投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


質問2点あります

 投稿者:ひえ  投稿日:2017年 9月22日(金)23時31分30秒
編集済
  お世話になっております。
勉強を兼ねて自力で2SK170を選別したものの、使わず仕舞い・・新しく何か作りたい
気持ちになってきました。
そこで2点質問です。


1つめ
 FET差動バランス型ヘッドホンアンプのページを眺めていたのですが、
このアンプにはDCオフセット調整用の半固定抵抗が無いようです。
DCオフセットの調整は必要無いのでしょうか?


2つめ
AKI.DAC-U2704を使った・・・トランス式USB DAC

の文を読んでいたのですが、ページ中段、LCフィルタについて・・
↓の部分
直流抵抗値が低いほどトランスの低域特性が良くなります。
しかし、この値が変化するとAKI.DACと組み合わせた時の超低域および
高域の周波数特性をも変化させてしまうことにも注意する必要があります。

・・・とありますが、例えば直流抵抗値が低いインダクタを使用した場合、
LCフィルタの抵抗値を変えるなど調整が必要になるという理解でOKでしょうか?
その場合は、やはり検査用の器械が必要でしょうし・・別のインダクタをポン付け
しても特性の確認のしようが無い、ということになりますよね。

・・というのは、海外のスピーカーネットワークに使うインダクタで直流抵抗値が
低いものがあったので、こういうものは使えないのかな?と疑問に思ったのです。
低歪みを謳っていますし、あるいは・・・と。

http://loudspeakerfreaks.com/Product.asp?mfr=Jantzen%20Audio&part=000-1870&Product_ID=9148



以上が質問です。アドバイスをいただけると幸いです。
よろしくおねがいします。










 

Re: mΩ単位の抵抗測定

 投稿者:フルデジタル  投稿日:2017年 9月22日(金)23時01分15秒
  0.1mΩ以下の抵抗を測定しようとした場合、4端子法でないと厳しいものがあります。
手近なものを使用する場合にいは、flip-flopさんの方法が良いと思います。
さらに精度を上げるには、交流測定が簡便ですが、機材が必要になります。
Analog Discoveryと100Ωの抵抗を使用すると、10mΩ以下の精度でインピーダンスを測定することができます(下図)。
オーディオアナライザを使用すると、さらに高精度な測定ができるものと思います。
ケルビンクリップのついたLCRメータは高価で場所を取りますが、測定は楽です。
意外だったのが、秋月で扱っているLCRメータDE-5000で下図のインダクタの抵抗成分を測定したところ、0.03Ωと表示され、健闘していました。しかし、4端子測定ができるアダプタがないのが残念です。
(素子を直接刺した場合は4端子測定になっているようです。)
インダクタは直流抵抗とESRが一致する保証はなく、ESRも周波数が高くなると上昇するのが厄介です。
 

RE:mΩ単位の抵抗測定

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 9月21日(木)11時34分17秒
編集済
  Ωレンジはあてになりませんが、その方法ならかなり信頼できます。
しかし、テスターの分解能が1mVどまりだとやはりきついです。


 

mΩ単位の抵抗測定

 投稿者:flip-flop  投稿日:2017年 9月21日(木)10時48分4秒
編集済
  デジタルテスターのDC測定はかなり信用できるので、私はDC印加で低抵抗を測定します。

1kΩFの抵抗と10Vの定電圧電源を用意
テスターで10.0Vに電圧を調整、測定物に1kΩを通じて10mAを流す
この時の測定物両端電圧を測定(電流印加と測定点は分ける)→接触抵抗を除外:4端子法
抵抗が10Ω以上に大きい時は発生電圧分を10Vに加算して補正。※

※印加電圧は測定中一定であれば良いので、5~15Vの任意の値でも良い。
 Rx = Rs * Vx/(Vtotal-Vx) で計算。

テスターが0.1mVまでなら0.01Ω分解能で測定できます。
電流を増やせば比例して分解能も上がる。(基準抵抗の発熱に注意。)
 

