【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: FET差動バランス型ヘッドホンアンプ2017版の増幅度

 投稿者:AE86  投稿日:2022年 5月29日(日)12時46分48秒
返信・引用
  AE86さんへのお返事です。

> Kさんへのお返事です。
>
> > 回路図中の110kΩを1MΩにすると、裸利得が50倍くらいなので、増幅度は14.7倍位になります。
>
> 1MΩでも足りないですね。
> 現在ヤフオクで落としたプリント基板で作成中。
> 基板が完成したら実験してみます。


基板完成しました。
帰還抵抗のみ110kから100kに変更。
動作確認してから、1枚の基盤の帰還抵抗を
100kから1Mに変更。

太古のアナライザーで、入力コールド短絡
出力ホット-コールド間
①ピンクノイズ直(太古ののサンワSS-30RTから)
②帰還抵抗100k
③帰還抵抗1M
 

Re: 掲示版のログに関して

 投稿者:ごろう  投稿日:2022年 5月28日(土)17時59分13秒
返信・引用
  保存した自作ヘルプ掲示板のページを移動しながら表示するUWSCスクリプトの例です。
保存した掲示板のページをブラウザで表示してから、このスクリプトを実行します。

id = GetId("▲●■大人の自由空間▲●■")
SCKey(id, VK_CTRL, L) // アドレスバーに移動する(Ctrl+L)
ad = GetStr(id) // アドレスを取得する
ad1 = BetweenStr(ad, , "/", -1) // 最後の"/"の前
ad2 = BetweenStr(ad, ".") // 最後の"."の後
page = Val(BetweenStr(ad, "/", ".", -1)) // 最後の"/"と最後の"."の間
Repeat
  menu = SlctBox(SLCT_BTN, 0, -1, -1, "掲示板ログナビゲーター", "次のページ", "前のページ", "10ページ後", "10ページ前", "終了")
  If menu = SLCT_1 Then page = page + 1
  If menu = SLCT_2 Then page = page - 1
  If menu = SLCT_3 Then page = page + 10
  If menu = SLCT_4 Then page = page - 10
  ad = ad1 + "/" + page + "." + ad2
  SCKey(id, VK_CTRL, L) // アドレスバーに移動する(Ctrl+L)
  SendStr(id, ad, 0, TRUE) // アドレスを入力する
  SCKey(id, VK_ENTER) // Enterキーを押す
Until menu = SLCT_5

100ページ後や100ページ前に移動するメニューを付け加えるなどの変更は難しくないと思います。
次のページに移動してからPgDnキーを10回くらい押すという操作をスクリプトにして実行すると、掲示板が動き出します。
これを繰り返すと、自動的にスクロールしながら最後のページまで移動できます。
一日中、楽しめます。
乱数を使うと、ランダムなページを表示して自動的にスクロールすることができます。
これをずっと繰り返すこともできます。
永遠に楽しめます。
 

Re: FET差動バランス型ヘッドホンアンプ2017版の増幅度

 投稿者:AE86  投稿日:2022年 5月23日(月)18時59分14秒
返信・引用
  Kさんへのお返事です。

> 回路図中の110kΩを1MΩにすると、裸利得が50倍くらいなので、増幅度は14.7倍位になります。

1MΩでも足りないですね。


> 計算はここ↓の「反転(P-G)帰還」の所を見て下さい。
> http://www.op316.com/tubes/tips/b340.htm

真空管のページだったので、見逃していました。
とても参考になります。
ありがとうございます。


> それと、2017年版は裸利得が約50倍(34dB)なので、増幅度20倍(26dB)にすると負帰還量が
> 少なく歪も増加します。

現在ヤフオクで落としたプリント基板で作成中。
基板が完成したら実験してみます。
 

Re: 掲示版のログに関して

 投稿者:ごろう  投稿日:2022年 5月22日(日)09時03分39秒
返信・引用
  自作ヘルプ掲示板のページを保存するUWSCスクリプトの例です。
Google Chrome と Microsoft Edge で動作を確認しています。
ブラウザで掲示板のページを表示してから、このスクリプトを実行します。
事前にブラウザ上でCtrl+Sでページを保存して、フォルダとファイルの種類を指定しておいてください。
ファイルの種類は、1つ(単一)のファイルにまとめる形式で動作を確認しています。

