認して、問題ないことが確認できたら、2SC3422を交換されることをお勧めします。

ただ、気になるのは2SC3422が壊れた理由がわからないことなのですが。
 

MW19V版その後

 投稿者:まるやま  投稿日:2017年 1月 9日(月)21時31分46秒
編集済
  こんばんは、VT様。

①B赤ーC:4.5Ω、B黒ーC:4.5Ω、 B赤ーE:0.87KΩ、B黒ーE:0.88K
※ミスがありましたので、再掲載します。
※電源は切ってありました。

②「2SC3422のBと3.3KΩ-3.9KΩの間の抵抗」が理解できません。Bとどの箇所ですか。

③3.3:21.4mV、3.9:19.2V、Bー対地:19.1Vです。(電源オンです。)

※基盤むき出しで稼働させていましたので、どこかショートさせたのかもしれません。

よろしくお願いします。

 

Re.MW19V版その後

 投稿者:VT  投稿日:2017年 1月 9日(月)20時57分51秒
  まるやま様、こんばんは。

①の抵抗値の測定結果、非常に不思議です。
B-C間には並列に3.3KΩが繋がっているので、本来3.3KΩ以上にはならないと思っていたのですが。
また、B-E間も3.9KΩ-270Ωが繋がっているので、これも4.2KΩが上限だと思っていたのですが。

①電源の+ラインと-ラインの間に電圧がかかったままになっていないでしょうか。
②2SC3422のBと3.3KΩ-3.9KΩの間の抵抗はどうなっていますか。
③2SC3422に繋がっている3.3KΩと3.9KΩの両端電圧を測ってってみてください。また、その時の2SC3422のBの対地電圧を測ってみてください。

可能性の一つとして、2SC3422のBの半田付けに異常があるか、トランジスタが故障しているのではないかと疑っています。
 

MW19V版その後

 投稿者:まるやま  投稿日:2017年 1月 9日(月)20時38分41秒
  VT様、お世話になります。

①B赤ーC:4.5Ω、B黒ーC:反応なし、 B赤ーE:0.86KΩ、B黒ーE:反応なし

②GNDと-側間の抵抗値:267Ωです。

よろしくお願いします。

 

Re.MW19V版その後

 投稿者:VT  投稿日:2017年 1月 9日(月)20時05分19秒
  まるやま様、こんばんは。

ベース電圧とエミッタ電圧の関係がおかしいので、2SC3422が何かおかしくなっていますね。

①電源を切った状態で、2SC3422のC-B間とB-E間の抵抗をB側にテスターの赤リードを当てた時と黒リードを当てた時の2種類で測ってみてください。

②あと、入力に繋がっている機器とスピーカーを外して、GNDと-側の電源ラインの間の抵抗を抵抗値が安定するまで待って測ってみてください。
 

MW19V版その後

 投稿者:まるやま  投稿日:2017年 1月 9日(月)18時47分10秒
  こんばんは、VT様。
申し訳ありません、よろしくお願いします。
①両チャンネルとも消えます。
②+ライン対地が+19になっています。
③エミッター0V、コレクタ19.15V、ベース19.17Vです。
こちらは全然急ぎませんので、時間のあるにご指導ください。
 

Re.MW19V版その後

 投稿者:VT  投稿日:2017年 1月 9日(月)18時07分50秒
編集済
  まるやま様、こんばんは。

まだ、何か問題があったのですね。

①確認したいのですが、電源を入れると最初の10秒程度音が出てから、両チャンネルとも消えるのですね。
この消えるのは、両チャンネルとも一緒でしょうか。

②+19Vと-19Vとはどこのことでしょうか。
ACアダプターの+ラインは、GNDに対して+9V程度、-ラインは-9V程度が正常値ですが、+ラインがGNDに対して+19V程度になっているのでしょうか。

③リレーの近くにある2SC3422のエミッタ、コレクタおよびベースのGNDに対する電圧はどうなっていますか。

たぶん両チャンネルとも同時に音が出なくなるということと、+電源ラインが+19V程度あるということから推定すると、左右チャンネルに共通する部分の異常で、しかもGND電圧を作っている部分に異常がある可能性が最も高いのではないかと考えて、上記③のチェックをお願いしました。
 

