<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: トランジスタ式ミニワッターPart5 15V版 電源部

 投稿者:オールドアトモス  投稿日:2020年11月15日(日)10時42分11秒
返信・引用
  > No.28014[元記事へ]

> 後日、完成の暁には改めてご報告させていただきます。

 完成報告の自己レスです。

 <まぐなむ>さんにご助言をいただいたおかげで、ようやく完成の日の目をみること
ができました。ありがとうございました。

 作っては取り外すを繰り返すこと二か月半、ときには自分の基礎知識の浅さに腹を立
てたり、未熟な技術にイラっときたり。
 これまで6N6P全段差動PPアンプを皮切りにラグ板中心に工作を重ねてきましたが、
これほど高密度な基板組み立ては初めての経験で、とびっきりの手強さでしたが不思議と
やめようとは思わなかったんですよね。

 惜しげもなく設計回路を公開するだけでなく、わたしのようなシロウトにも手にとる
ように手順を教えていただいた<ぺるけ>さんにあらためてお礼申し上げます。

 それにしても、失敗を繰り返したせいで、かき集めればもう1台分作れるだけの部品
が残っているんだよナァ。これに懲りず、そのうちまた作ってみましょうか。
 

Re:レコード針チェック

 投稿者:イッチー  投稿日:2020年11月14日(土)08時09分24秒
返信・引用
  ぺるけ様

アナログはこまめな時間管理が大事なのですね。

10年ぶりにアナログを始めました。
結構手間がかかります。
でも、青春時代の70年ごろの歌謡曲のLPが安く手に入るのはうれしいです。

久素振りにイコライザーアンプ(ぺるけ様が最初に発表された2球タイプのもの)を作りました。いい音です。ついでに、CRのみのタイプとクォードタイプを作りました。

ありがとうございました。
 

Re: レコード針チェック

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年11月13日(金)18時37分38秒
返信・引用
  イッチーさんへのお返事です。

> 宮沢様
>
> 新しい針に交換して、高音が良く出るようになったと感じるようになれば、針を交換すればいい感じなのですね。
>
> とても参考になりました。
> ありがとうございました。

私は簡単な帳簿を付けていました。
レコード片面を30分と割り切って、片面をかけるたびに、メモ書きに○を一つ付けます。
○が100個になったら100時間です。
 

Re:レコード針チェック

 投稿者:イッチー  投稿日:2020年11月10日(火)10時14分59秒
返信・引用
  宮沢様

新しい針に交換して、高音が良く出るようになったと感じるようになれば、針を交換すればいい感じなのですね。

とても参考になりました。
ありがとうございました。
 

Re:レコード針チェック

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年11月 9日(月)16時42分50秒
返信・引用 編集済
   お役に立てるかどうかわかりませんが、CBSコロンビアのテストレコードSTR-5002-Cを持っています。その
アマチュア用の説明に摩耗の確認方法が解説されていました。(ベンジャミン バウアー氏解説 SQの発明者)。
テストバンドはLとRで20KHzから18KHz、16KHz、14KHz、10KHz、5KHz、1KHzのサイン波、録音レベル0dBと-15dBにより
なっています。はじめに0dBのほうで再生し、どの位高い音が聴こえるか確かめ、次に-15dBのバンドで同じ周波数まで
再生できれば、針の摩耗は良好で針圧も良いと説明されています。聴こえないか聴き取り難い場合は針の摩耗か針圧が
必要以上に重いばあいで、針圧を軽くして再度試す、それでも駄目だったら針を交換しなければなりませんとあります。
実際的には18KHz、16KHzは耳自体が苦しいですが。

一般のレコードでは、再生し高音の伸びが悪くなっていないか、変な癖が付いていないか聴き分ける位しかない様です。
顕微鏡で観た事もありますが、ちょっと見では判断出来ないと思います。(掲示板を消費してしまいイッチーさんには失礼しました)。

 

Re:レコード針チェック

 投稿者:イッチー  投稿日:2020年11月 9日(月)07時44分0秒
返信・引用
  西村様

とても参考になりました。

ネットでも調べましたが、結構難しいのですね。
ほとんどの人は、大体の使用時間で変えておられるのかな。

ありがとうございました。
 

Re: レコード針チェック

 投稿者:西村  投稿日:2020年11月 9日(月)06時52分46秒
返信・引用
  > No.28017[元記事へ]

イッチーさんへのお返事です。

どなたからもご返答がないようですね。
私が使っていたのはもう数十年も前になりますので、きちんとした回答ができませんが

> 顕微鏡で見れば、交換するときがわかるのでしょうか?

だいたいの使用時間で交換したように記憶しております。

> どんな顕微鏡を使えばいいのでしょうか?

目視確認のほうがいいのでしたら、本格的な顕微鏡では逆に難しい気がします。ですので下記のような手持ちできるルーペのようなものがいいと思います。
https://www.biccamera.com/bc/item/2526516/

なお、倍率はあまり高くないほうがいいです。高倍率は手ブレでよく見えませんので。
上記がどのようなものか不明です。中心部は無論、周辺の収差の少ないものを選びます。もしご購入する場合は、お近くの眼鏡店などで手に取って確かめるのが無難だと思われます。

> どのような状態が交換時なのでしょうか?