id = GetId("▲●■大人の自由空間▲●■")
For page = 1 To 862
  ad = "https://8604.teacup.com/very_first_tube_amp/bbs?page=" + page + "&"
  SCKey(id, VK_CTRL, L) // アドレスバーに移動する(Ctrl+L)
  SendStr(id, ad, 0, TRUE) // アドレスを入力する
  SCKey(id, VK_ENTER) // Enterキーを押す
  Sleep(2) // 少し待つ
  SCKey(id, VK_CTRL, S) // ページを保存する(Ctrl+S)
  iddlg = GetId("名前を付けて保存") // ダイアログボックスのIDを取得する
  SendStr(iddlg, page, 0, TRUE) // ファイル名をページ番号で入力する
  ClkItem(iddlg, "保存", CLK_ACC) // 保存ボタンを押す
Next

いきなり全てのページを保存せず、For page = 1 to ~ の数字を変更して、少ないページ数で試してください。
保存するファイルと同名のファイルがあるとエラーになるので、あらかじめ削除か移動してください。
保存できないページがある場合は、Sleep()の数字を増やすなどしてください。
画像を別に保存するファイルの種類を使用する場合は、保存ボタンを押した後にSleep()を入れて、しばらく待つようにしてください。
※保存したページの利用は、個人の範囲にとどめてください。
 

Re: 掲示版のログに関して

 投稿者:ごろう  投稿日:2022年 5月21日(土)12時37分42秒
返信・引用
  > No.28731[元記事へ]

ブラウザ上でCtrlキーを押しながらSキーを押すと、ページを保存できますね。
ファイルの種類を選ぶと、画像を含めたり、1つのファイルにまとめて保存もできます。
ただし、全ページでこれを繰り返すことは現実的ではありません。
そこで、ぺるけさんの「視線入力でWindows/Office/iTunes」のページで紹介されている「UWSCスクリプト」を利用することで、自動で保存することができました。
また、保存したファイルではページ移動のリンクが使えませんが、これも「UWSCスクリプト」を利用して移動したりできます。
 

Re: FET差動バランス型ヘッドホンアンプ2017版の増幅度

 投稿者:K  投稿日:2022年 5月19日(木)06時41分12秒
返信・引用 編集済
  回路図中の110kΩを1MΩにすると、裸利得が50倍くらいなので、増幅度は14.7倍位になります。

計算はここ↓の「反転(P-G)帰還」の所を見て下さい。
http://www.op316.com/tubes/tips/b340.htm

それと、2017年版は裸利得が約50倍(34dB)なので、増幅度20倍(26dB)にすると負帰還量が
少なく歪も増加します。
 

Re: FET差動バランス型ヘッドホンアンプ2017版の増幅度

 投稿者:AE86  投稿日:2022年 5月18日(水)18時41分27秒
返信・引用
  Kさんへのお返事です。

> 増幅度を20倍(26dB)にすると残留ノイズが多くなり、プリアンプとしては実用にならないと思います。

Kさん貴重な意見ありがとうございます。
なるほど、プリとしては無理ですか。
製作してダメなら素直にヘッドホンアンプで使用します。
因みに回路図中の110kΩを1MΩにすれば良いのでしょうか。
 

Re: FET差動バランス型ヘッドホンアンプ2017版の増幅度

 投稿者:K  投稿日:2022年 5月18日(水)18時26分47秒
返信・引用
  > No.28738[元記事へ]

増幅度を20倍(26dB)にすると残留ノイズが多くなり、プリアンプとしては実用にならないと思います。
 

Re: Aki-DACの放射ノイズと思われる現象について

 投稿者:tokohito  投稿日:2022年 5月18日(水)14時02分56秒
返信・引用
  完成しました、トランスはTK-2です。
LCフィルタに加えてSPDIFのバッファ回路を秋月C基板上にうまいこと配置したのがアピールポイントです。この構成でSPDIFに出番があるとは思えませんが。
miniB USBケーブルは通常のものだとコネクタ部分がトランスに干渉してしまうので、リールケーブルで代用中です。そのうちケーブル側を加工して交換します。

