新着順:8/16672 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 6BM8の問題解決しました

 投稿者:山崎  投稿日:2021年 1月13日(水)22時15分13秒
  通報 返信・引用
  > No.28154[元記事へ]

うちださんへのお返事です。

6BM8の3極管部のEp-Ip特性を見ると、負荷抵抗が67KΩや100KΩでは、Ipが1.2mAも流すとロードラインを想像すると斜めに立ちすぎて、EpーIp特性の等間隔領域を外れると思えます。オシロで3極管部のプレート波形を観測すると、正弦波の上下が対象になっていなのではないですか?。高音域が聞こえるように思えるのは、波形が歪んでいるからと思います。
他の事例のように200kΩ付近にして、Ipは0.8mA以下が適当と思えます。3極管部のプレート抵抗を小さくして、周波数特性を上げたい気持ちはあるかもしれませんが、聴感は周波数特性より、奇数次高調波の良しあしと、低音の良しあしです。100kΩと67kΩで、聴感が異なるのは、3極管部の歪の差です。100kΩでは波形歪が減ったのではないでしょうか。シングルアンプですからA級動作なので、正弦波波形は上下対称が基本です




> その後6BM8シングルの初段動作点を幾つか試して、負荷抵抗67K、Ep121V、Ip1.14mA、Ek1.27V
> で使う事にしました。負荷抵抗は100K~67Kの間で十分実用的な結果になると思います。負荷イ
> ンピーダンスを下げる事にあまり意味は無いようで、それより、回路の安定性の方が重要でし
> た。
> 個人的な印象では、100K付近では低音が6豊かで全体に明るく、67K付近になると中高域が良く
> なるようです。(音の印象がずいぶん変わるので驚いています)
>
> http://www.op316.com/tubes/single/single4.htm
> 音の印象は私がどうこう言うよりも、ぺるけ師匠が上のページの最後の「音を聞いてみて:」
> に書かれているのでお読みください。
> 音源の一つとして、アンサンブル・ラロのCDも使いました。素晴らしい音楽を楽しく聞いてい
> ます。
> http://www.op316.com/reference/reference.htm
>
> 一点気になって分からないのが、初段Ipを1.2mA以上流すと、悪くなります。動作点として
> は、良さげな所を選んだつもりが期待通りの結果になりませんでした。
>

https://www.facebook.com/YDrive.NewAMP

 
》記事一覧表示

新着順:8/16672 《前のページ | 次のページ》
/16672