新着順:188/17100 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 真空管式差動ライン・プリアンプ(トーンコントロール付き)の歪率について

 投稿者:真空管ビギナー  投稿日:2021年 7月31日(土)18時21分50秒
  通報 返信・引用
  Y@札幌さんへのお返事です。

 ありがとうございます。おかげさまで何とか解決できました。

 現在も未解決で、今回、泥沼にはまってしまった原因となった100Hzの歪率が高い点については、LAG120Bの仕様上、それ以下にはならなくて、当然だったということですか。

 LAG120Bではそれ以下が測定できないのに、それをやろうとして、配線をやり直して、どんどん悪くなっていったということのようですね。無知とは恐ろしいものです。

 まさに今回の測定結果の0.08%は、LAG120Bの100Hzの測定限界ですね。ということは、低歪の発振器を持っていないわたしにとっては、上出来ということですかね。低歪の発振器が欲しくなりそうですが、しばらくは我慢しておきます。

 まだ、100Hzの課題が残っていると思っていましたが、この点も、解決済になりました。発振器の歪率の問題を教えてくださいましてありがとうございました。これで、1か月間の悩みがスッキリしました。

 皆さま、ありがとうございました。
 
》記事一覧表示

新着順:188/17100 《前のページ | 次のページ》
/17100