投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


完成報告

 投稿者:hitochan  投稿日:2017年 7月 1日(土)20時40分57秒
  「理解しながら作るヘッドホンアンプ」に従って、AC100V版ヘッドホン・アンプ兼ライン・プリアンプを昨晩完成させることができました。

一つお聞きしたいことがあります。

事前の動作チェックで、ほとんどの個所で教本に出ている通りの数値が出ましたが、1か所だけ教本の数値になりませんでした。

それは、80ページの表3-6にある二つ目、「マイナス電源(D3aの外側)」で、教本では「-1.5V±5%」とありますが、何度測定しても「-1.5mV」になります。

測定方法がおかしいのでしょうか?

お分かりの方、ご教示ください。
 

RE: 三端子レギューレータを使った定電流回路

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 7月 1日(土)10時23分50秒
編集済
  私はその場所にはコンデンサを入れたことがないので、コンデンサの有無に関するコメントは控えますが、別の視点で二つほど可能性が。
状況が見えないので当てずっぽうですが、シャーシに密着固定していないなら、過熱で温度保護回路が働いたかもしれません。
たとえば、70mA×22V=1.54Wならものすごく熱くなっておそらく定格オーバー。
ただ、これはコンデンサとは関係なく熱くなればそうなります。
コンデンサが原因だとすると、何故そうなるのかは私にはわかりません。

もうひとつ、中国方面の通販やオークションのバチモンだったら大いにありえます。
過去にオークションで入手したLM317が動作異常を起こし、同じ出品者から再度購入してそれもダメ、結局全滅したケースがありました。

 

三端子レギューレータを使った定電流回路

 投稿者:べっちー  投稿日:2017年 6月30日(金)19時11分50秒
  Building My Very First Tube Amp講座を参考にして6L6GC全段差動アンプを製作しています。
出力段の定電流回路について質問します。
出力段の定電流回路にはLM317Pを使った定電流回路を使用し、OUT-GND間の抵抗は18Ωとしています (約70mAの定電流動作)。出力段のみの試験ではLM317PのOUT-GND間は1.247V(DC)程度になりますが、発振を警戒してLM317PのINとGND間に0.01uF(100V)のフィルムコンデンサを入れると、出力段のみの試験で、LM317TPのOUT-GND間の電圧がいったんは1.25V程度になるものの、直ぐに下がって0.76V程度で落ち着きます。何かおかしいことがあるのでしょうか? なお、測定にはサンワの古いデジタルテスタ(PC500)を使用しています。
知見がありましたらご教授願います。
 

RE:RE製作報告+α

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2017年 6月25日(日)15時21分42秒
  >ただ、もう作るものが思い浮かばなくて・・

プロ用の道具は性能がいいので入手したけど、そんなに使う場面もない・・・。僕も
同じで道具がたまっていきました。自作を楽しまれている方に共通の問題?かもです。

http://enigma6146.exblog.jp

 

Re:ナショナルの12AX7

 投稿者:HT  投稿日:2017年 6月25日(日)15時13分34秒
  ぺるけ様
イコライザアンプはDC点火で使用しています。このため○T、TG、東芝の12AX7A HiFiとも、聴感上のサーノイズは変わらなかったのですね。いずれもボリューム位置が12時あたりで聞こえ始め、ボリュームMAX時の音の大きさも差は感じられませんでした。通常は10時から11時くらいの範疇で聴いていますので、レコード再生時は問題ありません。私の思い込みで○Tは通測用、TGは通測グレードなる意味合いがあるかもと思ったりしてましたが、確認のため皆様に問い合わせしようと思った次第です。マイクロフォニックも気になりませんので暫く使ってエージングしようと思います。

無口なオヤジ様
12AX7のコメント有難うございます。JJは比較的安価に手に入るためパワーアンプの出力管に使っています。出力管は6CA7やEL34ですが調子いいです。電力増幅管も調子良さそうなのですね。
ところで6EM7ですが、GE製の13EM7が安価に入手できたため、3段差動PPで作成し、しばらくメインで使っていました。
現在メインでは使用していませんが、B電源系を見直し改良を試みようと思っております。
 

