投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


オール負帰還での発振

 投稿者:OZA  投稿日:2018年 2月27日(火)22時14分51秒
編集済
  ぺるけさん
みなさん

お世話になります。
EL34シングルアンプ自作しました。初段ードライバ段間は2段直結増幅の6SN7、コンデンサで出力段EL34グリッドへ、またEL34グリッドは-28Vのバイアスかけ、カソードは10Ωで接地し、カソード電圧0.048V、この構成でオール負帰還(トランスはB側巻き始めマーク、二次0Ω巻き始めマーク)の16Ωから初段カソードへ780Ωと68Ωの中間へのNFB(2.2KΩ)でかけたのですが、発振しトランスが唸ります。初段カソードの780Ωにはコンデンサはいれていません。これで発振するのでしょうか。お忙しい中すみませんがご指導お願いします。
 

HAアンプのVOL 0で大きな音が出ます

 投稿者:たっぽ  投稿日:2018年 2月27日(火)21時54分15秒
  初めて投稿をさせて頂きます。
先日、FET/Tr差動ヘッドホン・アンプV4の部品を頒布頂き、無事にアンプが完成して、とてもクリアな音質に満足しています。
電源ON直後の安定するまでの30秒程度の時間に、アンプの入力VOLUMEがゼロ(GND電位)になっていても、
かなり大きな音が出てしまっており、困っています。

下記に、システム構成及び問題の症状を説明させて頂きますので、対処方法についてアドバイス頂ければ
助かります。

・システム構成: MAC ハイレゾ対応プレーヤー(AudirvanaPlus)で再生
        USB出力のハイレゾDACに接続
        DACのラインアウトをFET入力ヘッドフォンアンプに接続
        ヘッドフォンアンプ出力を300Bアンプに入力。300B側の入力VOLはMAX(ATTなし)

・問題の現象: 寒い朝や深夜の寒い部屋で、AMPの電源ON直後の30秒程度の間、VOLをGND電位にしていても
       大きな音が出てしまう。
       - 問題が発生するときの部屋の気温は10℃程度でAMPは冷え切っています。
       - DAC側の再生出力はすでに出ています。
       - 300Bアンプは、全て直熱菅なので、同時に電源ONしても10秒ぐらいで音が聞こえます。

・補足説明: HA出力のDCオフセットは、上記安定するまでは3~8mV以上の出力があり、暖かくなると
      1mV未満に落ち着きます。

・現時点の対処: 大きな音が出た時は、HAの入力セレクタを切り替えてVOLで制御できるまで、入力を
        遮断しています。

FET(2SK170)ペアの温度上昇速度の差によるものであれば、アルミ板などで結合することも
考えますが、それだけでしょうか?

本件と同様の経験のある方がいらしたら、ご教授お願いいたします。
 

電源系の異常と考えていいのでしょうか

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月27日(火)19時42分17秒
編集済
  そんな気がします。

アースを基準にしてプラス側が+15V、マイナス側が0Vということは、電源のトランジスタ周辺、下図の×マークのどれかが導通しないで切れているか、アース(青線)とマイナス(青線)間がショートしているか、のいずれかが考えられます。
切れているのを調べるのはちょっと面倒ですが、ショートしているかどうかを調べるのは簡単で、アース(=トランジスタのエミッタ)~マイナス電源ライン間にテスターを当てみれば0Ωあるいはそれに近い値なのですぐにわかります。ショートが起きている場合は、電源のトランジスタは大概死んでいますから交換になります。

どこで切れているか、あるいはショートしているかを見つけることが先決です。
しかし、これ以外の原因かもしれません。
その場合は解決はそう簡単ではないと思います。
 

(無題)

 投稿者:番さん  投稿日:2018年 2月27日(火)16時32分13秒
  お世話になります。説明不足で、たいへん申し訳ありません。
(1)左右同時で全く音(ノイズも含め)が出ない。(2)電源電圧は(DC15V)は正常で、監視しています。アダプターは変えて見ましたが同じ状態です。+7.2Vは電源ON直後8Vくらいですが、すぐに上昇して数秒後に15Vくらいの電源電圧になります。-7.2VはON直後-5Vくらいで、同じように数秒で0Vになります。各箇所ともに全く異常な電圧でした。電源ON直後数秒はほぼ正常に音も出ます。OFF後30秒くらい放置すれば、再現性は確実にあります。
長い間正常でしたので、配線ミスはなく、はんだ不良や半断線かとも考えたのですが。
電源系の異常と考えていいのでしょうか。
 

RE:トランジスター式mini Watters トラブル

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月27日(火)14時56分46秒
編集済
  >電源投入直後、数秒のみ音がでるという現象で何か考えられる原因を教えていただけませんでしょうか。

それだけでは、なんとも。
基本的なことですが、最低限、(1)左右同時か、(2)±電源電圧はどうなっているか、(3)できれば各部の電圧、くらいはわからないと手も足も出ません。
よくある話としては、どこかにハンダ不良による接触不良か何かがあって、怪しかったところの導通が使っているうちに切れたというやつ。

