投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


トランス+真空管バッファ式USB DAC Type1 完成報告

 投稿者:marugo  投稿日:2018年 5月22日(火)23時31分45秒
編集済
  トランス+真空管バッファ式USB DACが完成しましたので報告します。

・使用真空管 : 6SJ7
・使用トランス: TpAs-202
・ダンプ抵抗 : 1.2kΩ
・出力電圧  : 1.77V at 0dBFS

その他については、機材とテクがないので未測定です。

改訂前の記事で制作したので、レイアウトは旧版ですが、十分良い音なので、
このままで行こうかと思っています。

GT管のため、見た目も迫力があり、まさに眺めてよし、聞いてよしなDACです。
 

RE:フォノイコライザーアンプV

 投稿者:mark@仙台  投稿日:2018年 5月22日(火)09時17分34秒
  ぺるけさん
深夜にかかわらず、ありがとうございました。
信号を入力してみます。
 

TE:基本を守らなかった報い

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月22日(火)01時49分58秒
編集済
  2SA950のC-E間ショートなら、最悪でも60mAが120mAに増えるだけ、実際はそんなにも行っていないと思うので、パチッだの白煙だのはちょっと考えられないのですが。
2SA1680はコレクタに220Ωがあるので、最悪でも60mA程度しか流れず、その時は発熱はほとんどありませんから、熱破壊も起きません。
別のところと接触したのではないかしら。
 

RE:フォノイコライザーアンプV

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月22日(火)00時17分25秒
編集済
  12AX7の増幅回路は動作条件がおおらかなので、B電圧は2SC3425のエミッタで250V~320Vくらいの範囲を許容しますので全く問題ありません。
ヒーターも十分に定格内なので調整の必要はありません。


 

フォノイコライザーアンプV2

 投稿者:mark@仙台  投稿日:2018年 5月21日(月)22時27分5秒
  ペるけさん
今回は素晴らしいRコアトランスとパーツ頒布を頂き、有難うございました。
さて、通電して各部電圧確認を行ったところ、2SC3425の出力電圧288V。ヒーター電圧13.3V
なお、当地では常時」一次電圧AC104~105Vあります。
電圧調整は必要でしょうか。ご教示お願い致します。





 

基本を守らなかった報い

 投稿者:haru7189  投稿日:2018年 5月21日(月)16時59分29秒
編集済
  ぺるけ様
トランジスタ式ミニワッターpart5 15V版のR側2SA950-Yエミッタ5.6Ω両端の電圧確認中に、2SA950-YのE~C間をテスタ棒で短絡してしまいました。
”パチッ音”と”白い煙”。
つい夢中になってしまい、テスタ棒のテープ養生(短絡防止)を怠った報いです。
http://l10eng.hatenablog.com/?page=1515405779
後悔先に立たず。涙)涙)

・2SA1680ペアには影響なしと考えます。
・交換用の頒布依頼メールを別途拝送しますので、その節は宜しくお願いします。
 

RE:トランジスター差動回路

 投稿者:tak  投稿日:2018年 5月20日(日)11時19分26秒
  どうもありがとうございます。教えて頂いたページは理解していたつもりでしたが
よく見ると、判っていなかったです。

差動利得の式はここで見ました
http://www-nh.scphys.kyoto-u.ac.jp/~enyo/kougi/elec/node28.html

re=26Ωについては、ここの交流理論の箇所、および師匠の負帰還後の利得の式などで
判断してしまいました。
http://doku.bimyo.jp/bipoler/

これから回路図を眺めながら、考え直してみます。


 

RE:トランジスター差動回路

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月20日(日)00時41分49秒
編集済
  ①26Ωはコレクタ電流が1mAの時です。この場合は40mAほど流れていますよ。
「ネットで見つけた」とありますが、それはどのサイトで、どのように書いてありましたか。
私の解説はここにあります。http://www.op316.com/tubes/tips/semicon05.htm

①が解決すれば、②も納得できる数字になるでしょう。
なお、2段目の負荷は、220Ωと出力段の入力インピーダンスの並列合成値です。



 

トランジスター差動回路

 投稿者:tak  投稿日:2018年 5月19日(土)21時48分6秒
  いつもお世話になっております。
トランジスターミニワッター19V版の部品頒布ありがとうございました。

そこで、トランジスターの差動回路について2点質問させてください。
図面は、パート5設計詳説を見ています。

① トランジスター差動回路の利得・・・RL/reの式をネットで見つけました
   220Ω/26Ω=8.46倍 でしょうか、またRLには終段の入力インピーダンスも入りますか。

② 初段から送られる信号電圧がベースにかかり、エミッター同一電圧なので
  ベース電圧の差はどこに吸収されるのでしょうか。
  Ic-VBE特性ではVBEはそんなに動かないですし、全くわかりません。


 

RE:FET差動バランス型ヘッドホンアンプのヘルプ

 投稿者:tera-Sarai  投稿日:2018年 5月13日(日)09時58分40秒
  私ごときにはよく分かりませんが、無い頭で考えた仮説を一つ・・・
もしかして2sc3421と2sa1358をお互い付け間違えているというのは無いでしょうか?
出力側のトランジスタの電圧から電流の向きを推測するとそれがしっくりこないかって思えてくるのですが・・・間違ってたら済みません。

http://minaraitenshi2.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

 