フロントのLEDは「これ」といったものが見つからなくて保留中です(スマホのインジケーターLEDくらい小さいのでいいんですが)
 

FET差動バランス型ヘッドホンアンプ2017版の増幅度

 投稿者:AE86  投稿日:2022年 5月18日(水)12時45分23秒
返信・引用
  はじめまして。最近表題のアンプに興味を持ち、増幅度20倍(26dB)でプリアンプとして製作を考えていますが、帰還系の抵抗値の変更で対応可能でしょうか。
可能な場合、変更点や注意点をご教示頂ければ幸いです。
 

Re: Aki-DACの放射ノイズと思われる現象について

 投稿者:tokohito  投稿日:2022年 5月17日(火)07時44分33秒
返信・引用
  > No.28736[元記事へ]

tokohitoさんへのお返事です。

まだ完成はしていないんですが、一旦ご報告です。
LCフィルタに続きトランスの組付けまでしたところ、アイソレーター無しでもノイズが出なくなりました。
正直あまり期待していなかったので驚いています。

ただあらゆるケースでノイズが出なくなったという訳では無く、接続の仕方に条件があります。
現状バランス入力対応のアンプを持っていないのでアンバランス接続をしている訳ですが、ぺるけさんのガイドに倣ってXLR 1-3pinをショートさせた状態で接続するとノイズが出ます(ノイズ発生源がGNDなので当然ですが)。
http://www.op316.com/tubes/lpcd/trans-dac.htm
> (3)アンバランス接続

そしてガイドと違い、HOT(2pin)とCOLD(3pin)のみを使って(アンバランスの)アンプと接続すると最初のご報告通りノイズは出なくなります。

私見ですが…オーディオラインはトランスによって絶縁されていて、かつUSB-DACの場合今回のようにノイズ元になる事が多々ある訳ですから、
アンバランスアンプと接続する場合に1pinをフロートさせておいてUSB-DACとアンプの電位を分離してしまうのも間違いではないと思うのですが、いかがでしょうか?
 

Re: Aki-DACの放射ノイズと思われる現象について

 投稿者:tokohito  投稿日:2022年 5月16日(月)08時46分23秒
返信・引用
  > No.28735[元記事へ]

まぐなむさんへのお返事です。

> 自己解決されたようで何よりです。差し支えなければ購入された製品名を公開していただけるとありがたいです。
> 同様のトラブルが起きた方にとって参考になるかと思います。
TOPPINGのHS01です。外部給電用USB-Cポートがありますが、ここが未接続でもVbus/GNDはアイソレートされている事を確認しました。Aki-DACも外部給電無しで動作可能です。

> 分けた場合と分けなかった場合でノイズ量の差がどれ位あるか実験し、測定値と聴感上の評価を行わないと回答が難しいです。おそらくスペアナで測定すれば可聴帯域外のノイズ量に有意な差が現れると思いますが、それがたちまち音楽を鳴らしたときにざらつきや音の硬さという風に感じとれるかは個人差があるよるように思います。
ありがとうございます。分けずに1本で接続する事が禁忌に相当するという訳では無く、あくまで理想設計に近い形を追い求める場合は個別に引き回した方がいいという事ですね。理解しました。

Aki-DAC完成したらまた書き込みさせていただこうと思います。
 

Re: Aki-DACの放射ノイズと思われる現象について

 投稿者:まぐなむ  投稿日:2022年 5月15日(日)23時48分58秒
返信・引用 編集済
  tokohitoさんへのお返事です。

> その後取り急ぎUSBアイソレーターを買ってきたところ、件の問題は綺麗に解決しました。
自己解決されたようで何よりです。差し支えなければ購入された製品名を公開していただけるとありがたいです。
同様のトラブルが起きた方にとって参考になるかと思います。


> オーディオ信号が流れるアースラインとDC-DCコンバータのリターン電流ラインを物理的に別のリードケーブルで分ける事に有意な差があるのでしょうか?

