投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


電源トランスから白煙が

 投稿者:伊達の男  投稿日:2017年 5月 1日(月)16時53分47秒
  ぺるけ様・無口なおやじ様・かつ様

御心配をおかけしました。原因はトランスのヒーター配線の短絡でした。
ヒーター配線のテストでは電圧・発熱などの異状がなかったために見落としてしまいました。
配線の間違いの可能性は最後まで捨ててはいけないの言葉 どうりでした。
尚 トランスのセンタータップ~20オームの電圧は 326Vで発熱もありません
取り急ぎ 報告させて頂くます ありがとうございました。
今後とも ご指導のほど よろしくおねがいします。
 

知りませんでした

 投稿者:BokeJiji  投稿日:2017年 5月 1日(月)15時40分6秒
  [ステマ]とは、企業が消費者に宣伝と気づかれないように宣伝すること
[カキコ]とは、インターネット上での書き込みのこと

日本語俗語辞書より http://zokugo-dict.com/

[ W E ]を、日本語俗語辞書で検索してみたら
ブログ(Blog)とは、weblog(ウェブログ)を簡略化した言葉。Web(ウェブ)+Log(記事)=ウェブ上の記事
との事 http://zokugo-dict.com/28hu/blog.htm

これも知りませんでした。

http:// 

 

ベル研究所

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 5月 1日(月)15時26分19秒
  私が最初にベル研を知ったのは1980年のことで、コンピュータ技術の領域でした。
DAM(Direct access method)やOSのしくみについて調べていたら、行き着くところはいつもベル研の文献で、この人らはなんなんだと思ったです。
 

Re: ウェスタンエレクトリック

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 5月 1日(月)13時49分17秒
編集済
  多分、オーディオ・アンプで使われる回路で、最も有名なのは Zobel network ですね。
Zobelさんってのはベル研に居た人ですが、ウェスタン・エレクトリックはベル研の設立以前にベルが買収しているので、
基本的には AT&T の研究部門がベル研で、製造部門がウェスタン・エレクトリックという位置づけですわな。

まあ負帰還の発明もベル研ですがw、これは何でも使われるものですから。
 

はい、そのとおりです。

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 5月 1日(月)12時22分19秒
  教養と良識ある大人の態度は、そうありたいと思っております。

 

ステマかどうかは

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 5月 1日(月)12時08分4秒
  ここでは置くとして、7年前のぺるけさんのカキコから鑑みるに、PCB 含有の可能性を有する部品は、その理由の如何を
問わず、一切、関わらないことを推薦する、がこの板での公式見解、ということではないかと。
 

ウェスタンエレクトリック

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 5月 1日(月)12時05分27秒
編集済
  私が不思議でならないのは、オーディオファンの間でのウェスタンエレクトリックの話題というと真空管やトランスやコンデンサや線材ばかりで、回路技術の話題がさっぱりないことです。
ウェスタンエレクトリックの見るべきところは、マネジメント手法と基礎技術と回路技術にあるわけでして部品は二の次三の次。部品は下請けが作ってますが、マネジメント手法と基礎技術と回路技術は彼らの成果物であり知的資産です。

ところで、46というアンプを聞いた時に全段差動みたいな音がしてびっくりしたのですが、回路を調べたらチョークを使って全段差動と同じ効果を狙っている。彼らもこの音を知っているのが面白いですし、私が良いと感じた音が的はずれでないとわかってホッとした出来事でもありました。
ウェスタンエレクトリックでいちばん面白くて持っている価値があるのは、彼らの傑作とも言える黒電話でしょう。日本の電電公社の黒電話もウェスタンエレクトリックの技術が詰まっています。

私のサイトにはウェスタンエレクトリックの話は全く出て来ませんが、オーディオアンプの回路の解析は良い勉強になりますよ。
 

Re:昔は

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 5月 1日(月)11時42分37秒
  >WE が WE で云々の諸氏

私は何処か業者のステマだと思っていました。
ここは閲覧者が多いので格好の宣伝になりますから。
 

電源トランスから白煙が

 投稿者:伊達の男  投稿日:2017年 5月 1日(月)10時23分38秒
  ぺるけ様・無口なおやじ様・かつ様 早速の回答有難うございます。

ぺるけ様よりの先端は絶縁してありますか?はC-・B1・E の線はテープをまいております。
配線の間違いの可能性は最後まで捨ててはいけないの言葉 肝に命じます。

無口なおやじ様
電源ユニットをはずしまして ヒーターの配線 確認のうえ 通電・電圧7V を確認しました。
トランスの加熱はありません
アースは 母線が未配線ですのでつないでおりません。

かつ様
ダイオードの極性が片方だけ違うとか。
シリコン整流ダイオード2個とも 白いマークが20オーム3Wの方になっております。

再度 配線を見直してみます。
有難うございました 結果は又 報告させていただきます。










 

