新着順:30/16187 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 全段差動PPアンプの無帰還とヘッドホンについて

 投稿者:flip-flop  投稿日:2020年 5月21日(木)01時08分6秒
  通報 返信・引用
  > No.27639[元記事へ]

> 「-側をショートする」の意味が今一つ理解できていませんが、ヘッドホン配線の+/-入れ替えは一度やりましたが現象はかわりませんでした。
>

ううむ、配線が正しければ症状は論理的に説明できません。

このアンプはNFBを平衡のまま返す特殊な回路なので、両ch共にSPKのGNDが浮いていても
影響がないのです。NFBを切るのに両側にSWを入れたのは平衡だからですよね。

なにか変な事が起こっているとすれば、SPKとH.Phoneの違いは-側がLR間でOpen/Shortの
違いしかないかも、と想像してそのように書きました。


配線のチェックで不具合が見られなかったら、次の手は「どこで信号が消えるのか?」です。

NFB:OFF, H.Phone時で音が小さい時、回路のどこまで信号が正しく入っているかを追跡します。
オシロがあればベストですが、テスターしかない場合はACレンジで0.01μF程度のCでDC
カットしてテスターを繋ぎ、信号を入れた時の各部のACレベルを見ます。

SPK側に切り替えた時とどこが違うか?
 
》記事一覧表示

新着順:30/16187 《前のページ | 次のページ》
/16187