>目視で基板や配線を見た限りでは異常はありません。

その目視が全くあてにならないのでして。



 

トランジスター式mini Watters トラブル

 投稿者:番さん  投稿日:2018年 2月27日(火)14時19分4秒
  いつも部品頒布でお世話になります。初めての投稿です。トランジスターミニワッター(15V)part5のユーザーです。昨年、作成して問題なく動作して使用していました。急に音が出なくなりました。電源投入直後は、音が出るのですが、数秒後に途絶えます。目視で基板や配線を見た限りでは異常はありません。昨年末に広域改善の改造をして以後も、しばらく正常に動作をしていました。電源投入直後、数秒のみ音がでるという現象で何か考えられる原因を教えていただけませんでしょうか。  

RE:平衡入力2段型負帰還

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月27日(火)14時02分6秒
編集済
  初段入力に負帰還を戻す回路は、負帰還を前提にして入力とシリーズに47kΩを入れてあるので、そもそも無帰還にするという概念がありません。
入力とシリーズの47kΩを入れたまま無帰還にすると高域側の周波数特性&歪み率特性ともに劣化しますが、これをショートすると別のアンプになってしまうとも考えられます。
はたして、どんな回路にすれば意図した無帰還アンプになるのか、なかなか悩ましいところです。

とりあえず、負帰還をはずしてみたいのであればその回路でもいいですが、そこまで複雑なことをしないで単純に出力~負帰還をつなぐルートを560Ωの右側で切ればいいのではないかと思います。

 

平衡入力2段型負帰還

 投稿者:daikinomokichi@BUN  投稿日:2018年 2月26日(月)20時28分8秒
  ご無沙汰しております。

Rコアトランスは無事届いております。
その節は、ありがとうございました。

平衡入力2段型負帰還で
負帰還無しと負帰還有りをスイッチで切り替えたい場合、
下図の通りでよろしいでしょうか?

daikunomokichi
大工の茂吉

 

6C5観球DAC完成報告

 投稿者:TAC  投稿日:2018年 2月25日(日)15時54分30秒
   ぺるけ様 部品の頒布ありがとうございました。6C5、TK-1を使用したDAC完成し二日経過しました。「ぺるけサウンド」の表現があるとすれば正に今聴いている音楽がそうだと感じています。
 本DACはメタル管でありGT管でも小型であることから筐体を300H×60H×200Dのお弁当シャーシを使用、差動プリの配置を参考としました。
 観球できないDACとなりましたが設置において特に不便はなく重ねての使用も可能となりました。
 電源トランスの影響に不安を持ちましたがシャーシ内でインダクタとの距離を220㎜取れましたので電源由来のノイズは聞き取れません。
 写真を添付いたしますのでご覧ください。いつも情報発信ありがとうございます。
 

そうだったんですね

 投稿者:岸(→あちゃそ)  投稿日:2018年 2月25日(日)13時09分55秒
  ということは、これ以上はどうもできないですね。
現在プリアンプを12時、パワーアンプを11~12時あたりで使用してホワイトノイズは気になりませんので、これでやっていこうと思います。

重ね重ねありがとうございました。

http://blog.livedoor.jp/achaso54/

 

ノイズは、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月25日(日)11時59分25秒
編集済
  プリアンプ自体が出しています。
ケーブルではありません。
バランス入力回路で高い入力インピーダンスを得つつ、AKI.DACの低出力に対応した高感度を得ようとしたために、プリアンプ自体の残留ノイズが犠牲になり、増えています。
すべてを完全に満足する答えはない、ということでしょうか。
そういう割り切りで設計してあります。

もし、良く聞く音量でプリアンプのボリュームが12時以下でしたら、12時~14時くらいでちょうどいいようにパワーアンプ側のボリュームを絞れは、相対的にノイズは減ります。
 

完成しました!

 投稿者:岸(→あちゃそ)  投稿日:2018年 2月25日(日)10時49分36秒
  お世話になっております。

本日、平衡型EL34全段差動PPアンプ(15W)が一応の完成を迎えました。素晴らしい音で満足しております。
このあとはできる限り諸特性を調べてみたいと思います。

ところで、本アンプの前にはFET式平衡差動プリアンプV2が繋がっているのですが、ホワイトノイズが目立ちます。
といっても、
①15Wアンプをオープンにしてボリューム調整→ホワイトノイズほぼゼロ。
②プリアンプと15Wアンプを繋いでプリアンプのボリューム調整→ホワイトノイズに変化なし。
③プリアンプと15Wアンプを繋いで15Wアンプのボリューム調整→14時ころからホワイトノイズ増加。
という状況です。
このことからすればホワイトノイズの原因はプリアンプ-パワーアンプ間のXLRケーブルだと思うのですが、そのような認識でよいでしょうか?
また、ケーブルの品質の問題だとすれば、どのようなケーブルがおすすめでしょうか?
ちなみに現在は1mのクラシックプロのケーブルを2本つないで2mにして左右それぞれに使用しています。

http://blog.livedoor.jp/achaso54/

 