分けた場合と分けなかった場合でノイズ量の差がどれ位あるか実験し、測定値と聴感上の評価を行わないと回答が難しいです。おそらくスペアナで測定すれば可聴帯域外のノイズ量に有意な差が現れる(可視化される)と思いますが、それがたちまち音楽を鳴らしたときにざらつきや音の硬さという風に感じとれるかは個人差があるよるように思います。


 

Re: Aki-DACの放射ノイズと思われる現象について

 投稿者:tokohito  投稿日:2022年 5月15日(日)20時22分49秒
返信・引用
  > No.28733[元記事へ]

まぐなむさんへのお返事です。

お返事ありがとうございます。
その後取り急ぎUSBアイソレーターを買ってきたところ、件の問題は綺麗に解決しました。
が、それはそれとしてなるべくAki-DACそれ自体で綺麗な状態を目指したいので、アドバイス頂いた方法を参考に引き続き作成に取り組みたいと思います。

ところで…USB電源稼働させる関係で少し気になったのでもう一つ質問させてください。
今回はトランス式USB-DAC構成なのでFET差動バッファは使用しないのですが、PCM2704のSPDIF出力を活かす為にVBusから電源を拝借して別途SPDIFのバッファ回路も作成しています。
バッファ回路あたり参考にさせていただいたこちらの記事によると
http://www.op316.com/tubes/lpcd/fet-dac2.htm
> USBとAKI.DACとFET差動バッファ基板間の接続とアースの処理
>     ということは、AKI.DACとFET差動バッファ基板を不用意に1本のアースラインでつなぐと、上記の2つの異なるアースが混在して、オーディオ信号が流れるアースラインにDC-DCコンバータのリターン電流が重なって相互に干渉します。この2つの電流経路は完全に分離する必要があります。

という記載がありますが、そもそもぺるけさんが推奨されているアースポイントC14のマイナス脚とRCAのGNDスルーホールは導通があります。
上記リンク先は絶縁型のDC-DCコンバータを使った作例なのでAki-DACのGNDとDC-DCコンバータ2次側のGNDを接続してはいけないという注釈なら理解できるのですが、オーディオ信号が流れるアースラインとDC-DCコンバータのリターン電流ラインを物理的に別のリードケーブルで分ける事に有意な差があるのでしょうか?
(自分が試した限り、今回のUSBスイッチングノイズ現象について聴覚上差は感じられませんでした)
 

Re: Aki-DACの放射ノイズと思われる現象について

 投稿者:まぐなむ  投稿日:2022年 5月15日(日)10時37分59秒
返信・引用
  tokohitoさんへのお返事です。

> ノイズのタイプとしては可聴域の「ピーッピーッピーッ」という音が0.5秒おきくらいに発生します。
>(中略) 皆さんはこの件について何か対策をされていますか?

デスクトップPCのスイッチング電源が出すノイズが可聴帯域に降りてきているのでは?と推察します。

案1.AKI-DACを金属ケースに入れてGNDをケースにつなぐ
案2.トランス式USB-DACを完成させる
  (トランスはローパスフィルタとして働くのでスイッチングノイズなら減らせる)
案3.PCの電源ユニットを交換する
案4.NUCなど消費電力の小さい(ノイズが少ない)PCを使用する

あくまで「私ならこうする」というもので実際に検証した訳ではありません。
tokohito様のトラブルが解決することを確約するものではないことをご了承下さい。
 

Aki-DACの放射ノイズと思われる現象について

 投稿者:tokohito  投稿日:2022年 5月14日(土)08時37分49秒
返信・引用
  Aki-DACを作成している最中です。
最終的にトランス式USB DACにするつもりですが、LCフィルタまで組付けた段階で動作確認を実施したところ、表題の現象が気になりました。
ノイズのタイプとしては可聴域の「ピーッピーッピーッ」という音が0.5秒おきくらいに発生します。
試しにAki-DACのライン出力をアンプに接続した状態で、USBケーブルのGNDをAki-DACのGNDに接触させても上記の症状が発生しました(GNDを接触させるだけでAki-DAC自体は通電していません)。
上記症状はデスクトップPCのUSBポートに接続した場合は発生するものの、スマホのOTGケーブル接続の場合は発生しないことからデスクトップ側の電源がノイズまみれな事が原因なのは自明なのですが、ちょっと常用に耐えません。
(デスクトップをエアコン口のアースに仮接続してみましたが、症状は改善しませんでした)

またAki-DAC以外に既製品USB-DACを2つほど同じように接続してみたところ上記症状は発生しないか、発生はするものの許容範囲内の程度でした。

以上の事からAki-DACはGNDからのノイズ混入に極めて弱い造りになっていると推察しています。
皆さんはこの件について何か対策をされていますか?
 