RE: フォノイコライザーアンプ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月12日(土)10時23分48秒
  デザインに遊びを入れましたね。
ノイズは時間とともに更に減ってゆくと思います。

 

フォノイコライザーアンプ

 投稿者:k-tom  投稿日:2018年 5月11日(金)21時47分20秒
  ぺるけさん部品の頒布ありがとうございました。
2年振りで半田ごてを握りましたが、電圧も正常で一発で音出しに成功しました。
半導体アンプ並みの低ノイズでした。感激です。明日ゆっくりとレコードを楽しみます。
 

ハンダ付けの熱による出力コンデンサの故障等も考えられますか

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月11日(金)12時39分27秒
編集済
  ありません(キッパリ)。
その種の熱に対してはコンデンサはタフです。
コンデンサの漏れ電流の程度は、150Ωの両端の電圧を調べれば簡単にわかりますよね。

Hot/Cold、左右、揃っておかしいですから、規則的・確信犯的ミスがあると思います。
部品より、ご自身のミスや思い違いを疑ってください。
ミスした本人が確認して「ここはOK」と思ったところが原因だったりします。
それに気づくには物事を客観的に見る必要があり、時間がかかりますが。


ですから、この掲示板で最も多い「何度もチェックしましたがどこにも間違いはありません」という言葉は、私は完全に無視して考えています。
みなさんが示してくれる測定データも、半分以上信用しないで考えます。
それくらいに考えてようやく問題が見つかります。


 

RE:FET差動バランス型ヘッドホンアンプのヘルプ

 投稿者:MM  投稿日:2018年 5月11日(金)11時11分55秒
  ありがとうございました。 もう一度ジャンパーを確認し直してみます。
歪の理由として、ハンダ付けの熱による出力コンデンサの故障等も考えられますか?
 

残るは、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月11日(金)10時59分28秒
編集済
  ジャンパー違いや漏れでしょうか。
2SK170から2SA1015/2SC1815のエミッタまでの電圧はまともですが、出力トランジスタ周りが怪しいと思いませんか。



 

RE:FET差動バランス型ヘッドホンアンプのヘルプ

 投稿者:MM  投稿日:2018年 5月11日(金)10時56分36秒
  確認しましたが、コンデンサの極性は間違っていませんでした。
音の歪みかたとしては、一定のレベル以上で低域から高域までまんべんなく
左右ともに均等にザラッと歪む感じです。
入力レベルを小さくすると歪みは少なくなります。
 

6DJ8全段差動 完成!

 投稿者:耄碌爺  投稿日:2018年 5月11日(金)10時41分28秒
  ペルケ様へ 6DJ8全段差動増幅AMP 1日遅れで ヘッドフォーンの回路図の切り替え 完了です。実装配線完了しテスターを当て ジャックの抜き差し確認 : 切り替え出来ています。 早速 灯入れ5月11日AM10時00分 DCバランス 200mVで LR共に±0.00V でヘッドフォンジャックを入れてSP音声カットヘッドホーン 音出し : OK 良い音なっています。 今 Sophie milman 2004年版・Agua de Beberを聞きながら 投稿しています。 掲示板での御指導の文面で” ゆっくり進めて” 的な応援有難うございました。 どうも どうも でした。  

MMさん

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月11日(金)10時18分42秒
編集済
  出力のコンデンサの向きは正しいですか?
逆向きだと、かなり大きな漏れ電流が流れ、やがて過熱して膨張破裂します。

電圧の様子から、X-Yの中点からコンデンサを通って外に電流が流れているように思えます。
2SC3421にはかなりの大電流が、2SA1358のベース~エミッタには逆電流が流れているのでは。


 

RE:FET差動バランス型ヘッドホンアンプのヘルプ

 投稿者:MM  投稿日:2018年 5月11日(金)07時57分33秒
  ぺるけ様、ご返答ありがとうございます。
トランジスタの向き・種類、確認しましたが間違っていないと思います。
最初の投稿で「最終コンデンサの手前」と書いたのはXYの中点のつもりでした。

あらためて全体の電圧を測り直してみましたが、L-HOTのK170ドレインと2SCの電圧差がおかしいようです。
分からない事だらけで、見当違いな回答をしていたら申し訳ありません。
 

RE:FET差動バランス型ヘッドホンアンプのヘルプ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 5月10日(木)22時11分39秒
編集済
  「KI70ドレイン」と「最終コンデンサの手前」はほぼ同じ電圧でなければなりません。
全く同じではなく、0V~0.1Vくらいの差で微妙に違っているのが正常です。
異常の様子がすべて揃っているので、同じミスが4つあるだろうと思います。
つまり、ハンダ不良のような偶発的なものではないだろうということです。

トランジスタの向き(裏表)は正しいですか。
2SAと2SCが逆についていませんか。
赤○同士、青○同士はほとんど同じ電圧になっていますか。赤○は「KI70ドレイン」に対して-0.65Vくらい。青○は+0.65Vくらいが正常です。
X-Y間(緑○間)は何Vですか。
 

/734