なるほど

 投稿者:  投稿日:2018年 2月22日(木)08時38分22秒
  非常に分かりやすい解説です。ありがとうございます。
コンデンサを直列にして耐圧を増やすという勉強をしたときに理解したはずでしたが、今回の件と繋がってませんでした。
 

上手くしたもので

 投稿者:しかさん  投稿日:2018年 2月21日(水)21時44分39秒
  ギター系の通販サイトですと、ちゃんとそれ用の耐圧の物が用意されてます。
値段はバラつきますが。
 

RE:ほんとうですね

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月21日(水)21時33分45秒
編集済
  2個のコンデンサを直列にした状態でDC100Vを印加したら、それぞれのコンデンサには何Vが印加されるか?という問題です。

DC100V------0.1μF/DCカット-------0.047μF------アース

上のケースでは、電圧を印加した「直後」は47:100の比率すなわち、0.1μF=32V、0.047μF=68Vです。
さて、このコンデンサの絶縁抵抗が下のとおりだったとします。

DC100V------0.1μF(500MΩ)/DCカット---※---0.047μF(2000MΩ)------アース

すると時間とともに0.1μF=20V、0.047μF=80Vに向かって収束します。
DCカットした意味がないですね。
現実にはラグ板などの絶縁抵抗も存在しますし、湿気による絶縁状態の変化も生じますので、何Vになるかはわからないのです。
何Vか知ろうとしてテスターを当てると、テスターの内部抵抗が低すぎて(10~20MΩ)ほとんど0Vとしか表示されないでしょう。

DCカットコンデンサの出口側(※マーク)を1MΩといった高抵抗でアースのつないでやれば、高電圧は確実にDCカットコンデンサだけが受け持つようにできます。
電子回路を組む時のエチケットみたいなものです。

 

ほんとうですね

 投稿者:  投稿日:2018年 2月21日(水)21時12分59秒
  たとえばTwinReverbの回路図を見てみたらDCカットはありませんでした。それが基本なんですね。その場合だったら高耐圧が必要ですね。

私が見かけたのはプリアンプのフェンダー型トーン回路で、TREBLEに220pF、MID・BASS共通抵抗100kのあとにそれぞれ0.047uF・0.1uFのコンデンサが使われている回路なのですが、この直前、すなわちプレートからトーン回路までに0.1uF400Vコンデンサが入っていました。
こちらの回路には1M抵抗はないようなのですが、いれておいたほうが安全ということですか?
 

確かに、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月21日(水)19時09分22秒
編集済
  DCカットがない回路が見つかりますね。
その場合は、コンデンサ三個すべてに250Vかそれ以上の耐圧が必要ですが、いまどきその耐圧その容量ですべて揃えるには、あちこち探さないといかんでしょう。
DCカットのコンデンサを追加すれば、50V耐圧で済みますが。その場合は、DCカットコンデンサの直後に1MΩくらいの抵抗器でアースとつないで0V電位を与える必要があります。


 

RE:トーン回路のコンデンサについて

 投稿者:しかさん  投稿日:2018年 2月21日(水)18時49分38秒
  横から失礼します。
フェンダーのあの有名なトーンコントロール回路の場合、DCカットは入りません。派生回路の場合も含めて、トレブルはセラミック、ロー/ミッドはフィルムの400V/600Vが使われてます。VOXとかは確信ありませんが。
 

わかりました

 投稿者:  投稿日:2018年 2月20日(火)23時11分35秒
  あとはコンデンサによる音質の差だけということですね。とりあえず、手頃な小型コンデンサでコンパクトにまとめることができそうですね。
ありがとうございました。
 

RE:トーン回路のコンデンサについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月20日(火)22時32分8秒
編集済
  オーディオ信号で最大50Vならば50V耐圧のコンデンサで十分でしょうね。
フェンダーのあの有名なトーンコントロール回路の場合、どのコンデンサも直列に高抵抗が入りますから、コンデンサにかかる電圧はもっと小さくなるので、いよいよ問題ない、ほとんど無視しても良いお話だと言っていいでしょう。

部品の耐圧にはいろいろなタイプがあります。
トランジスタやダイオードのように、明確なある値を超えると急激に過電流が流れて一気に破壊的な状況に陥るタイプ、
アルミ電解コンデンサのように、その値を超えると徐々に漏れ電流が増加し、それによる過熱で特性が劣化するが、少々かつ短時間のオーバーなら修復されるタイプ、
フィルムコンデンサのように、上記のようなはっきりとした境界というものがなく、耐圧よりもかなり高い電圧をかけたことで部分的に破壊ショートが起きたり、過電流によって温度が上昇して炭化することで絶縁性能がじわっと低下するもの、
真空管のプレート電圧のように定格電圧の2倍をかけても直ちに問題とはならず、耐圧を超えて100V以上のオーディオ信号が重畳されることが許容想定されているもの(半導体はダメです)などがあります。
 

/724