投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: ヘッドホン

 投稿者:よしろう  投稿日:2019年11月 9日(土)13時24分14秒
返信・引用 編集済
  mtanakaさんへのお返事
ヘッドホンにも、ライブ向けの臨場感がでるタイプとじっくり聴き込むスタジオ向けがありますね
それにしてもながいラグ板。
こういうのをさらっと作ってしまうあたり、レベル高いと思います
 

Re: ヘッドホン

 投稿者:まさみち  投稿日:2019年11月 6日(水)14時03分47秒
返信・引用
  > No.27197[元記事へ]

mtanakaさんへのお返事です。

> ヘッドホンで聴くと音像が頭の中に出来るので、演奏家がいるはずの前方からは
> 聴こえません。ですからどうもヘッドホンには馴染めませんでした。

昔はBBD遅延素子を使ったアンビエントヘッドホンアダプタなどというものががありましたが
音像定位はちょこっと耳から離れるという程度のもので前方定位はのぞむべくもなかったです
いまもバイノーラル録音でも音像定位は斜め後ろからならいい感じですが
前方だと全然ダメです
この問題が解決するとオーディオ的に画期的かもしれませんね
 

ヘッドホン

 投稿者:mtanaka  投稿日:2019年11月 5日(火)16時18分55秒
返信・引用
  ヘッドホンで聴くと音像が頭の中に出来るので、演奏家がいるはずの前方からは
聴こえません。ですからどうもヘッドホンには馴染めませんでした。
私は加齢による聴力劣化が進んで来てスピーカーでは細かい音まで聴き分る事が
困難になって来ました。
ところがヘッドホンでは意外と良く聴こえるので、卒業したはずのアンプ作りに
再度挑戦してみました。ラグ板での製作なら何とかなるかとヘッドホンアンプとして
評判の6DJ8全段作動PPMWを作ってみました。
ジャックの位置決めを失敗しましたが良い音で鳴ってくれています。
 

2SK170 BL

 投稿者:kimux  投稿日:2019年11月 3日(日)19時26分15秒
返信・引用
  サトー電気で 2SK170 BL を購入したとき、最後の「箱」が売れてしまったので、残りが少なくなってきたと、教えていただきました。  

頒布品無事届きました

 投稿者:なお@静岡  投稿日:2019年10月30日(水)22時32分36秒
返信・引用
  ありがとうございました!大事に使わせていただきます。  

電源投入直後の ぷーん

 投稿者:bun  投稿日:2019年10月29日(火)16時40分9秒
返信・引用
  ペルケさん ありがとうございます。
トランスの位置関係データの記載は以前に読んでおりましたが思い出せませんでした。
真空管を抜いた時の現象の理由が判明して非常にすっきりしました。トランスを離すしかないないようなので現状で我慢します。
ちなみに以前にも同じ間違いをしておりました、その時は無理やり出力トランスを90度回しましたら ぷーん は半分ぐらいになりましたが今思えば逆効果にならずホットしております。いまだに不格好な部品配置のままにしてあります。
これお踏まえて再度シャーシーの穴あけに挑戦します。
 

追記

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月29日(火)08時37分19秒
返信・引用
  トランスの構造から言って、90°回したらもっと悪くなるだろうと思います。
今の状態が最もましな状態かも。
ケースをやり直してトランスを離すしかないかも。
 

RE:電源投入直後の ぷーん

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月28日(月)19時35分9秒
返信・引用 編集済
  真空管を抜いた時は、出力トランスが電源トランスの漏洩磁束をしっかり拾い、
球が温まると負帰還の効果でハムが減ったわけです。
2つのトランスの位置関係でどれくらいハムを拾うかのデータがここにあります。
http://www.op316.com/tubes/datalib/jisoku.htm

出力トランスの向きを90°変えることでかなり減らせます。

 

電源投入直後の ぷーん

 投稿者:bun  投稿日:2019年10月28日(月)17時12分39秒
返信・引用
  6DJ8全段差動PPミニワッター、電源投入直後数秒間 ぷーん とかすかに音が出ます。
ペルケさんのシャーシーでなく、穴無しシャーシーを加工しましたが、電源トランスと出力トランスの距離が十分とれず、近い方の出力トランスから出ます。遠いチャンネルは無音です。
真空管を抜いて電源を入れると ぷーん は鳴りやみません。真空管が暖まると ぷーん は消えるようです
いい音で稼働してます、データはほぼ教科書通りで実用上何も問題はないのですが、気になります。
どなたか解決策をご指導ください。
 

Re: FET式差動ヘッドホンアンプVersion3ができました

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2019年10月28日(月)07時16分55秒
返信・引用
  klmnjiさんへのお返事です。

なるほど分かりました。今度それを使ってみることにします。
 

Re: FET式差動ヘッドホンアンプVersion3ができました

 投稿者:klmnji  投稿日:2019年10月27日(日)20時07分45秒
返信・引用
  冷たいアイスさん

> 写真の中で使っているシャーシはなんというものでしょうか?