掲示版のログに関して

 投稿者:ハル  投稿日:2022年 4月14日(木)20時42分56秒
返信・引用
  HP上にある「自作ヘルプBBS」のリンクが新しい方に変更されていますね。

こちらの掲示板は夏頃に終了してしまう訳ですが、自作に役立つ情報の宝庫であるのでこのまま消えてしまうのはあまりにも惜しいです。
ローカルでも何でもいいのでログを保存する方法は無いのでしょうか?
 

Re: ミニワッターPart5 15V版のインダクタについて

 投稿者:芝犬  投稿日:2022年 4月13日(水)21時06分41秒
返信・引用
  みなさん、沢山のご助言本当に有難うございます。初心者故、大変心強く思います。

今後、代用パーツの一覧表などできたら便利ですね。


>Kさん

実は使えるがどうか確認もせず衝動買いしてしまったので一安心です。
サイズも問題ないので安心ですね。

>かりんとうさん

こちらのインダクタも良さそうですね。参考にさせて頂きます。

>虎さん

サイズの件、承知しました。

>onajinnさん

画像で見ると結構サイズが大きいように思えますがキッチリ収まっていますね。

「リード線間のフォーミング」がミソのようですね。

 

Re: ミニワッターPart5 15V版のインダクタについて

 投稿者:onajinn  投稿日:2022年 4月13日(水)16時17分3秒
返信・引用
  小生は直径12mmの19R334C(Murata Power Solutions)を問題なく使用しました。
ぺるけさんの製作案内の基板写真(真上からの)をご覧になればわかると思いますがコンデンサとの間に余裕はあります。
以前の小生の基板写真(もう6年も前!)も再褐します。リード線間は少しフォーミングで調整してます。

https://jp.rs-online.com/web/p/leaded-inductors/7157232/?relevancy-data=7365617263685F636173636164655F6F726465723D31267365617263685F696E746572666163655F6E616D653D4931384E525353746F636B4E756D626572267365617263685F6C616E67756167655F757365643D656E267365617263685F6D617463685F6D6F64653D6D61746368616C6C267365617263685F7061747465726E5F6D6174636865643D5E2828282872737C5253295B205D3F293F285C647B337D5B5C2D5C735D3F5C647B332C347D5B705061415D3F29297C283235285C647B387D7C5C647B317D5C2D5C647B377D29292924267365617263685F7061747465726E5F6F726465723D31267365617263685F73745F6E6F726D616C697365643D59267365617263685F726573706F6E73655F616374696F6E3D267365617263685F747970653D52535F53544F434B5F4E554D424552267365617263685F77696C645F63617264696E675F6D6F64653D4E4F4E45267365617263685F6B6579776F72643D3731352D37323332267365617263685F6B6579776F72645F6170703D37313537323332267365617263685F636F6E6669673D3126&searchHistory=%7B%22enabled%22%3Atrue%7D
 

Re: Re: ミニワッターPart5 15V版のインダクタについて

 投稿者:  投稿日:2022年 4月13日(水)13時12分25秒
返信・引用
  >直径が11mmよりも大きい場合は公開した基板パターンには収まりませんので、取り付け位置を変えるなりして工夫してください>(秋月で扱っているものは13mm径です)。

との記述がありますが、【7313NC-331K-RA】は、12.6mmφなのでご注意を。

> マルツのこれはどうですか?
> https://www.marutsu.co.jp/pc/i/211705/
> デジタルアンプ用インダクタ(リード型)330μH【7313NC-331K-RA】の概要
> ・インダクタンス(μH)  :330
> ・直流抵抗(Ω)  :0.262
> ・直流重量許容電流(mA)  :1000
> ・温度上昇許容電流(mA):  :1100
> ・用途: ・オーディオビジュアル
> ?ミニコンポ、AVアンプ、業務用アンプ
> ・その他
> ?各種電源
 

/862