新着順:10512/17130 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンデンサの極性について

 投稿者:lesmots  投稿日:2012年11月24日(土)08時08分46秒
  通報 返信・引用
  『理解しながら作るヘッドホンアンプ』のOPアンプ編について質問させてください。負帰還回路部分の、10kΩ抵抗とGNDの間にはさんだ電解コンデンサ33μFの電極の向きなのですが、L-R側とも+極がGNDの方を向いています。(電源回路の電解コンデンサの向きと同様に、)どうして回路図の上側(L-ch側)は-極をGND側にしていないのかな? とふと疑問がわきました。
 本書p.22-3には入力回路部分の電解コンデンサ(3.3μF)の極性について説明があり、「(このDCカットのためのコンデンサに逆電圧がかかるが)アルミ電解コンデンサは1V以下の逆電圧にはある程度の耐性があるので、さらに小さい数mV程度の逆電圧ならば問題なしと割り切ることにしました」とあります。もし負帰還回路の33μFもそれと同じDCカット用に入れたコンデンサと仮定したならば、極性はどちらでもかまわない、というわけなのかなと考えてみましたが、正しくはどういう理由で極性を決めるのでしょうか。
 工学を学んだ経験がなく、本書を読ませていただき、ただ作るだけでなく、少しずつ回路について勉強してみようと思っている者です。恐れ入りますが、ご教示いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。
 
》記事一覧表示

新着順:10512/17130 《前のページ | 次のページ》
/17130