新着順:95/15846 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

出力2次回路の位相補正

 投稿者:vivace  投稿日:2019年12月10日(火)14時43分11秒
  通報 返信・引用
  EL34三結PP全段差動モノアンプで、初段(12AU7)のグリッドにトータルNFBを掛けています。
オーバーオールな安定のために、OPTの2次、SP端子に15Ω+0.1uF程度の位相補正(積分回路)を繋ごうとしています。
なお、実際には4ΩSPを4Ω出力端子に繋いで鳴らしています。
初段へのNFはOTPの2次側NF巻き線からとっています。


位相補正(積分)回路は、この4Ω端子-GND間に繋ぐべきでしょうか?
すなわち実質的にSPを繋ぐ端子に入れるのが最良でしょうか?

MJ誌などの製作記事では標準的に8Ω端子(16Ω)-GND間に入れているようです。

また、繋ぐ出力端子によって、定数の補正を再計算(波形観測?)して、厳格に合わせるべきでしょうか?

プリミティブな質問ですが、ご教示いただければ幸いです。
また、定数の決め方は、実際の波形計測でやるべきでしょうか?
お手数をおかけします。
ありがとうございます。
 
》記事一覧表示

新着順:95/15846 《前のページ | 次のページ》
/15846