新品の状態を確認しておくしかないのではないでしょうか。


この程度の回答しかできず申し訳ありません。
 

Re: 音割れで

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年11月 6日(金)11時12分50秒
返信・引用
  > No.28032[元記事へ]

YKさんへのお返事です。

> 宮沢さんへのお返事です
>
> お写真を拝見して気になることがあります。
> 前置きとして、故障との因果関係は分かりません。
> また、外す際に足が曲がったのであって、実装時は違っていたら無視してください。
>
> ルネサスのアプリケーションノートには、足を根元から広げないでほしい(禁止)と記載されています。
> https://www.renesas.com/jp/ja/doc/DocumentServer/004/D17399JJ3V0AN00.pdf
> これの9ページです。
> 他にもワッシャの入れ方や締め付けトルクなど書いてあります。
> TO-220パッケージなのでメーカー違いでも似たり寄ったりと思いますし、
> メーカー指示は守るのが無難と思います。
> ご参考まで。

 YKさん、アドバイス大変ありがとうごさいます。

 この事は知っておりましたが、リードの元の方を平ペンチで固定しラジオペンチで細い所から
 曲げていました。 でも曲げない方が良いですね。少しのストレスと経時変化でトラブッても
 不思議ではなさそうです。
 後、放熱クリップと放熱グリスは使用しておりました。ビスはプラビスを使いました。


 

Re: 音割れで

 投稿者:YK  投稿日:2020年11月 5日(木)23時02分46秒
返信・引用
  > No.28030[元記事へ]

宮沢さんへのお返事です

お写真を拝見して気になることがあります。
前置きとして、故障との因果関係は分かりません。
また、外す際に足が曲がったのであって、実装時は違っていたら無視してください。

ルネサスのアプリケーションノートには、足を根元から広げないでほしい(禁止)と記載されています。
https://www.renesas.com/jp/ja/doc/DocumentServer/004/D17399JJ3V0AN00.pdf
これの9ページです。
他にもワッシャの入れ方や締め付けトルクなど書いてあります。
TO-220パッケージなのでメーカー違いでも似たり寄ったりと思いますし、
メーカー指示は守るのが無難と思います。
ご参考まで。
 

バランスケーブルのループ

 投稿者:かわかわ  投稿日:2020年11月 5日(木)23時01分47秒
返信・引用
  初心者にアドバイスを頂きたいです。

DACとヘッドホンアンプをバランス接続するXLR3ピンケーブルを作ろうと考えています。

DACとヘッドホンアンプを3ピンケーブル2本で接続する場合、GNDの1ピンが2ヶ所で接続され、両機の間でループになってしまうのではないか、と考えます。

(1)このループは実用上無視していいものなのか?
(2)片方のケーブルは1ピンを繋げない、等の対策をするものなのか?
(3)それともこの疑問はなにか勘違いしている(ループなんて起きない)?

などなど考えてしまい、私の思考の方がループしている状態です。

ぺるけ氏も以前触れていたように、XLR5ピンを使用して1本にまとめれば、こうした問題も起きないように思いますが、既製品も採用する3ピン2本の接続は、このあたりどうなっているのだろう?と悩んでいる次第です。
よろしくお願いします。


 

Re: 音割れで

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年11月 5日(木)12時00分25秒
返信・引用
  ABU3さん Kさん コメント有りがとうございます。

 今回不具合の出たLM317TはSTマイクロ社のモノです。以前にも電流値がおかしくなったのも
 STマイクロのモノでした。交換したのは千石で購入したモノです。半円の欠けが無く、放熱板の
 四角い形のモノです。製造元は私にはちょっと不明です。

  不具合の出たLM317Tの写真を上げます。左下にSTのロゴがあります。
 

Re: 音割れで

 投稿者:K  投稿日:2020年11月 5日(木)09時33分17秒
返信・引用
  > No.28027[元記事へ]

不具合対応お疲れ様です。
無事解決した様で良かったです。

以前にも報告した事がありますが、LM317Tの定電流回路は6L6GC、EL-34、6AH4GTの3段化回路では問題なかったのですが、6BX7の2段化回路で発振。
コンデンサーを入れると発振は止まったのですが、なんとなくスッキリしないので、ディスクリート化しました。

LM317Tの定電流回路は、経時変化や製造メーカーなどの差で不具合が出ている様ですね。
 

Re: 音割れで

 投稿者:ABU3  投稿日:2020年11月 5日(木)04時42分29秒
返信・引用
  > No.28027[元記事へ]

私も6AH4GT3段構成アンプで、何年か使用後、音は普通に出るもののバイアス調整が安定せず調節できないという症状が出ましたが、結局LM317Tの交換で治りました。(発振していたのかも知れません)
LM317Tは東京のパーツ店で購入したものでしたがその耐久性、安定性に疑問を持ち、ミニワッターのように抵抗1本のシンプルな方法に替えています。
交換後の音は自分では変化を感じませんでした。
 