RE:Tr式ミニワッターPart5 19V版の電源部チェック

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 9月20日(水)22時11分55秒
編集済
  「0.008~0.02V」という値はインダクタのDCRのメーカー発表値(0.2~0.4Ω)をベースに決めましたが、今、精密に実測してみたところ0.1Ωかそれ以下であることがわかったので、この記述は判断に適さないため削除しました。
1Ω以下の抵抗値を正確に測定するのはとても難しいのですが、カタログ値もあてになりませんね。
0.0048Vで問題ないと思うのでそのまま製作を続けてください。


 

Tr式ミニワッターPart5 19V版の電源部チェック

 投稿者:つるっち  投稿日:2017年 9月20日(水)21時56分25秒
編集済
  Tr式ミニワッターPart5 19V版の電源部をチェックしているのですが、
現在インダクタ両端の電圧が0.0048Vで
記事にある0.008~0.02Vという値から外れて低い値になっています。
基板チェックした上では問題はないようで半田も怪しいところはやり直しもしましたが
値は変わらずです。

ちなみに電圧は左右チャンネルともV+: 9.94V, V-= -9.68Vで、
使っているACアダプタの電圧は19V仕様を使っていますが実際計測すると19.68Vあります。

今の私では手詰まりなのですが、
記事の値と外れていることがやはり気になるので
お気づきの点がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。
 

RE:MCヘッドアンプの電源回路について

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 9月20日(水)21時06分22秒
  別筐体であることは、必ずしも別電源である事を意味しませんけどね。
柔軟に行きましょうw
 

RE:MCヘッドアンプの電源回路について

 投稿者:marugo  投稿日:2017年 9月20日(水)21時02分2秒
  t-iwai 様

回路のご提示、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

ただ今回は、別筐体で作成しようと思います。
 

RE:MCヘッドアンプの電源回路について

 投稿者:t-iwai  投稿日:2017年 9月20日(水)17時59分1秒
編集済
  ペルケ氏からすでに返事されていますが、ヘッドアンプ内蔵は
されない方が良いというのはそのとおりと思います。
それはさておき、2段重ねの電源ですが、このようにすれば可能です
のでお示ししておきます。一応LTスパイスで確認済です。
 

RE:MCヘッドアンプの電源回路について

 投稿者:marugo  投稿日:2017年 9月19日(火)21時40分28秒
  ぺるけ様

ご回答ありがとうございました。

やはり、MCヘッドアンプを同居させるのは難しそうですね。
素直に別筐体で作ることにします。
 

RE:MCヘッドアンプの電源回路について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 9月19日(火)19時57分57秒
編集済
  赤い線のルートで回路がショートしますから、
トランス巻き線が焼けるか、2個のダイオードが死ぬか、その両方かのいずれになりますね。

ヘッドアンプ用にトランスを追加するか、
P35の電流容量が余っているので271Vから16Vまで落とすか(但し、単純な抵抗でのドロップだけではダメで定電圧機能が必須)、
24V/0.5AくらいのACアダプタを使うか。

ヘッドアンプは極端にハムに弱いですが、P35は電磁シールドがありません。
大きなケースに入れて電源トランスとヘッドアンプ部をうんと離すか、ヘッドアンプは別筐体で別につくることをおすすめします。
 

MCヘッドアンプの電源回路について

 投稿者:marugo  投稿日:2017年 9月19日(火)19時04分51秒
  12AX7のフォノイコライザーがうまく完成しました。

しかしMMタイプのため、MC対応にするべく、MCヘッドアンプを組み込みたくなりました。
MCヘッドアンプは、プリアンプのページにある、トランジスタ式MCヘッドアンプの回路になります。

