投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE:出力2次回路の位相補正

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年12月11日(水)01時30分40秒
返信・引用 編集済
  スピーカー出力と並列に入れるCRは、Zobelネットワークと呼ばれているもので、位相補正の用をなしているわけではありません。もっぱら高い周波数帯域で負荷インピーダンスが高くなるのを防ぐための役割をしています。

Wikipediaにもこのように書いてあります。
Zobel networks are also known as constant resistance networks.(抵抗値の一定を保つための)
https://en.wikipedia.org/wiki/Zobel_network

フルレンジスピーカーは1kHz以上でインピーダンスがどんどん高くなるので高い周波数では事実上無負荷同然になります。2way、3wayスピーカーでも安心できません。アンプの裸利得がより高くなりますから、負帰還量が増えてアンプは不安定になります。
また、これがないとスピーカーを外して通電した時に発振するケースも多いです。
高い周波数帯域で負荷がオープンにならないための手当てですから、どこにつないでも構いません。
 

出力2次回路の位相補正

 投稿者:vivace  投稿日:2019年12月10日(火)14時43分11秒
返信・引用
  EL34三結PP全段差動モノアンプで、初段(12AU7)のグリッドにトータルNFBを掛けています。
オーバーオールな安定のために、OPTの2次、SP端子に15Ω+0.1uF程度の位相補正(積分回路)を繋ごうとしています。
なお、実際には4ΩSPを4Ω出力端子に繋いで鳴らしています。
初段へのNFはOTPの2次側NF巻き線からとっています。


位相補正(積分)回路は、この4Ω端子-GND間に繋ぐべきでしょうか?
すなわち実質的にSPを繋ぐ端子に入れるのが最良でしょうか?

MJ誌などの製作記事では標準的に8Ω端子(16Ω)-GND間に入れているようです。

また、繋ぐ出力端子によって、定数の補正を再計算(波形観測?)して、厳格に合わせるべきでしょうか?

プリミティブな質問ですが、ご教示いただければ幸いです。
また、定数の決め方は、実際の波形計測でやるべきでしょうか?
お手数をおかけします。
ありがとうございます。
 

Re: RE:抵抗値について

 投稿者:素人A  投稿日:2019年12月 8日(日)16時27分49秒
返信・引用
  > No.27229[元記事へ]

600Ωと4kΩでやってみます。
早速のお答えありがとうございました。
 

RE:抵抗値について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年12月 8日(日)10時18分12秒
返信・引用
  回路の場所によって、(1)測定器などで正確に1%以内の精度でその値であることが必要、(2)多くの場合5%くらいの違いは許容される、(3)10~20%くらい違っていても問題ないこともある、(4)左右あるいはペアで揃っていることがもとめられる、この4つくらいに分類できます。

負帰還回路の620Ωは(2)(4)です。
4.3kΩも負帰還回路ですから(2)(4)です。
利得は620Ωと4.3kΩの比率で決まります。
5%くらい変化しても誤差の範囲です。
620Ω:4.3kΩと600Ω:4kΩならどっちでも結果は同じといっていいでしょう。

希望する抵抗値が手元にない時、2本を直列あるいは並列にしてやりくりすることはよくあります。
 

抵抗値について

 投稿者:素人A  投稿日:2019年12月 8日(日)06時39分5秒
返信・引用
  こんにちは、先日は部品頒布していただきありがとうございました。
ただいま6N6P全段差動PP2012Ver2を製作中なのですが素人ゆえ回路の仕組みを理解出来ておらず難航している次第です。

初歩的な質問で恐縮なのですが指定されている抵抗値が無い場合それに近い値もしくは合成抵抗で代用することは可能でしょうか?
具体的にはアンプ回路の入力直後の620Ωを600Ωで代用、作動回路?の4.3kΩを4kΩもしくは1k+3.3kで代用した場合何か問題が発生するでしょうか?
なおトランジスタは頒布品、トランスは春日無線の指定品を使用しています。
以上よろしくお願いいたします。

http://www.op316.com/tubes/mw/mw-6n6p-2012v2.htm

 

シングル・ミニワッターが完成しました!

