投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re.左右の音量が違う

 投稿者:VT  投稿日:2017年11月 2日(木)00時24分46秒
  しんさん、今晩は。
6DJ8全段差動PPミニワッター2017でしょうか。

1. LRの真空管を入れ替えてもLがRの70%程度でしょうか。
2. 入力のボリュームを全開にした状態でもでしょうか。
3. 2SK117のゲートに繋がっている820Ωの両端をショートさせてもやはりLがRの70%程度でしょうか。
 

左右の音量が違う

 投稿者:しんメール  投稿日:2017年11月 1日(水)16時59分31秒
  仕上げた6Dj8差動アンプ
左右の音量が違うんです。

V+160、初段V+29.5 、
-電源-4.7、
それぞれの
カソードR18.3 L19.0
7,2番は15.3,16.2R側
16.3、15.7L側です。
正常な音量はR側でL側はR側の70%程度でしょうか。
配線NFB等それぞれチェックしました。
万策尽きました(笑)
 

訂正

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年11月 1日(水)12時19分14秒
編集済
  >バイアスがほとんどゼロかプラスの領域(赤丸)

 

RE:初段R-chプレート電圧が低くて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年10月31日(火)23時25分22秒
編集済
  初段6SL7GTの動作がおかしい。
L-chは正常、おかしいのはR-chだけ。
R-chのプレート電圧が140Vくらいのところ実際は20Vくらいしかない。
電源回路および出力段は正常とみてよい。
6SL7GTを左右差し換えても現象は変わらないので球は正常とみてよい。

・・・ということですね。
単に現象を言うだけでなく、そういう風に追い込んでいただけると解決が早そうです。
ロードラインを引いて(青い線)、プレート電圧が20Vになる条件(緑の線)をみると、バイアスがほとんどゼロかマイナスの領域(赤丸)になっていることがわかります。
アースを基準としして、左右各チャネルの共通カソードの電圧を測定してみてください。
L-chは+1.2V~+1.6Vくらいで、R-chはマイナスかほとんど0Vではないでしょうか。

6SL7GTの両方のプレート電圧が20Vなのか(1)、一方だけ(2)なのかで話は変わります。

(1)両方とも20Vの場合。最もありそうなのは、定電流ダイオードの向きが逆、あるいは6SL7GTのカソード回路がアースまたはマイナス電源と接触してショートしている場合です。

(2)一方だけが20Vの場合は、そちら側の6SL7GTユニットにだけ1mAが流れていて、反対側の6SL7GTユニットにはプレート電流が流れていない・・・プレートに電圧がかかっていない、ということになります。その場合はプレート負荷抵抗(240kΩ)がつながっていないからだろうと思います。

 

初段R-chプレート電圧が低くて

 投稿者:Aizan.Nメール  投稿日:2017年10月31日(火)22時54分38秒
  ぺるけ師匠様
大変恐縮ですがお尋ねいたします。
情熱本「全段作動プッシュプル・ベーシック・アンプ」製作最終局面を目前にして次のように問題が生じ、情熱本を読み返して自分なりに対策を試行してみましたが行き詰まってしまいましたので何とぞご教示方お願いいたします。
(1)症状
初段R-ch:6SL7GTのプレート電圧が通常140V前後になるべきところが、20V前後と低すぎるのです。
(2)対処事項
ア)デジタルマルチメーター(sanwa CD772)により、情熱本P.256 「表8.4」及び「表8.5」において電源部及びアンプ部の電圧測定。→ ①電源部のB1+、B2+及びC-について概ね標準値どおりを計測。②出力段(6L6GC)については、プレート電圧(対アース)、カソード電圧(対アース)、プレート電圧(P-K間)はR-ch及びL-ch共に概ね標準値どおりを計測。③定電流回路については、LM317T ADJ電圧はR-ch及びL-ch共に概ね標準値どおりを計測。④初段(6SL7GT)のカソード電圧(対アース、bias)は両ch共に1.2Vを計測。しかし、⑤初段(6SL7GT)プレート電圧(対アース)L-chは140V前後と概ね標準値を計測するも、R-chが20V前後と低すぎるのです。
イ)各パーツのチェック・対策の試行 → ①音量調整用2連VR(50KΩA×2)の交換、②配線の再チェック、③初段(6SL7GT)のR-chとL-chとの差し替え、④初段(6SL7GT)のプレートに繋がるRp1及びRp2の抵抗値の確認→すべて237KΩを実測。※①~④を試行してみましたが結果はア)⑤と同じでした。
 

