投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 2sk170の代替品と選別について

 投稿者:で。  投稿日:2019年10月14日(月)18時25分4秒
返信・引用
  > No.27162[元記事へ]

冷たいアイスさんへのお返事です。

> FET作動式トランジスタアンプの平ラグ板で2sk170の代替を探していたら2sk2145という表面実装型のトランジスタが見つかりました。
> ソースが共通の2sk170が二つ入っておりidssがそのパッケージ内では0.01mAほどの誤差しか無いと言うことらしいです。何か参考になればと思います。

中の人同じなのは
2SK117[ディスクリート) → 2SK209(チップ) → 2SK2145[デュアルチップ)
だったかと(ちょっと前の東芝の半導体総覧からの推測です)。
 

2sk170の代替品と選別について

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2019年10月14日(月)10時57分23秒
返信・引用
  FET作動式トランジスタアンプの平ラグ板で2sk170の代替を探していたら2sk2145という表面実装型のトランジスタが見つかりました。
ソースが共通の2sk170が二つ入っておりidssがそのパッケージ内では0.01mAほどの誤差しか無いと言うことらしいです。何か参考になればと思います。
https://toshiba.semicon-storage.com/info/docget.jsp?did=19703&prodName=2SK2145
 

■業務連絡■

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月14日(月)09時49分27秒
返信・引用
  厚木市のNKさん、10/10にメールしましたが読まれましたか。
住所に尋ねあたりません、として戻ってきています。
地番は「6-7」となっていますがそれで足りていますか。
またご住所で調べると郵便番号が一致しません。
 

re:わたしもひさびさに作りました

 投稿者:よしろう  投稿日:2019年10月13日(日)11時48分52秒
返信・引用
  こんにちは、
基板はアマゾン買いました。組立て教材の1品らしく
アメリカの秋月電子みたいところでしょうか。
ぺるけさんのHP はむかしから知っていましたが掲示板は初めてです。
 

これはまた

 投稿者:NAKA  投稿日:2019年10月12日(土)12時04分34秒
返信・引用
  よしろうさん、
これはまた、ぺるけさんの記事とは違った基板をお使いになられたのですね。

bluetoothレシーバー付きツアラー、便利で常用しています。
 

わたしもひさびさに作りました

 投稿者:よしろう  投稿日:2019年10月11日(金)19時57分40秒
返信・引用
  NAKAさんへのお返事です。


Bluetoothのミニアンプです。
なにしろコテから買い直すぐらいでしたが
組み立てると、いい音ですね


 

ブレッドボード・アンプの厄介な問題

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月11日(金)09時16分51秒
返信・引用 編集済
  ノイズのリスクが高いことは覚悟するとして、嫌なのはホコリが積もること。
隙間に入ったホコリは掃除機かけても溜まるばかり。
溜まったホコリが酸化してくるとノイズの原因になる。
ホコリ対策としてガラスケースに入れたくなるが、熱が出るからそうもゆかない。
来客時の見せびらかし用にうちにも一台ありますが、
だんだん面倒くさくなってきて、今は押し入れの中が定位置です。
 

Re: RE:TrMW Part5

 投稿者:JTAM  投稿日:2019年10月10日(木)23時24分19秒
返信・引用
  > No.27148[元記事へ]

ぺるけ様

hFEに関する補足までいただき申し訳ありません。
製作はもう少し回路を勉強してから取り組むことにいたします。
記事の方もさらに熟読させていただきます。
ご丁寧なご回答をいただき本当にありがとうございます!
 

Re: RE:ブレッドボード式真空管アンプについて

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2019年10月10日(木)17時59分50秒
返信・引用
  ぺるけさんへのお返事です。

> 私は入力部分について参考に書いただけで答えは出していません。
> それに、入力ジャック~ボリューム間も、シールドなくてもノイズに強いのはソース機材をつないだ場合、という条件をつけていますから、ソース機材の電源がOFFだったり何もつながなかったら盛大にノイズが出るかもしないでしょう?
>
> アンプ全体に及んではきりがないのでご自分でお考えください。
> それに、今の私はマウスやキーボードではなく視線入力で書いていることもお忘れなく。
>

わかりました。色々試してみます。
どうもありがとうございました。
 

Re: RE:ブレッドボード式真空管アンプについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月10日(木)17時34分43秒
返信・引用 編集済
  私は入力部分について参考に書いただけで答えは出していません。
それに、入力ジャック~ボリューム間も、シールドなくてもノイズに強いのはソース機材をつないだ場合、という条件をつけていますから、ソース機材の電源がOFFだったり何もつながなかったら盛大にノイズが出るかもしないでしょう?

アンプ全体に及んではきりがないのでご自分でお考えください。
それに、今の私はマウスやキーボードではなく視線入力で書いていることもお忘れなく。
 

Re: RE:ブレッドボード式真空管アンプについて

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2019年10月10日(木)16時43分4秒
返信・引用
  ぺるけさんへのお返事です。

> たとえば、出力インピーダンスが非常に低いソース機材をつないだ状態では、入力ジャックからボリュームまでの間はシールドなしのむき出し配線でもノイズは拾いませんね。しかし、ボリュームから初段入力までがむき出しだったら簡単にノイズを拾います。
> ボリュームをむき出しした場合は、何らかの方法でボリューム筐体をアースにつなぐ工夫も必要になりますね。
> ボリュームをつけないパワー・アンプならば、その種の心配はなくなります。
>
>

ではボリュームから初段にかけてはんだ付けされてあるリード線を囲むようにシールドチューブを張ってアースして
アースは全体の回路のgndを確保する役割だけにすれば良いのでしょうか?
 