 投稿者:りぎょう  投稿日:2019年12月 7日(土)14時18分11秒
返信・引用
  久しぶりに、シングル ミニワッターアンプを作ってみました。

引き出しの隅で、10年以上、、、予備用で出番がないまま眠っていた(?!)!0DE7・・2本をつかってです。

ただのシングル構成では面白くない(?)ので、これを全段差動ならぬ「全段定電流アンプ」としました。

(初段)2SK30A差動 (2SK246定電流)ー(ドライブ段)1/2 10DE7{2SK30A定電流] ー(出力段)1/2 10DE7[LM317定電流]の構成です。

本サイトの<The Single Amp. Project>は、大いに参考にさせていただきました。

ペルケ師匠、どうもありがとうございました。

出た音は、至極真っ当な音です。

昔作ったシングルアンプの音は、思い出せませんが、ペルケさんの「音を聞いてみて」に書いてある印象と同じだと思いました。

作って良かったです。

 リビングの<音の奏者>の面子がひとり増えました。
 

オクのFET 2SK170使用記

 投稿者:ニチコンFG  投稿日:2019年12月 5日(木)13時26分13秒
返信・引用
  オーションで安く売っている2SK170BL品を簡単に調べ初段差動増幅として実際に組み込んで見ました。

モノ オークションで送料込み10個700円売っている2SK170BL
10個を購入し選別測定装置で2mAで選別
10個全部 VGS -0.20~-0.34V IDSS 7.99~11.77mA
参考 手元にあったトウシバ品4個 VGS -0.17~-0.22v IDSS 6.91mA~8.69mA

購入した10個は数値あまりバラつかなかったので厳密な選別をせず2セットのペアを取り
黄色の熱収縮チューブにて簡易熱結合

組み込んだもの 動作品トランジスタ式ミニワッターPart4 トウシバ2SK170BLと交換

DCバランス調整 画像の通り右chは問題無し 左chはもう少し厳密な選別ペア組が必要

音に関してはトウシバ品と全く変化が分かりません。私は音をブランドや見て楽しむ特技も趣味もないので個人的にはこれで十分です。
しばらくこれで鳴らしてみます。

お決まりですが自己責任でお願いします。

画像2枚目 左がトウシバ品 右がオークション品 見づらいですが刻印が細いのとバリが酷いです。
 

6DJ8DAC製作

 投稿者:BokeJiji  投稿日:2019年12月 5日(木)11時53分37秒
返信・引用
  久しぶりに半田ごてを、握ってみました

持ちあわせのもので[トランス+真空管バッファ式6DJ8USBDAC]を、作ってみました。EIコアタイプ電源トランス版です

これで [6DJ8pp全段差動ミニワッター2017]と組み合わせて聴けるようなりました。

製作記事ありがとうございました
 

超絶技巧

 投稿者:Y  投稿日:2019年11月28日(木)20時34分31秒
返信・引用 編集済
  そういえば、電解コンデンサは大きさの割には軽いなとおもったことはありますが、
買いませんし2000uFぐらいで満足してます
まったく思いつかないです。

これはもう、伝統というか文化というか
故宮博物館の多重象牙球をおもいおこします。
 

Re: いろいろありました

 投稿者:  投稿日:2019年11月28日(木)15時49分40秒
返信・引用
  > No.27222[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

> 日本人にこういう発想はないです。

羊頭狗肉
羊頭馬脯
牛首馬肉
羊質虎皮
 

いろいろありました

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年11月28日(木)14時47分45秒
返信・引用
  日本人にこういう発想はないです。  

Re:OPアンプ

 投稿者:tera-Sarai  投稿日:2019年11月27日(水)21時03分11秒
返信・引用
  オペアンプを交換して音の違いを楽しめる事を売りにした製品を出すメーカーもあるので、オペアンプ自体に互換性があると誤解してしまう人が出てしまうのかもしれませんね。  

