新着順:163/16549 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)17時19分8秒
  通報 返信・引用
  > No.27874[元記事へ]

VTさんへ

> 見比べると、ベースのランダムに出ているノイズ部分は入出力共に似た形をしていて、高域に向けて同じように上昇しているので、ベースかなというのと、入力側にある50Hzとその倍音系列のハムノイズと思われるものが出力側にないのは、インピーダンスの差などによるものかなと思います。

はい。

ベースは、測定環境(PC)側のノイズ成分で、
トランス出力のハムはインピーダンスの差の気がします。


> そういえば、シャシとアースラインは導通していますよね。

シャーシのネジ穴と、アース母線をテスターで当てると導通あります。


他にオリジナルとの差は、
 電源トランス 独自
 ライントランス E-8480 → TPB-2
 B電源のリップルフィルタの抵抗値 22kΩ → 50kΩ
 ヒーター電源のリップルフィルタの抵抗 12Ω → 8Ω
あたりでしょうか。

切り分けとして
 電源切った直後(コンデンサ電荷あり)の特性 → 変化なし
 B電源のコンデンサ容量追加(47uF) → 変化なし
でしたので、関係は無さそうですが。。

松下の真空管を入手して切り分けるべきか、
いや部品は悪く無いだろう、、、とか悩みに悩み中です。
 
》記事一覧表示

新着順:163/16549 《前のページ | 次のページ》
/16549