LPF部のインダクタ(2.7mH/20-25Ω小型インダクタ)

 投稿者:まぐなむ  投稿日:2019年10月10日(木)14時11分38秒
返信・引用
  ぺるけ様

早速回答いただき有難う御座います。
ディスコンになっていること、また代替品を教えて頂き御礼申し上げます。

 

LPF部のインダクタ(2.7mH/20-25Ω小型インダクタ)

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月10日(木)13時36分26秒
返信・引用 編集済
  私も探し回りましたが、残念ながらもうどこにもないと思います。
私が頒布していたのが最後でしょう。
千石のアマガエルはだいぶ前に枯渇しました。

でも、方法はあります。
これです。
秋月の4.7mHが使えます。
回路は変更になります。
しかも、LPFを入れる位置も変えた方が良くなることがこの記事からわかると思います。
http://www.op316.com/tubes/lpcd/digital-lpf.htm

 

トランジスタ式ミニワッターPart6のインダクタ入手先

 投稿者:まぐなむ  投稿日:2019年10月10日(木)12時53分28秒
返信・引用
  表題のアンプ作成を計画し部品手配を進めております。
LPF部のインダクタ(2.7mH/20-25Ω小型インダクタ)の入手先が分からず困っています。
秋月と千石のホームページを探しましたが見当たりませんでした。また、部品入手のお助けページに紹介されている特殊電機製のインダクタとも諸元が異なるため別物のようです。
 

Re: hFEテスターについて

 投稿者:ニチコンFG  投稿日:2019年10月10日(木)10時09分43秒
返信・引用
  > No.27144[元記事へ]

ぺるけ様
説明ありがとうございます。

やまぐち様
わかりやすい追加説明ありがとうございます。
VBE問題を難しく考えていたようです。
 

RE:TrMW Part5

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月10日(木)09時33分40秒
返信・引用 編集済
  hFEについて説明を補います。

問題は、hFEがSEPP回路の動作にどんな影響を与えるのかです。
自分で選別をするということは「hFEがSEPP回路の動作にどんな影響を与えるのか」を知ることと同じ意味なんです。
それがわかっていれば、何らかの選別をするとして、「選別のしかた」が決まります。
質問に「左右のhFEは揃えた方がよい・・・」」と書かれていますが、記事のどこを見ても左右で揃えろとは書いてありません。

SEPP回路で使用するトランジスタのhFE値が低すぎると最大出力に微妙に影響します。
一方でこれまでさまざまなルートから入手した2000本以上の2SA1359と2SC3422のhFEを実測してきて、最大出力に影響を与えるような低いhFE値のものは一本も出会いませんでした。
ですから選別の必要なしと判断しました。

部品を自分で選別する方は「何故選別するのか」と「どのように選別したらいいのか」の両方を自分で考えてください。
「どのように」といっても、ペアごとに揃える、左右で同じにする、値が大きい方がいい、小さい方がいい、ある値でなければならない、ある値以上or以下を排除せよ・・・いろいろあります。「左右を揃える」だけが選別ではありません。
それを考え理解するなら自分で選別するのは大いに意味があります。

もうひとつの問題として、選別から漏れたどうするの?があります。
使わないでいるなら、それは捨てるのと同じです。
私は、いかにしてどの部品も無駄にしないかを常に考えて記事を書いています。
そのことも考えてください。

 

Re: TrMW Part5

 投稿者:JTAM  投稿日:2019年10月10日(木)00時09分12秒
返信・引用
  ぺるけ様、大変失礼いたしました。
しっかり記事を拝読してパーツ集めを進めるようにいたします。
早々のご返信をいただきありがとうございました。
 

TrMW Part5

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月10日(木)00時00分25秒
返信・引用 編集済
  公開している記事に選別不要に書いた私にどんな返答を期待されているのでしょうか。

 

トランジスタ式ミニワッターPrat5 出力段トランジスタについて

 投稿者:JTAM  投稿日:2019年10月 9日(水)23時43分56秒
返信・引用
  一点質問させてください。
トランジスタ式ミニワッターPrat5の出力段のトランジスタですが、2SA1359-Y/2SC3422-Yで製作を考えております。
記事には選別不要とありますが、やはり左右のhFEは揃えた方がよいのでしょうか?
 

Re: hFEテスターについて

 投稿者:やまぐち  投稿日:2019年10月 9日(水)23時19分11秒
返信・引用 編集済
  ぺるけさん、ありがとうございます。

私が名指しされていたのに、お手数おかけし申し訳ないです。

余談ですが、図を描いた時に2SC3422の表記を消しておくべきでした。2SA1020をオペアンプに置き換えた時点で2SC3422である必要はなく、手持ちの適当なNPNトランジスタが使えるようになることがメリットの1つでした。n-chのMOSFETを使ってベース電流の影響を無くし、測定用抵抗を100.0Ωにするのもアリですね。
 

/785