Re: 本物か偽物か

 投稿者:かつ  投稿日:2019年11月27日(水)15時34分39秒
返信・引用 編集済
  > https://www.diyaudio.com/の通販で米国のLinear System社の2SK170相当品 LSK170等を扱っています。ちょっとお高いですが。
>
> https://diyaudiostore.com/collections/jfets/products/linear-systems-matched-jfets

http://www.linearsystems.com/lsdata/datasheets/201110%20-LSK170%20Rev%20A17%20dated%202017%2008%2028.pdf
これなら、同等品と言えますが、何故か NF が悪くなってますね。
ジャンクション温度とか入力容量値とか、他は良くなっているのに。
まあ、オーディオなら気にするほどでは無いのかも知れませんが。

> > 基板から適当に外した同じピン数の石に、適当にマーキングだけして売ってるのがあるの
> > だそうですw
> たぶん、のっぺらぼうの石があってAliとかの注文に応じてオンデマンドでマーキング…
それは違うでしょう。それなら、最初から中身のないパッケージだけにすればよいですが、
私の見たのは、どこの何とも判らない中身が一応は入っていたのでw
拾った基板から外して売る、半導体ボタ山みたいなビジネス?w があるらしいです。

その昔、この板でも話題になった話で、マトリューシカみたいな電解コンがありましたがw

因みに Aliで何度か ICを買いましたが、いちおう動作はしました。
ICの偽物は淘汰されてきてるみたいですが、ゴルフ用品とかは見事に偽物だらけですな。
きっと、そっちの方が儲かるんでしょうw
 

Re: 本物か偽物か

 投稿者:mmr  投稿日:2019年11月27日(水)12時16分6秒
返信・引用
  > No.27218[元記事へ]

こんにちは。

https://www.diyaudio.com/の通販で米国のLinear System社の2SK170相当品 LSK170等を扱っています。ちょっとお高いですが。

https://diyaudiostore.com/collections/jfets/products/linear-systems-matched-jfets

Linear System の製品は日本では極東貿易株式会社というところが扱っているようです。
http://www.kbk.co.jp/ja/products/linear_integrated_systems/




で。さんへのお返事です。

> かつさんへのお返事です。
>
> > アマチュアの自作向けにこんな手の込んだことをする訳がないので、これを購入する会社
> > がどこかにあって、それ向けに作っているんでしょうが・・・
> いやいや。
> 商社(?)の中の人のブログで書かれていますが闇は深いですよ。
> http://pms-g.blogspot.com/search/label/Remark
>
> > 基板から適当に外した同じピン数の石に、適当にマーキングだけして売ってるのがあるの
> > だそうですw
> たぶん、のっぺらぼうの石があってAliとかの注文に応じてオンデマンドでマーキング…
 

Re: 本物か偽物か

 投稿者:で。  投稿日:2019年11月27日(水)08時27分23秒
返信・引用
  > No.27216[元記事へ]

かつさんへのお返事です。

> アマチュアの自作向けにこんな手の込んだことをする訳がないので、これを購入する会社
> がどこかにあって、それ向けに作っているんでしょうが・・・
いやいや。
商社(?)の中の人のブログで書かれていますが闇は深いですよ。
http://pms-g.blogspot.com/search/label/Remark

> 基板から適当に外した同じピン数の石に、適当にマーキングだけして売ってるのがあるの
> だそうですw
たぶん、のっぺらぼうの石があってAliとかの注文に応じてオンデマンドでマーキング…
 

OPアンプ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年11月26日(火)12時52分42秒
返信・引用
  > アナログ回路はどうしても発振することがあるので4558向きの回路をそのまま5532に置換
> えてはいけないのかもしれません

先月書き上げた本にもそれはやっちゃいけないよ、と具体例を挙げて書いてあります。
OPアンプは基本的にとっかえひっかえはできないんです。
 

Re: 本物か偽物か

 投稿者:かつ  投稿日:2019年11月25日(月)15時50分42秒
返信・引用
  > 単純な興味から、海外トランジスタ(中華通販)を使用してミニワッターをつくってみて
> います。JFETに関しては測定系がないのでなんとも言えないのですが、傾向としては
> 「で。」さんのご紹介いただいたサイトのようにやたらバイアスが深いです。

バイアスが深くて gm が同程度なら、単に Idssが大きい方にばらついている事になります
が、あのブログ記事が正確であると仮定すれば、gm に大きな差があるわけで、ということ
はチャネル幅が大きく違うハズですね・・・だったら、面積が違うんですからマスクも違う
ハズで、同一品番を名乗るのは、確かに詐称と言わざるを得ませんね。

でも、2SK117 とほぼ同じなら、何故 117 と言って売らないのかが不思議と言えば不思議
です。中身が J-FET じゃないとか、NF が凄く悪いとか、そんなの(そういう偽物もあり
ますw)ではないみたいなので、違う製品名で売ったところで、あんまりメリットは無さ
そうな?

