新着順:183/17100 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アルミ電解コンデンサの耐圧 ②

 投稿者:トンボ@横浜  投稿日:2021年 8月12日(木)22時23分35秒
  通報 返信・引用
  あらためて、”トランジスタ式ミニワッターPart5設計詳説”
<電源回路・・・疑似±電源回路>部分を勉強しています

【疑似±電源を使っても問題が生じないことの条件は......省略..
 ....電源のアース側には直流電流が流れないことです       】

と言う事が重要で

【アンバランス電流が生じても2SC3964のベース電流としては10uAの変動にしかならない】
すなわち 1/hfe のベース電流の変動に抑えられ±電源電圧の変動が抑えられると言う仕組みとの解説がありました。

電源ON時に200mAもの電流が吐き出されることがあった場合(前提が理解できていませんが)
hfeが200とすると 200mA/200=1mA ベース電流が増加し 1mA×3.9kΩ=3.9Vのアンバランスが生じる
(上記思考も的外れかもしれません。 ±9.5Vに達する前の過渡期の200mA前提 ^^)

しかし使用を考えた電解コンデンサのマージン0.5V を 超える電圧アンバランスが生じるような
アンバランス電流を考慮し16V耐圧を用いる事の意味は少し理解できたように思います

もう少し自分で考えてから質問すべきだったと反省しています、
お騒がせしましたがやはり16V耐圧で行くことにします。

*それにしても考える機会までもらえ感謝です、今後とも勉強も?わすれずに楽しませていただきます。
 
》記事一覧表示

新着順:183/17100 《前のページ | 次のページ》
/17100