RE:RE製作報告+α

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2017年 6月24日(土)23時23分48秒
  ヨシザワ様初めましてです。

このスプレーガンは、エアーブラシと同じ程度の口径0.4㎜φ
ですから、小型(私のは23L/min)のコンプレッサーで作業
出来るんです。後部のネジで噴出量を調整するだけで、後は
引き金を一定に保っているだけのシンプル操作で、塗料の粘度
が相当濃くても塗装でき、垂もしないし良い道具を手に入れた
と思っています。

私も、ウレタンの2液で硬度3Hというのを使ってみましたが、
最初の失敗に懲りて、しっかり素地ごしらえ(ケレンとプライ
マー処理)をしたので、うまくいきました。
洗浄は、アセトン洗浄液を塗装後に一噴きするだけでOKでした。

ただ、もう作るものが思い浮かばなくて・・。
 

E:製作報告+α

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2017年 6月23日(金)21時28分19秒
  無口なオヤジさんはじめまして。
なかなかに実用的なサイドウッドですね。スプレーガンのエア供給はレギュレー
ターが必要なので面度ですね。使ったあともシンナー等でのクリーニングが要りますし。

僕は一般的に売られていないもの(2液性のポリウレタン)などの塗布では使って
いますが、通常の塗装では缶に入ったスプレーを使っています。

http://enigma6146.exblog.jp

 

製作報告+α

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2017年 6月23日(金)17時29分43秒
  6EM7差動PPを作りました。今回のミスは、初段のプレート
抵抗の半田もれ→定電流FETの破壊、マイナス電源の動作
不良→余っていたACアダプターで代用・・何か問題でも?
塗装の失敗→高性能塗装スプレーガンの名機OLYMPOS PC-
JUNBO 206の購入。サイドウッドはデザインでなく実用
(通電したまま裏返して測定などができる。)を考えての
物です、参考までに。

12AX7 7種類のノイズ比較ですが以外に健闘したのがJJ
次が東芝、〇T、Mullard、EH、は横並び、ダメだったのは
PM、イコライザーには使用できませんでした。初速度電流
を流さないで、いかに効率を稼ぐかがポイントと思います。
 

Re:ナショナルの12AX7

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 6月23日(金)15時16分8秒
編集済
  当時はDC点火なんて贅沢な仕様でしたから、普及製品では少々のヒーターハムが出てもAC点火が普通でした。12AX7のノイズ対策というのはもっぱらヒーターハムの低減なので、DC点火する限りほとんど関係ないだろうと思います。もっとも、○Tの12AX7といえどもフォノイコライザでAC点火したら、今時の感覚ではハムが気になって使い物になりませんが。

○Tのもうひとつの売りは、マイカ形状の工夫によってマイクロフォニックノイズが少ないというのもあったように記憶します。確かに、MullardのECC83などは叩くと盛大に鳴りますが。○Tは叩いてもうるさくないですね。

良い環境で使う限り○Tかどうかはどうでもいい、ということになります。
いろいろ使ってみましたが、サーというノイズやフリッカの程度は変わらなかった、というのが実感です。
どんな12AX7でも、通電して2000~3000時間くらい経つとサーというノイズの耳障り感が少しずつ減ってきて、やがて新品の時に比べて-1dB~-3dBくらいノイズレベルが下がるのを経験しています。

 

Re:ナショナルの12AX7

 投稿者:HT  投稿日:2017年 6月23日(金)08時48分48秒
  菊池様 ご回答ありがとうございます。私の電圧増幅管の殆どは測定用アンプの予備球を20年前に貰った物でメインは東芝の物でしたが、この度折角あるのだからとナショナル球に差し替えて見ました。マルTも1個ありまして挿して見たのですが、聴感上ノイズレベルに差は無く現在TGを2個ステレオで使用しています。
マルTに関する記載は良く見るのですが、TGに関する記載が見当たらないので質問した次第です。ありがとうございました。
 

>まず

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 6月21日(水)22時33分33秒
編集済
  この話は終了です。

私が指摘した問題は、技術的話題ではなくコミュニケーションの問題、問いかけとそれに対する回答(のようなもの)が全く噛み合っていないということでしたが、今、蒸し返すと元に戻ってしまうのがわかりますか。

