新着順:23/16186 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 全段差動PPアンプの無帰還とヘッドホンについて

 投稿者:flip-flop  投稿日:2020年 5月21日(木)14時04分26秒
  通報 返信・引用 編集済
  > No.27642[元記事へ]

まず、間違い訂正です。

> このアンプはNFBを平衡のまま返す特殊な回路なので、両ch共にSPKのGNDが浮いていても
> 影響がないのです。NFBを切るのに両側にSWを入れたのは平衡だからですよね。

「Building My Very First Tube Amp講座 」ではなくて、間違えて一つ上の
「全段差動プッシュプル・アンプの庭」の「平衡型EL34全段差動プッシュプル・モニター・アンプ」
の回路を見ていました。おっちょこちょいと言うやつですね。

katcさんの回路ではNFBは不平衡なので、上記の発言は取り消しです。


ところで、不思議なのはH.Phoneへの配線が2本ずつ行っているのに、なぜ-側が浮くのだろう?
OPTの0Ω側の配線は、4.7ΩのATT回路のどこに繋がっていますか?

配線されているならGNDとは関係なく音は出るはず。

【追記】
もしかして、抵抗ATTの両端に配線して、Phone端子のGNDにはシャーシGしか繋がっていない、という事でしょうか。
それなら全ての現象に説明が付きます。0Ω側の配線をPhone端子のGNDに繋げばOKです。(シャーシGは切る)

私の前の発言でヘッドホンに切り替えるとLRのGNDがショートする、と言うのはPhone端子のGNDにLRの0Ω側
の配線を両方繋いでいるはず、と言う前提があったのです。
 
》記事一覧表示

新着順:23/16186 《前のページ | 次のページ》
/16186