新着順:31/14915 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

6N6Pミニワッター感想

 投稿者:べらいて  投稿日:2018年10月22日(月)22時02分46秒
  通報
  ここに書かせていただくのは、『15W』を作ったとき以来久々になります。
べらいて@新潟と申します。

今般また、ぺるけさんに部品をお頒けいただき、
『6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッター2012 V2 + 出力段定電流化』
を作成したので、感想を少し。

今までのぺるけアンプに比べて、格段に軽量ですので、部屋から部屋への移動が楽ちんです。

まず、最近良く聞いていたバッハのロ短調ミサ曲をかけたところ、
始まりから低弦がもりもり押し寄せてくるのにびっくり。
もちろん見かけに比べて…という面があるかもしれませんが、予想外の響きでした。
曲が賑やかになってくると、太鼓がややボンつくような気もしましたが、
これは、スピーカーのキャラクター(ハーベス)かもしれません。

ブニアティシヴィリの素敵なアンソロジーは、
シューマンの協奏曲なんかをバリバリ弾くこのピアニストの別な面が聴けます。
最後に入っている、ペルトの「アリーナのために」は、少ない音数の静かな曲なのだけど、
実際に打鍵されている音のバックに、
ピアノのほかの弦が、低くシャーンと響いている様子がリアルに聴き取れて、ハッとしました。

ヘッドホンジャックもつけて、
ほんとは職場でヘッドホンアンプとして使おうと目論んでいたのですが、
しばらく自宅のスピーカーにつないでおくことになりそうです。
見かけの可愛さを含めて、聴いていて楽しいアンプです。

調子に乗って、次は、『71Aシングル・ミニワッター』を作り始めていますので、またその時。
 
》記事一覧表示

新着順:31/14915 《前のページ | 次のページ》
/14915