タカチのCHシリーズです。
ここでは、CH6-22-14GSPを使用しました。
https://www.takachi-el.co.jp/products/CH

ぺるけさんのミニワッターシャーシより一回り小さいので、アウトプットトランスはツバを重ねてネジ止めしています。
フロントパネルの止めネジは落とし込みなりますが、M3×10㎜の六角穴付ボルト(ステンレス)です。
 

Re: FET式差動ヘッドホンアンプVersion3ができました

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2019年10月27日(日)18時03分13秒
返信・引用
  > No.27186[元記事へ]

klmnjiさんへのお返事です。

> FET式差動ヘッドホンアンプVersion3ができました。
> 2SK170を頒布して頂きまして、本当にありがとうございました。
> 今回はユニバーサル基板パターンで作成しました。
> 上段にあるのは直熱管171A/71A & 5A6/CV4097ミニワッターを参考に作った、6AH4GTミニワッターで、こちらも頒布して頂いた部品で作ったアンプです。
> tangent EVO E4 がトランス式USB DACで気持ち良く鳴っています。
>
> 一つだけ回路図で、終段の2つのエミッタ抵抗間の電圧が 0.37±0.3V となっていますが 0.37±0.03V の間違えではないかと思います。
> http://www.op316.com/tubes/hpa/image/version3-schema-2017.jpg

写真の中で使っているシャーシはなんというものでしょうか?
 

トラベラー?

 投稿者:よしろう  投稿日:2019年10月27日(日)11時46分14秒
返信・引用
  よしろうです。
1枚目が上手くできたので早々2枚目も入手しました
こてを持つととまらなくなりますね。
それにしてもいい音で、いまの人はこういう音を聴いているんですね。

 

FET式差動ヘッドホンアンプVersion3ができました

 投稿者:klmnji  投稿日:2019年10月25日(金)21時03分55秒
返信・引用
  FET式差動ヘッドホンアンプVersion3ができました。
2SK170を頒布して頂きまして、本当にありがとうございました。
今回はユニバーサル基板パターンで作成しました。
上段にあるのは直熱管171A/71A & 5A6/CV4097ミニワッターを参考に作った、6AH4GTミニワッターで、こちらも頒布して頂いた部品で作ったアンプです。
tangent EVO E4 がトランス式USB DACで気持ち良く鳴っています。

一つだけ回路図で、終段の2つのエミッタ抵抗間の電圧が 0.37±0.3V となっていますが 0.37±0.03V の間違えではないかと思います。
http://www.op316.com/tubes/hpa/image/version3-schema-2017.jpg
 

(無題)

 投稿者:もりふと  投稿日:2019年10月24日(木)12時07分42秒
返信・引用
  新宿御苑前様
なるほど、理解しました。丁寧にありがとうございました。
 

Re: RE:2SK30Aの代替え

 投稿者:てつろー  投稿日:2019年10月24日(木)12時06分44秒
返信・引用 編集済
  k-tomさんへのお返事です。

> てつろーさん。内部写真を見て感動しました。これは力作ですね。綺麗です。
> 音の評価の記載が欲しいですね。
> 私も苦労して制作しましたが良い音でレコードを楽しんでいます。
> ぺるけさんから解像度の大きい写真を頂いたことを思い出しました。
> 今でも大事にとってあります。

以前はオーディオ的な評価(聞こえなかった音が聞こえる?)が強かったが45年前から電波科学やMJ誌など参考にし製作したことがあり、今でも思うことは時代遅れな回路のほうがいい音に感じる、音楽を楽しめると思う事があります。たまに地元のオーディオショップで高額なSPやAMPなどを聞かせてもらい、とても良い音がしますが何故か感激しない。ですので自分の音の評価は私見になってしまいます。参考にならない意見で申し訳ありません。
ただ各機器をアンバランス、バランスで比較してバランス接続のほうが好みでEQのみアンバランスでしたので平衡EQを製作し音が力強くなったことは確かです。最近は70年代の高額で手に入らなかった機器のレストアで遊んでおり、ぺるけ氏のホームページを拝見して今までの製作者と違うものを感じ多くの方々の質疑など勉強させてもらってます。
 

RE:ヒーター配線の謎

 投稿者:新宿御苑前  投稿日:2019年10月24日(木)11時51分55秒
返信・引用
  二段直結シングル:トランスから12.6Vを供給しているのでヒータは直列。
6DJ8全段差動PP:トランスから6.3Vを供給しているのでヒータは並列。

560Ωの抵抗は、電源スイッチ(DS-850)内部のLEDへの電流調整用で、
ヒータとは直接関係有りません。
 

ヒーター配線の謎

 投稿者:もりふと  投稿日:2019年10月24日(木)09時51分40秒
返信・引用
  こんにちは。
MiniWattersのページを見ていて疑問に思った事があります。
なぜ、二段直結シングルと6DJ8全段差動PPのヒーター配線が異なっているのでしょうか?
どちらも電気的には同じことになりますが、前者の方が回りくどい配線に感じます。
それと6.3Vで繋いだ時に560Ωの抵抗を入れていますが、電流値が高すぎるように思います。
6DJ8のデータシートによると、365mAで十分なはずですが…
 

RE:2SK30Aの代替え

 投稿者:k-tom  投稿日:2019年10月24日(木)07時43分28秒
返信・引用
  てつろーさん。内部写真を見て感動しました。これは力作ですね。綺麗です。
音の評価の記載が欲しいですね。
私も苦労して制作しましたが良い音でレコードを楽しんでいます。
ぺるけさんから解像度の大きい写真を頂いたことを思い出しました。
今でも大事にとってあります。
 

代替

 投稿者:真空管の友  投稿日:2019年10月23日(水)22時59分19秒
返信・引用
  昭和は、遠くなりにけり  

/786