簡易電子電圧計 Version2完成のお礼

 投稿者:ぴぽ  投稿日:2017年 1月 9日(月)15時48分30秒
  ぺるけ様
簡易電子電圧計がやっと完成しました。
ぺるけ様には部品頒布を2度もお願いしてしまいお手数をおかけいたしました。
単純ミスや知識不足などでいろいろとツマズイてしまい、2年もかかってしまいました。
ありがとうございました。
 

MW19V版その後

 投稿者:まるやま  投稿日:2017年 1月 9日(月)15時23分28秒
  昨日、VT様にご指導いただき、やっと完成し素晴らしい音に感激して、3時間ほど続けて、
聞いておりましたところ、急に音が出なくなりました。
すぐに、ここを利用してお聞きするのも、ダメだということで、
朝から「真空管アンプの素」などを参考に、努力しましたが、ついにギブアップということです。

問題は、電源オンでリレーの動作音が聞こえ、出音するのですが、この後10秒ほどで音が途切れます。
電源を切ると、約30秒後に、リレーの動作音が聞こえます。
電源をオンの状態でも、放熱板が全然熱くならず、どうも電源が供給されていないようです。
電源オンの状態で、+19Vの対地電圧は19.18V、-19Vの対地電圧、テスターの表示が確定しません。???
電源部のチェックは製作記事の指示通り、実施しております。

連日の投稿で、ここを独占しているようで心苦しいのですが、解決の糸口をご教授ください。
 

トランジスタ式ミニワッターPart5 15V版 完成

 投稿者:けいちゃん  投稿日:2017年 1月 9日(月)13時16分11秒
  ぺるけ様
部品の頒布ありがとうございました.
ようやくトランジスタ式ミニワッターPart5が完成しました.
昨年末インフルエンザが私を除く家族全員がかかってしまい、炊事、洗濯等で
作製が一時ストップしておりました.大晦日あたりから家族元気になり
無事お正月を迎えることができ、作製を再開しておりました.

さて、トランジスタ式ミニワッターPart5ですが、R側が正常に機能していない
トラブルがありましたが、ある一つの抵抗器の取り付け場所のミスでした.
各電圧もOKですので完成となりました.
真空管アンプに比べれば少々音が固いかなという気持ちはありますが
これもまた、心地よい音で鳴っています.

今回も重要な部品は頒布をお願いして、あとは自力でそろえようとしましたが
そろえても3社くらいの通販となり、送料も結構かかりますので
お言葉に甘えさせていただき、ほとんど頒布をお願いしました.
 

Re.MW19V版トラブル

 投稿者:VT  投稿日:2017年 1月 8日(日)07時05分25秒
  まるやま様、おはようございます。

異常個所、無事に見つかってよかったですね。

きちんと細かく測定していただけていたおかげで、速やかにたどり着けたかと思います。
私自身も、いまだに半田忘れや半田不良でしばしば悩むので、お役に立てたなら幸いです。
 

MW19V版トラブル

 投稿者:まるやま  投稿日:2017年 1月 7日(土)22時02分26秒
  VT様、こんばんわ。
今回長々とお付き合いくださって、
本当にありがとうございました。
お陰様で問題が解決し、胸のつかえが取れました。
「入力の0.47μFに阻止されて0Vなはずなのに」
この一言で、問題場所を特定できました。
失敗は今まで何回と繰り返してきた失敗を
また繰り返したことでした。
申し訳ございませんでした。
560KΩ抵抗の片方の足の半田付け忘れでした。
いつもここを利用させてもらって、他力本願でやってきました。
VT様、本当に感謝感謝の一言です。
これに懲りず、またお願いします。
 

Re.MW19V版トラブル

 投稿者:VT  投稿日:2017年 1月 7日(土)20時07分34秒
  まるやま様、こんばんは。

いろいろ丁寧に測って頂いたので、ちょっと様子が見えてきた気がします。

回路図の方に書かれた電圧配分の方は大きな異常はなく、出力のオフセットだけが変に見えたので、NFB部分の2.2KΩ-13KΩ-18KΩの処に異常があるかと思って細かく測ってもらいましたが、各抵抗の電圧からは、この部分にも大きな間違いはなさそうです。

気になるのは右チャンネルの左側FETのゲートにも電圧がかかっていることで、入力からの直流電圧は本来、入力の0.47μFに阻止されて0Vなはずなのに、ここにも175mV掛かっているということです。

In(R)の電圧と560KΩの両端電圧を確認してみていただけないでしょうか。
特に、560KΩの両端電圧が2SK170のゲート電圧と違うようなら、接続先を確認してみてください。
 

/661