今回起きた問題は、掲示板で時々起こります。現在は「掲示板のガイドライン」に
------------------------------------------------------------
■一人で掲示板を占拠しない 同一人物が繰り返し何度も書き込みを行って掲示板を占拠する行為が目立ちます。周囲が見えていないバランス感覚がない無神経な方だと判断します。毎回文字数が多くなる方、書きたいことが次々を湧いてしまう方、それは一種の病気ですので自覚してください。
------------------------------------------------------------
とだけ書いてありますが、今回起きた問題のそもそもの原因には触れていません。遠くない将来「掲示のガイドライン」にわかりやすく書くつもりですので、それをお読みください。


 

>まず

 投稿者:Penguin  投稿日:2017年 6月21日(水)21時12分16秒
  ぺるけさんへ

幕引きありがとうございます。
うんざりはちべえさんの理屈を聞いていると、電源トランスが動作しなくなってしまいます。 おかしいのはよくわかります。

一方、ぺるけさんがお書きになった文脈の流れは、よくわかっていない方もいます。 私もよくわかっていないかもしれません。 勉強できるための資料などをご提示いただければ幸いです。


念のために、ぺるけさんがお書きになった書き込みをいかに示します。
よろしくお願いします。

---

頓珍漢で  投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 6月15日(木)17時40分39秒 編集済
話になりません。
文脈がおわかりでない。

>プレート電圧は、DC300Vより高くなりますね。

ロードラインを引いたら300Vよりも高くなる、そんなことは先刻承知、みなさんわかっていらっしゃる。
みなさん十分にわかっていることをさらに二度も書いても、それは頓珍漢です。

300Vよりも高くなることを物理現象としてどう説明するのか、
何故そういうロードラインを引くことができて実際にそのとおりになるのか、
というのが今の文脈の流れです。
 

Re:ナショナルの12AX7

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 6月21日(水)18時07分7秒
  >マルTではなく、TGとプリントされています

私は解りませんが手持ちのを見たら「○T」でした。また「A」が入ってないので
ヒートアップ時間が不揃いかも知れません。他の細かい記号印字は
製造工場や時期などを示す事があるそうで、「○T」はそれとも違うようですね。

まあ、ヒーターを複数直列にして点火しなければ、気にする事はないように思います。
 

では、

 投稿者:ぺるけ@管理者  投稿日:2017年 6月20日(火)10時08分41秒
編集済
  これにて終了に願います。
だらだら続く場合は削除します。

振り返ってみれば、当初の話題はそっちのけで自分のために時間と場所を占拠していたことがわかります。
掲示板利用のガイドラインを無視する態度はやめていだたきだい。
http://www.op316.com/bbs//bbsrule.htm

多弁で書き込みの行数が多く、話題が整理されずに発散する状態が続くと、必ずこういうことになります。
本来は、書き込むご本人の国語の基礎力と良識と状況の認知能力に期待するものですが、それが破綻しました。
管理者として、早々に削除処置をしなかったことをお詫びいたします。






 

Re:逆起電力

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 6月20日(火)09時57分22秒
  おはようございます。

先ず、ここでの討論は相当の長きに渡っているので、遠回しな言い方やぶつ切りの質疑応答は避けるべき
と考えます。従って、もしも何か疑問があるのなら、それを分けて書かずに、まとめて書いて下さい。

また、これは自戒を込めて書きますが、流石に一日に数度に及ぶ長文の書き込みは、多くの方にとっては
目障りなものであったかと存じます。せいぜい一日に一回程度で、考えをまとめてからやりましょう。

一次側しかない時にどうなるか、恐らく御存知なのだろうと思われますが、何故そんな事を聞くのかは、
どうも分りかねます。もしかしてインダクタンスがエネルギのやり取りをする場合としない場合について
の話かとも思いましたが、これも関連は薄いように思われます。
 

Re:逆起電力

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2017年 6月20日(火)08時09分53秒
  かつさん、おはようございます。