Vプラスの電圧

 投稿者:しんメール  投稿日:2017年10月30日(月)16時28分19秒
  何とか、難儀して仕上げました。
カソード電圧、R側は思うように出なくて。
10Ω抵抗で調整したらカソード19V付近まで、
とりあえずこれで満足です。

ありがとうございました。
 

Vプラスの電圧

 投稿者:しんメール  投稿日:2017年10月29日(日)17時43分45秒
  Vプラスの電圧の件は簡単な結線ミスでした。
CTのつなぎ忘れでした。
次に、
カソード電源、7番2番ピンの電圧が30Vになりました、んで
ツエナーの向きが逆かな?と思っていろいろやってみました、
ところが、よけいに数値が不安定になってきたんで、
明日の持越し課題とします。
 

RE:Vプラスの電圧

 投稿者:ぺるけメール  投稿日:2017年10月29日(日)16時05分41秒
編集済
  AC100Vから電源トランスの2次巻き線まではOKで(青い線)
X-Yから先がNGということは(赤い線)
黄色い線で囲んだ範囲のどこかで切れていると考えるのが普通ですが、いかがでしょうか。

2つの整流ダイオードのどちらか片方だけでも生きていればX-Y間には電圧が出ますから、X-Y間に電圧が出ないということは、疑わしいのは緑でなぞった範囲の半田不良かジャンパー忘れということになります。

 

Vプラスの電圧

 投稿者:しんメール  投稿日:2017年10月29日(日)13時34分0秒
  ハイ、ACの3系統は正常な電圧」です。
130Vはやや高め数値ですけど。
 

最初の質問はこれでした

 投稿者:ぺるけメール  投稿日:2017年10月29日(日)13時25分27秒
  AC電圧が正常ということは、トランスの1次側の100V、2次側の6.3Vと130Vは正常なのでしょうね。

 

Vプラスの電圧

 投稿者:しんメール  投稿日:2017年10月29日(日)13時18分57秒
  詳しくは
X-Y間は130ミリV、V+電圧は-0.248V
カソード電圧は150ミリV、173ミリVです。
カソード電圧は適正にでていませんですね。
勘違いでした。
 

X-Y間はどうなったのでしょうか?

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年10月29日(日)12時11分6秒
編集済
  X-Y間に電圧がなかったら、
Vプラスにも電圧は出ません。

Vプラスが正常でなかったら、
カソード電圧が正常になることはありません。

カソード電圧が正常だということは、
直結した初段が正常だということであり、
電源回路はプラス、マイナスともに概ね正常、
すなわちアンプの回路全体のDC動作が概ね正常ということになります。
 

Vプラスの電圧

 投稿者:しんメール  投稿日:2017年10月29日(日)11時41分58秒
  カソード電圧だけは適切な電圧になっています。
 

RE:Vプラスの電圧

 投稿者:ぺるけメール  投稿日:2017年10月29日(日)11時36分36秒
編集済
  >Vプラス電圧が適正に供給されていません

X-Y間、0Vなのか、何Vなのかすら書いていないのでは回答不能です。
AC電圧が正常ということは、トランスの1次側の100V、2次側の6.3Vと130Vは正常なのでしょうね。

書き込み内容が杜撰すぎます。
質問するために調べておくことがたくさんあると思います。

 

RE:FET差動ヘッドホンアンプver3基板版

 投稿者:こおろぎ  投稿日:2017年10月29日(日)11時35分40秒
  ぺるけさま

返信と質問の回答ありがとうございます。
こちらからの書き込みが遅くなりすみません。
ここ数日珍しく熱心に仕事に時間を割いておりました(笑)。

>調子に乗ってしまうので褒めるのはほどほどにしましょう(笑)。

どんどん調子に乗って頂いて(笑)また色々なアンプを紹介して頂けたら、
サイト内に新しい情報を追加して頂けたら、とてもうれしいです。


質問の回答の3はありがたいです。また頒布をお願いすると思いますので
よろしくお願いします。
立て続けにお願いすると仕事が手につかなくなるので適度に間が空くとおもいますが(笑)。

それでは今後ともよろしくお願い致します。
 

Vプラスの電圧

 投稿者:しんメール  投稿日:2017年10月29日(日)11時01分19秒
  6DJ8差動2012から2017へ改造したんでが・・・・
肝心なVプラス電圧が適正に供給されていません。
アース関係チェツクしましたがわかりません。
電源部の最初の箇所のところX-Yでもでていません。
AC電源、トランス自体は正常な電圧です。
よろしくお願いします。
 

