新着順:203/14552 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

RE:動作確認方法

 投稿者:sava  投稿日:2018年 3月10日(土)02時11分30秒
  通報
  全て配線した後の確認、通電ではなく、
ブロック(大雑把に言えば電源→各段といった感じ)ごとに動作確認するのも手だと思っています。

半導体ツアラーなら電源→初段→2段目+帰還回路(ここでバイアス用Dの中点から帰還をかけて出力オフセット確認)
→終段(より念を押すなら上下をそれぞれテスト用抵抗負荷で確認)、と言った具合でしょうか。

ある程度回路を理解している必要がありますが、段ごとなら取り返しの付かない失敗は起きにくいですし、
理解を深めるという意味では、実装時や組み上げ後のデバッグ方法を考えるというのは有効かと。
また、途中で不具合が起きた時に、新規部分がまず怪しいと切り分けしやすくなるので、
不具合の発見も容易になるのではと。

多数の失敗から、失敗の確率を減らすには、思いつく限りこれがいいのではないかと試行中の段階ですが;
 
》記事一覧表示

新着順:203/14552 《前のページ | 次のページ》
/14552