Re:昔は

 投稿者:西村  投稿日:2017年 5月 1日(月)06時21分20秒
  かつさんの書かれた
> より劣った特性で、より音質が良いと感じた理由はいろいろと考えられるでしょう

これは正論ですが、Y下さんのような WE が WE で云々の諸氏にはまったく通用しません。この場合の WE は信仰と同じ。何を言っても無駄です。
以前に WE の線材はすばらしいとかいって店に持ち込んで試聴しろ、といってきた人がいました。何の変哲もない普通の音でした。
 

RE:RE:部品選別について

 投稿者:taro  投稿日:2017年 5月 1日(月)00時47分6秒
  回答ありがとうございました。
安心しました。

 

RE:PTトランスから白煙がSOS

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 5月 1日(月)00時18分39秒
編集済
  >電源ユニットの配線など確認をしましたが間違ってないようです。

「配線はまちがっていないという前提でほかにどんな原因があるか」というご質問でしたら、その答えは「配線の間違いの可能性は最後まで捨ててはいけない」です。



 

RE:部品選別について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 5月 1日(月)00時16分56秒
  選別器は即日、回復しております。
2SK117の交換ができるということは回復しているからでして。


 

部品選別について

 投稿者:taro  投稿日:2017年 4月30日(日)23時02分3秒
  一昨日の投稿に”選別機の不調”とありますが
現在FETを選別してお譲りして頂くことは可能ですか?

具体的には”FET差動バッファ式USB DAC Version1”を製作検討しておりまして
"2SK170-GR","2SK30-Y"が必要なのです
よろしくお願いします
 

極めてシンプルなミス

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 4月30日(日)20時50分9秒
  としては、ダイオードの極性が片方だけ違うとか。  

ヒーターの白煙

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2017年 4月30日(日)19時58分47秒
  ヒーター配線で、アース接地がPTの巻き始めと巻き終わりが繋がるような
接続になってたりとかは?
 

未配線のリード線

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月30日(日)18時58分18秒
  先端は絶縁してありますか?



 

PTトランスから白煙がSOS

 投稿者:伊達の男  投稿日:2017年 4月30日(日)14時30分2秒
  ぺるけ様
 部品の頒布などお世話になっております。
現在 6AH4PPアンプをBuilding My Very First Tube Amp講座を参考に作成しております。
PTトランスはPMC190M 出力トランスはFM12P-8kを使用します。
作業は、ステップ11ヒーターの配線まで進みまして通電・電圧も確認できました
ステップ12 電源ユニットの取り付けと電源部の配線で
 配線終了後通電テスト電圧確認時に PTトランスヒーター2.5V 3A部分より白煙があがりました
電源ユニットの配線など確認をしましたが間違ってないようです。

出力トランスがリード線タイプのため 立ラグを注文中で電源ユニットB1から出力トランスのB端子までの配線はまだやってません。
トラブル解決策 よろしくおねがいします。






 

昔は

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 4月30日(日)12時29分50秒
編集済
  高圧トランスにも、冷却材として PCB が使われていましたから、WEのトランスもその恐れ無しとは言えません。
実際に、ビルなんかで使われる蛍光灯の安定器(つまりチョークですがw)にも使われていました。
多分、誰もトランスの材料なんか気にしないから、自分が法を犯しているかも、とは考えもしないのでしょうが。

電気的な特性としては、往時のトランスやコンデンサが現行品より優れるとは、ちょっと考えられません。
音が云々、となると、もちろんそれは趣味の問題であり、蓼食う虫も好き好きですが。
電気的特性からは、タムラなんかもそこそこ優秀とは言え、かなり設計も古いものですから、最新の設計による
ものには敵わないのではないかと思います。Plitron/Amplimo とか Lundahl とか、一昔前には想像できなかった
特性を実現していますし。

より劣った特性で、より音質が良いと感じた理由はいろいろと考えられるでしょう。
例えば、他の部品や設計が劣っていて、全体としては、それでバランスが取れる場合。
或いは、評価する個人が、厳密な音を受け入れない場合。
評価のために使われる録音との相性で、古いものの方が合う場合。
WE という名前による、単なるハロー効果による場合だってあるでしょうw
 

PCB

 投稿者:sava  投稿日:2017年 4月30日(日)10時14分27秒
  過去ログの話が出ていたので勉強のためと再見していましたが、この掲示板の673ページにオイルコンの話がありました。
20年くらい前に解体工事で電柱を撤去する際、充填オイルにPCB含有の可能性がある柱上トランス廃棄のために、
役所に届け出するのがものすごく面倒だった記憶があります。
現状を調べてみたら電気事業法が昨年の9月に改正され、それまでPCB含有でも既設物は継続使用可だったものが
(含有濃度によるみたいですが)施設自体が不可となりました。
要するに不可なので撤去して廃棄せよということだと思います。
個人使用のパーツにそれが適用されるかどうかはわかりませんが、
有害物質に対する規制が厳しくなっている事は間違いないですね。
 

/678