5A6シングル完成報告

 投稿者:罰ら  投稿日:2017年10月28日(土)14時20分18秒
  先日部品頒布でお世話になったアンプが完成しましたのでお礼と報告です。

シングルアンプは帯域が狭いイメージもあり今まで製作したことが無かったのですが、
出てきた音は繊細で十分に量感のある贅沢な音です。何でも作ってみなければ分からない物ですね。

今回の製作ではボリュームの配線を間違えて、音出しの際爆音でハムがなると言うミスがありました。
今まで散々間違えてきた箇所ですがいい加減成長したいものです。

記事の公開、部品頒布など大変ありがとうございました。
 

RE:FET差動ヘッドホンアンプver3基板版

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年10月26日(木)20時01分6秒
編集済
  こおろぎさん、こんばんは。
作るの早いですね。
音響のプロの方にそういうコメントをいただくと本人が調子に乗ってしまうので褒めるのはほどほどにしましょう(笑)。

おたずねの件1.
このアンプと独立したボリュームを通してヘッドホンとパワーアンプに送りたいのであれば、入力をパラにした2台分が必要です。
1台は普通に作り、2台目の入力側をパラ出してそれを1台目に入るという方法もあります。
「単なるパラBOX+普通に作った2台」でもいいんですけど。

おたずねの件2:
はい、そのとおりで、パラ出しでOKです。

おたずねの件3:
お一人で何台も作られた方はとても多いですので基本的にOKです。
帰省してきた息子に取られたので自分用にもう1台、定年を迎える上司へのプレゼント、部活で人数分・・・等々。
このアンプが多くの方のもとで役立つのはありがたいことです。

製造中止となった数少ない部品は死蔵されることなく役立ててください。
ご遠慮いただきたいケースは以下のとおり。
・何台も作ってオークションで売って小遣い稼ぎ。
・失敗した時の予備ために半導体だけ数を多く。
・製造中止の希少部品ばかり選んで余分に要求。


パラ出し、こんな道具もあります。
 

FET差動ヘッドホンアンプver3基板版 部品頒布のお礼

 投稿者:こおろぎ  投稿日:2017年10月26日(木)12時13分58秒
  ぺるけさま

お世話になっております。以前青山一丁目でお世話になったものです
表題の件、ありがとうございました。発送のご連絡を頂いた後、パーツも正確にすぐ届きました。

基板に約5H、シャーシに約5H、配線に約2H程で電圧の確認も含め完成。
(何度も確認し、ゆっくりやったおかげか珍しく一発OK)。すごく作りやすかったです。
ボリュームフル(入力オープン)があまりに静か(無音)、そしてリファレンスのCDを再生。

「すごいな、これ」音が出た瞬間、思わずつぶやいて笑ってしまいました。

電源投入直後の音質で能力を見誤る経験を何度もしてますので新鮮な感覚でした。

全てがポーンと飛び出して来て、下から上まで腰があって分厚いのに空間が正しく認識でき
ベースの輪郭と音程が非常に明確、かつ良くアンサンブルしています。
細かい話はキリがありませんが、大変に感動し1時間ほど色々聞きました。
今はエージング15H位かと思いますが、当初の印象のまま更に正確性が増した感じです。


このアンプを大変に気に入ってしまい、プリアンプとしても使ってみたいと考えております。
それに関して3点ほど質問があるのですが、よろしいでしょうか?

1、スピーカーとヘッドホンのどちらかを鳴らすのではなく、両方とも独立して鳴らす場合
(ボリュームが互いに影響をせず、各々で調整できる)はこのアンプを2つ(2ステレオ分)
用意してソースのアウトをパラって双方の入力に入れる、で問題ないでしょうか?
変更を加える必要、もしくは違う方法などあればご教授いただけたらと思います。

2、アウトを通常のステレオに加え、Lのみをアウトの両チャンネルへ送りたい場合は
セレクタSWを介しLのアウトをパラって送る、で良いでしょうか?

3、この頒布のシステムは多くの人がアンプを設計通りのスペックで聞けるようにという
ぺるけさんの良心により成り立っていると思うのですが、一人で何台も配布のお願いをしても
良いのでしょうか?(家族や友人に聞かせたいのですが、欲しがる人が出た時の場合)
もちろん10台も20台もほしい訳ではありません。制約などありましたら教えて頂けますでしょうか?

長くなってしまい申し訳ありません。お時間のあるときに返信いただけたらと思います。
本当にすばらしいアンプをありがとうございました。
 

RE:トランス式USBDAK部品配布

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年10月23日(月)14時02分23秒
編集済
  星川さん、メールが2通とも受信できました。




 

/705