アマチュアの自作向けにこんな手の込んだことをする訳がないので、これを購入する会社
がどこかにあって、それ向けに作っているんでしょうが・・・その差が最終商品の性能に
現れていない、ってことで納得されているんでしょうかね?

ただ逆に、アマチュアの自作だったら、これを並列接続する、という手もありますがw
基本的に、gm は並列にすればそれだけ増えますから。

> アナログ回路はどうしても発振することがあるので4558向きの回路をそのまま5532に置換
> えてはいけないのかもしれません

そりゃあ、もちろん無理ですw そんな無茶な置き換えはしていません。
最初から 5532 で設計した回路での話です。

ご参考までに、もっと本当に強烈な偽物も、見てきました。
私が在籍した半導体企業に持ち込まれた例で、「全く動作しない」というクレームが来て、
調査してみると、そもそもが全く違う石のマーキングだけ変えたものでした。よく聞いて
みると、代理店でもない中国の怪しい店で買ったとの事で、お引き取り願いましたが。

基板から適当に外した同じピン数の石に、適当にマーキングだけして売ってるのがあるの
だそうですw
 

Re: 本物か偽物か

 投稿者:あらみす  投稿日:2019年11月25日(月)13時18分2秒
返信・引用
  単純な興味から、海外トランジスタ(中華通販)を使用してミニワッターをつくってみています。JFETに関しては測定系がないのでなんとも言えないのですが、傾向としては「で。」さんのご紹介いただいたサイトのようにやたらバイアスが深いです。

バイポーラトランジスタについては、一見して海外の通販サイトで購入できるトランジスタには日本のようにバラエティがないということと、海外の自作派にとっても特殊なものが欲しければ2SA/2SC型番の日本のトランジスタを手に入れるしか方法がないようです。米国滞在中にも小売りしてくれる店を探してみましたが、やはりあまり多数のものを在庫してはいないようでした。

海外オリジナルと思われるトランジスタを(中華通販で)数種類手に入れてみましたが、hFEに関してはオリジナルのものよりえらく大きいようです。hFEが大きい方がとりあえず仕様を充足するのには都合がいい、ということなのでしょうが、オリジナルのデータシートからはかけ離れています。耐圧などに関しては調べようがない(高圧をかけてTrをぶっ壊せばいいんでしょうが、もったいない)のですが、hFE実測の上でトランジスタの物理的なサイズから「まあこんなもんっしょ」といって使うことはまあできなくもないのかな、という印象です。部品箱の中で混ざらないようして使っています。

なお、秋月で扱っている海外トランジスタはそれなりのメーカーのものだと思いますので、データシートを信用していいと(私見では)思います。
 

本物か偽物か

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年11月25日(月)00時29分45秒
返信・引用
  真空管も半導体も、例えば2SC1815は東芝の占有ではなくどのメーカーが作ってもいいことになっていると記憶しています。
しかし、それは特性が十分に同じでなければなりません。
似たものをそれとして売ったらそれは偽物と言っていいでしょうね。
 

Re: 23K170 の刻印等

 投稿者:で。  投稿日:2019年11月24日(日)21時25分30秒
返信・引用
  > No.27210[元記事へ]

かつさんへのお返事です。

> もしセカンドソース品が流通しているのでしたら、偽物などというのは言掛りというもの
> でしてw、むしろ選択肢が出たことを喜ぶべきでは無いかと。

あちこちで測った人がいますが…
特性全く異なるリマーク品が大部分のようです。
http://blog.livedoor.jp/ekousaku/archives/5935679.html

さらに東芝製と謀って売る所も多数。
言いがかりじゃなくて文字通り偽物ですよ。

 

/788