Re:音割れで

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年11月 4日(水)20時48分35秒
返信・引用
  Re:音割れで

  LM317Tを交換し所、音割れは止まった様です。様と云うのはソースで一か所おそらく
 フルビットを超えて録音されている様に思えるところでビリます。LM317Tで音がこうなるとは
 思いませんでした。

 不調のLM317Tは電圧測定では異常ありませんでしたし、端子のハンダ付けもしっかりして
 いました。交換すると、音が少しだけ安定して聴こえましたが、プラシボかも知れません。

 段間とベゼルネットワークのC、X363は問題ありませんでした。X363は信頼していたのですが
 期待に応えてくれています。ただ古くなって来ますのでストック用に通販をお願いしました。
 ゆっくり作業を進めたのはなるべく再ハンダ付けをしたく無かったためです。
 せっかくエージングしているのを失うのは勿体ない気がしました。

 いろいろアドバイス、有り難うございます。



 

Re: 6DJ8 全段差動PPミニワッター

 投稿者:MM  投稿日:2020年11月 3日(火)21時39分3秒
返信・引用
  > No.28025[元記事へ]

まぐなむさんへのお返事です。

教えていただいた記事は読んでおりませんでした。
今読んで成る程と思った次第です。
ご教示ありがとうございました。

> MMさんへのお返事です。
>
> > 浅学ですが、ここで入力側からのDC成分をカットする意図があるのだと思うのですが、気になったのは、何故この容量なのかという事です。例えば0.1μFに置き換えたらどうなるのか。
>
> 旧記事6N6P全段差動PPアンプ2012V1の記事はご覧になりましたでしょうか?
> <アンプ部補足解析>の章に差動アンプにDCカットが必要な理由やハイパスフィルタの許容値について詳しく書かれています。
> http://www.op316.com/tubes/mw/mw-6n6ppp2.htm
>
> CRハイパス・フィルタの計算式(fc=1/2πRC)はこちらのサイトでシミュレーションできます。
> http://sim.okawa-denshi.jp/CRhikeisan.htm
>
>
 

Re: 6DJ8 全段差動PPミニワッター

 投稿者:まぐなむ  投稿日:2020年11月 3日(火)19時01分1秒
返信・引用 編集済
  MMさんへのお返事です。

> 浅学ですが、ここで入力側からのDC成分をカットする意図があるのだと思うのですが、気になったのは、何故この容量なのかという事です。例えば0.1μFに置き換えたらどうなるのか。

旧記事6N6P全段差動PPアンプ2012V1の記事はご覧になりましたでしょうか?
<アンプ部補足解析>の章に差動アンプにDCカットが必要な理由やハイパスフィルタの許容値について詳しく書かれています。
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-6n6ppp2.htm

CRハイパス・フィルタの計算式(fc=1/2πRC)はこちらのサイトでシミュレーションできます。
http://sim.okawa-denshi.jp/CRhikeisan.htm

 

Re: Re: 音割れで。

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年11月 3日(火)13時43分12秒
返信・引用
  > No.28022[元記事へ]

無口なオヤジさんへのお返事です。

> 入力にボリュームは使用されてるのでしょうか?
> 使用しているのなら、左右入れ替えて正常かどうか
> 実験してみる価値があるかもしれませんんね。

コメント有難うございます。

 ボリュームは使用しておりません。
 部品を一点ずつ調べて診る方向でおります。
 

6DJ8 全段差動PPミニワッター

 投稿者:MM  投稿日:2020年11月 3日(火)13時40分55秒
返信・引用
  皆様に質問があります。
6DJ8を使った全段差動PPミニワッターの回路図を見ると、ボリュームの直後に0.47μFのコンデンサーが入っています。
浅学ですが、ここで入力側からのDC成分をカットする意図があるのだと思うのですが、気になったのは、何故この容量なのかという事です。例えば0.1μFに置き換えたらどうなるのか。
調べては見たのですが、容量でカットオフ周波数が変わるというところまでしか分かりませんでした。
どなたか解説していただけると助かります。
よろしくお願いします。
 

Re: 音割れで。

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2020年11月 3日(火)12時50分13秒
返信・引用
  入力にボリュームは使用されてるのでしょうか?
使用しているのなら、左右入れ替えて正常かどうか
実験してみる価値があるかもしれませんんね。
 

Re: 音割れで。

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年11月 2日(月)17時51分54秒
返信・引用
    球の交換を試してみましたが、解決しませんでした。
  左chの上側の球が下側の球よりコントロール・グリッドの電圧値が0.4V程度低い様で
  バイアスが浅い様でした。

  新品の球も挿して見ましたが症状に変化はありませんでした。

  左chを切り離し、右chと電源部ではごく正常な音でしたので、電解Cも問題無いようです。

  再度いろいろ確認してみようと思います。部品点数も少ない事なので・・・・。
  OPTの不完全な層間短絡などだったら判らないかも知れません。
  
 

/828