では、すみませんが、2次側の電流がないとき、つまり、1次側だけしかないとき、つまり、1つのインダクタだと思いますが、ヒステリシスループはどうなりますか。

よろしくご教授をおねがいします。
 

Re:逆起電力

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 6月19日(月)23時05分47秒
編集済
  酔った勢いで、何やら乱暴な物言いになったようです。それに、判ってる人にしか判らないような、自分で
言っておいて Silent majority を無視した話をしてしまいました。m(*- -*)m スイマセーン

面倒くさがらずに図を書いて、分かり易い話をしたいと思います。

ヒステリシスループというのは、磁気現象を理解する為の強力なツールです。これを用いて説明します。

大きな変形した平行四辺形みたいなのが、ある特定のコアにおける、最大の磁束の変化です。だからこれを
超えることはありません。
B は磁束密度で、H は磁界、μは透磁率です。コアに巻いたコイルに電流を流すと、この中で移動します。
コアにギャップを入れると、傾きが変化します。それで何が起こるかと言えば、より沢山コイルを巻いても、
同じ電流で飽和しないという事です。
沢山巻くほど、より低い周波数でより大きな振幅を許容するからです。

シングルトランスに於いて DCバイアスを与えると、磁気的な動作の中心は中心から紫で示した A点に移動
します。逆に言えば、PP やクラーフ結合では中心が原点です。
小さな相似形の変形平行四辺形は、実際に信号を与えた時に、トランスであれば二次側に伝搬する軌跡です。
因みに、この平行四辺形の中が、ヒステリシス損と言われる損失になります。

DCが重畳されているシングルでは、A の点は理想的には全く動きません。ここが重要です。
この A点を中心にした、小さなループが電力伝送だと言う話をしましたが、A点が動かないという事は、即ち、
電力の伝送には寄与していない、という事です。
と言うか、ループの中心が動かないから直流動作点であるのです。

PPやクラーフ結合でどうなるか、と言うと、図のように原点を中心にした小さなループを描きます。勿論、
原点は動きません。上の場合とまったく同じです。
(実際には、電源のインピーダンスは有限だし、歪みにより正弦波の上下が非対称になるので、どちらの
場合も僅かに動きますが、それは別の問題です)

つまり、クラーフ結合だろうが、トランスとしては全く同じ動作をしています。
もしもバイアスで与えた電力を供給して過渡的に変化するのであれば A点は動くハズですから、このような
ループにはなりません。
つまり、原点を中心にしたループと相似形である、というのが DCバイアスによる電力供給が無い事の何より
の証明になっています。
 

Re:逆起電力

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 6月19日(月)20時44分37秒
編集済
  既に酔っぱらってるので、多少言葉は荒くなるかもですがw

> 負の電流というのはAC動作ということですよね。PPトランスの片側定電流でもAC動作ですよね。
何を言いたいのですか???
下の方にも書きますが瞬時値を規定するのに、直流のワケが無いでしょうが。

> つまり、磁束は、それで制限されています。つまり、DC動作で制限されています。
それが何だと言うのでしょう?
それが、貴方が言うような、直流バイアス電流エネルギーが行ったり来たりしている証明にはなりませんよ。↓

> そうですね。でも、これはPPトランスのAC動作ですよね。PPトランスの片側駆動ですね。反対側はオープンですね。
つまりシングル動作です。シングル動作で、バイアス電流の蓄えなんか無くても、同じ電力が伝送できる、
という事です。↓

> 物理的には、DCを忘れていいと言えますか?あなたは、はじめにバイアス電流でトランスに磁気エネルギはないと言ってましたね。
これは確かに私の言い方が悪かったですね。謝ります。正確には、「一次側の直流的な磁気エネルギは二次側に伝送
されていない」です。別の言い方をするなら、トランスによる電力伝送に、バイアス電流は無視しても良いという
意味です。↓

> つまり、バイアス電流で、初期磁束は決まるという事を無視しましたね。
初期磁束が何処にあるかは、クリッピングの話以外は、無視して構いません。
そもそもクリッピングを言うなら、PPだって同じことです。最大磁束密度を超えて電力の伝送は出来ません。
シングルだって、それ以上は出来ません、当たり前の話です。

> ただDCとACを同時に考えたら瞬時値はこうなるよと言っているわけです。
それが間違っている、と言っているんです。DCの瞬時値なんて存在しえませんよ。
そもそもが DC特性の定義は、直流を与えた時の無限遠点における定常値です。
瞬時値の解析を過渡現象と言い、ACでしか表せないのに、どうやって DC で表すのですか?
 

