新着順:221/16825 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:n'Guin  投稿日:2020年12月21日(月)00時42分10秒
  通報 返信・引用 編集済
  うちださん、みなさんへのお返事です。

アースの問題は確かにありました。

師匠の著書「情熱の真空管アンプ」p.323 に私の投稿のようなアース処理はよくないと書いてあります。 実際、1~2割の改善がありました。 それでも、1 mV 程度の雑音が残りました。 ハム音自体はかなり減りましたが。

WaveSpectra でみた雑音の様子を図に示します。 50/100 Hz の雑音は、10dB 程度減っています。 しかし、雑音の絶対値はたかだか1~2割の差です。 ボリュームを完全に絞った時に雑音が増加するのは、相変わらずです。

師匠の「Tips&トラブルシューティングブック」の p.125~6には、ボリューム位置で雑音量が変わる場合には、高周波発信の可能性があると書いてあります。 しかしながら、手元のオシロ(Tektronix DPO2002B)では、発振の様子はよくわかりませんでした。

取り回しを工夫するため、いろいろ触っていたところ、初段のFETのソースにつながるボリュームに手がいくと雑音が減ることに気が付きました。 初段の入力側のFETのソースが一番変化があります。 こことアースの間に、10pf のコンデンサをつないだところ、雑音は激減しました。 左右とも、0.2mV 前後におさまりました。

ということで、雑音の原因は、アース処理と発振でした。 おそらく発振は、定電流回りと思われます。 なぜなら、差動回路のコレクタ間の積分補正が全く効果がなかったからです。

みなさま、ありがとうございました。 なんとも、いつまでたっても初心者からぬけだせない私ですが、今後とも、よろしくお願いします。

追伸: 紺屋さん、いろいろご教示ありがとうございました。 おかげさまで、歪み率も 最低のところでは、0.1% を切るアンプになりそうです。

http://

 
》記事一覧表示

新着順:221/16825 《前のページ | 次のページ》
/16825