この回路は-16Vの電源回路が必要です。
そこで、トランスの6.3V巻線から倍電圧整流で、-16.6Vを作成することにしました。
(添付回路参照。フォノイコライザー回路は基本的にオリジナルのまま、トランスのみTOEI P-35を使用)

バラック状態でテストしたときはうまくいっていたのですが、ケースに組み込み、アース電位をそろえるべく、点線の接続をしたところ、-16.6Vの電圧が上がらず(下がらず?)整流ダイオードあたりから白煙が上がりました。

そこで質問ですが、そもそもこの回路は無理があるでしょうか?
また、トランスを追加することなく、-16Vを作る上手い方法はありますでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。
 

19Vアンプ、無事完成。

 投稿者:ひえ  投稿日:2017年 9月18日(月)20時45分48秒
編集済
    夏に大苦戦した19v版アンプですが、無事完成しましたのでご報告です。結局、2SC3422を2回焼損させてしまいましたが、ちゃんと仕上がりました。DCオフセットは未調整で2mv,4mvのズレ。FET選別による精度がすごいです。
 かなり苦戦しましたが、その間にパーツを集めて2SK170選別冶具を作って2sk170GRを選別をしてみたりと、勉強のいい機会だったと思います。


 音は一言で言ってパワフルですね。クリーンで速くて太い・・・という感じでしょうか。素晴らしいです。




追伸
 ぺるけさん、手術をされたとのこと、どうかお大事になさってください。



 

んーーー

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 9月18日(月)19時47分37秒
  みなさん、詰めが甘い。




 

USB DAC 電源について

 投稿者:bun  投稿日:2017年 9月18日(月)17時35分12秒
  私のノートパソコンは NEC LaVie ですが、USB端子が五つあります。
差し替えて確認したら、一つだけパソコン落としても電源供給する端子でした。
それに差し込んで悩んでおりました。

参考にならないと思いますが、-側を一本切りすると、認識できませんと警告が出ます。
たかが4本線とUSBケーブルを安易に考えておりました。
勉強になりました。
 

USB DAC 電源について

 投稿者:bun  投稿日:2017年 9月18日(月)12時26分38秒
  ご指導ありがとうございました。
三本切り(+、D+、D-)にしようかと思っていましたが、色々試してみます。
 

■コンサートご案内■

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 9月17日(日)13時10分15秒
  こちらに掲載しました。

http://9120.teacup.com/musicandrecording/bbs/3226





 

そうでした

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 9月17日(日)01時10分0秒
  そういえばそのような指摘があったことを忘れていました。
申し訳ありません。
まさしく青色の線のまんまですね。
当方はAideTekのVC97+というデジタルテスターを使用していました。
これでは周波数特性は測れないということですね。
 

RE:周波数特性の測定環境について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 9月17日(日)00時51分22秒
編集済
  サウンドカードの出力のところでは20kHzまでほぼフラットのはずで、2kHzですでに減衰が始まるなんていう落ち方はあり得ないです。

その高域の落ち方は、1kHzくらいまでしか測定できない普通のデジタルテスターの特性(図の青い線)とソックリなのですが。
(という指摘をだいぶ前に書きましたが返答がありませんでした)

赤:秋月で5000円のデジタルテスター
青:FLUKE 73(デジタルテスターの普及機)
緑:SANWAのアナログテスター
黒:ADVANTESTのデジタルマルチメーター



 

周波数特性の測定環境について

 投稿者:tosh  投稿日:2017年 9月17日(日)00時25分32秒
  お世話になっております。

もうすこしでトランスが届きますので、アンプを完成させ周波数特性を測定するに至ると思うのですが、そもそもの測定環境を確認しました。

今回WaveGeneでシグナルを作り出して、パソコンのサウンドカード(SoundblasterZxRのステレオダイレクト、24bit192000Hz再生、WASAPI)の素の出力特性を調べてみたところ、添付した図のようになりました。
どうみてもこれは使い物にならないと考えていいでしょうか?それともだいたいこんなもんですか?
 

/699