Re:逆起電力

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2017年 6月19日(月)20時29分53秒
  トランスはAC動作だけで、DCは無視して良いのなら、1次電圧もAC動作だけでいいはずであろう。とすれば、0基準のプラスマイナスだから、B電圧も超えることはない。

しかも、プレート電圧は、瞬時値で、B電圧を超えるのに、瞬時値の考察も考えない。何故ならば、ACとDCを別にするのだろう?

おかしな議論だ。
それは、あんまりじゃないかな?
 

Re:逆起電力

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2017年 6月19日(月)18時40分6秒
  >> 負荷が抵抗で、I^2Rで正のエネルギが、正弦波だからプレート電流が増えるときと同じエネルギが2次側にエネルギが出て来ます。出力は減ってないでしょう?
>何が言いたいのか、少しわかってきました。I は交流電流じゃなくて、過渡的な瞬時値の話で、
>正弦波の負のピークに於いても、瞬時供給電力は同じじゃないか、という話ですかね?

>そもそもシングルの場合に瞬時値として電流が減った点では、負の電流が流れているからなんですが、
>でもこれって、PPトランスの片側が定電流回路の場合でも、そこは同じですよね?

負の電流というのはAC動作ということですよね。PPトランスの片側定電流でもAC動作ですよね。

>電流変化に対して、ヒステリシスループの中で、相似形の小さなループを描きますから、シングル
>の場合にはある点を中心に小さなループを作り、クラーフ結合とかPPとかでは原点が中心になる
>というだけですけどね。このループというかそのローカスがそのまま伝送電力なのですから。

そうですね。

>> それは、当たり前ですよね。
>当たり前に感じるのは、相互誘導は認めて自己誘導を認めていないからでは?
>例えば、PPトランスの片側が定電流でも、プレート電流が減れば、電圧振幅が高くなるは原理は
>同じですよね。

そうですね。でも、これはPPトランスのAC動作ですよね。PPトランスの片側駆動ですね。反対側はオープンですね。

>もう一度伺いますが、ACだけの場合と、DC重畳した場合のトランスの動作の違いが理解できない
>という話でしょうか?
>それとも、DC重畳した途端、トランスが全く違う動作をする、とお考えですか?

>話が発散していますが、問題はそこだけなんじゃないでしょうか?

トランスは、DCにACが重畳してもDC動作とAC動作が別ものであると言いたいのでしょう?
電流の変化分だけ、2次側にあらわれて、DCは関係ないと言いたいのでしょう?

だから、さっき言ったでしょう。
トランスにAC,DCを区別する知能がなくても、磁束が変化すると、それに応じてコイルに電流が流れるわけですよね。変化する前は、バイアス電流が磁束を作っていたわけですよね。それがプレート電流が減ると磁束が変化し、2次側のコイルに電流が流れるわけですよね。
シングルトランスの場合、バイアス電流で、初期磁束は決まっていますので、真空管がクリップしたらそれまでですよね。
もう一度言いますが、磁束が変化すると、それに応じてコイルに電流が流れるわけですよね。これはトランスのAC動作ですよね。では、変化する前は、磁束はどうだったでしょうか?バイアス電流で決まっています。
磁束はどのくらい変化するでしょうか?真空管がクリップするまでです。
つまり、磁束は、それで制限されています。つまり、DC動作で制限されています。
まあ、当たり前ですがね。

>それとも、DC重畳した途端、トランスが全く違う動作をする、とお考えですか?

そんなことは、言ってないでしょう?ただDCとACを同時に考えたら瞬時値はこうなるよと言っているわけです。
物理的には、DCを忘れていいと言えますか?あなたは、はじめにバイアス電流でトランスに磁気エネルギはないと言ってましたね。
つまり、バイアス電流で、初期磁束は決まるという事を無視しましたね。

よろしくご教授をおねがいします。
 

/691