投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE:ブレッドボード式真空管アンプについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月 9日(水)22時59分45秒
返信・引用
  たとえば、出力インピーダンスが非常に低いソース機材をつないだ状態では、入力ジャックからボリュームまでの間はシールドなしのむき出し配線でもノイズは拾いませんね。しかし、ボリュームから初段入力までがむき出しだったら簡単にノイズを拾います。
ボリュームをむき出しした場合は、何らかの方法でボリューム筐体をアースにつなぐ工夫も必要になりますね。
ボリュームをつけないパワー・アンプならば、その種の心配はなくなります。

 

Re: RE:ブレッドボード式真空管アンプについて

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2019年10月 9日(水)21時44分49秒
返信・引用
  > No.27141[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

> それでも静粛なアンプになるか、ノイズが出て悲惨なアンプになるかは、実装の腕次第。
>
>
>

なるほど。。よく回路の配置を練ってみます。
ありがとうございました。
 

RE:ブレッドボード式真空管アンプについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月 9日(水)20時35分22秒
返信・引用
  それでも静粛なアンプになるか、ノイズが出て悲惨なアンプになるかは、実装の腕次第。


 

ブレッドボード式真空管アンプについて

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2019年10月 9日(水)19時08分52秒
返信・引用
  シャーシグラウンドをしていないので外来ノイズを心配しているのですが実際耳でノイズはわかるでしょうか?
環境はパソコンを付けっぱなしで時々bluetoothを使います
 

Re: hFEテスターについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月 9日(水)17時48分38秒
返信・引用
  >オペアンプの+と-はイマジナルショートで同電位(設定電圧)となり・・・

そんなに難しく考えないで、OPアンプの出口にエミッタ・フォロワをくっつけただけのなんでもない負帰還アンプと考えたらいいんです。


 

Re: hFEテスターについて

 投稿者:ニチコンFG  投稿日:2019年10月 8日(火)10時58分31秒
返信・引用
  > No.27136[元記事へ]

やまぐち様

回路理解にいまいち自信がないので教えていただけるとありがたいです。

オペアンプの+と-はイマジナルショートで同電位(設定電圧)となり2SC3422のエミッタ
も設定電圧になるもの(2SC3422のVBE分がキャンセル出来る?)とのザクッとした理解で大体よろしいでしょうか?
 

Re: hFEテスターについて

 投稿者:べっちー  投稿日:2019年10月 7日(月)18時42分21秒
返信・引用
  やまぐちさま
ありがとうございました。助かりました。
 

Re: hFEテスターについて

 投稿者:やまぐち  投稿日:2019年10月 7日(月)18時11分27秒
返信・引用
  LM358は+側の振幅がVcc-1.5Vまでしか出せないため、1VモードでPNPトランジスタの測定ができません。仰る通り-側は0.1V程度いけるので、NPNトランジスタの測定は1Vモードでも可能です。どちらも測定したいのであれば、チャージポンプ等でオペアンプ用の電源を作るか、レールトゥレールのオペアンプを使う必要があります。

回路例はNPNとPNPで分けて考えると解り易いです。オペアンプを使った定電流回路と概要は同じで、電流検出用の抵抗が被測定トランジスタに置き換わったイメージです。参考まで、NPNの回路例を簡単に描いてみました。2SC3422のベース抵抗は無くても良いですが、発振防止のおまじないです。
 

Re: RE:FET式平衡型差動プリアンプV2

 投稿者:福太郎2019  投稿日:2019年10月 7日(月)15時58分32秒
返信・引用
  > No.27134[元記事へ]

ぺるけ様
早速のお返事有難うございます。
そうでしたか安心致しました。部品一つ一つに大変な手間をお掛けしているのですね。
感謝です。
 

RE:FET式平衡型差動プリアンプV2

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月 7日(月)12時42分52秒
返信・引用
  大雑把な選別では足りないだろうと思います。
頒布している2SK170は精密選別品です。
 

FET式平衡型差動プリアンプV2

 投稿者:福太郎2019  投稿日:2019年10月 7日(月)11時54分44秒
返信・引用
  初めての投稿です。
以前頒布頂いた2SK170-GR(選別品)、2SK30A(Idss=3.66mA定電流用選別品)、2SC3421(出力段2SC1815の代替品)、ライントランス(タムラTPs-3S 1次600Ω CTと両端子間DCR夫々34.5Ω)を使用して標記アンプを作りたいと思います。
製作記事を拝見しますと2SK170は「バイアス特性による精密選別品」が必須のようですが、当アンプは「選別品」では成立しないのでしょうか?。
既出でしたらごめんなさい。
 

hFEテスターについて

 投稿者:べっちー  投稿日:2019年10月 7日(月)06時08分33秒
返信・引用
  記事「hFEテスター・・・簡単版と高機能版」
http://www.op316.com/tubes/mi-audio/hfe-tester.htm
について教えていただきたいことがあり書き込みします。分かる方がいらっしゃればご教示ください。

記事の中ほどに
「注意:本機の回路では、基準電圧(1V、3V、6V)をどんなに正確に与えても、測定モードによっては被測定トランジスタに与えられるVCEには±0.1V程度の誤差が生じます。几帳面に正確さを期したい場合は、2SA1020/2SC2655をOPアンプ置き換えて、2SC3422/2SA1359のエミッタからOPアンプにDC帰還をかけるように変更します。この場合、1VモードではOPアンプに十分な動作電圧が得られなくなるため別途電源を用意する必要があります。」
とありますが、以下の点について分かる方いらしたらご教示いただけると有難いです。

1. OPアンプを使った回路図の例が分かればご教示ください。

2. OPアンプ「LM358」のデータシートには「リニア・モードでは、単一電源動作でも入力同相電圧幅はグラウンド・レベルまでカバーし、また出力電圧もグラウンド・レベルまで振幅をとることが可能。」とありますが、それでも1VモードではOPアンプが動作しないでしょうか。
 

ありがとうございました

 投稿者:NAKA  投稿日:2019年10月 6日(日)21時05分58秒
返信・引用
  茨城県のNAKAです。

Bluetooth付トランジスターミニワッターツアラーの製作、
おかげさまで無事に成功しました。

音のよさに感動して震えてしまいました。

自宅と赴任先の間を正にツアラーとして使用させていただきます。

すばらしい記事の紹介に感謝いたします。

ありがとうございました。

https://minkara.carview.co.jp/userid/3038917/blog/43341508/

 

ヘッドホン・バッファとヘッドホン・アンプの記事

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月 6日(日)15時57分47秒
返信・引用 編集済
  事情により大幅に縮小してダイジェスト版としました。
フルバージョンは只今全面改訂中です。

 

初段にMOSFET

 投稿者:kimux  投稿日:2019年10月 6日(日)12時04分50秒
返信・引用
  1年前に、かんたんヘッドホンアンプのSEPPの解説を復活をお願いしたものです。その後、ヘッドホン・バッファの記事にまとめられたのですね。勉強させていただきます。
ところで、トランジスタ式ミニワッターPart5 をまずはブレッドボードで組んで遊んでいるのですが、初段の 2SK170 の代わりに、MOSFET の BS170 を挿したら(足の向きは逆)、すごく元気に鳴りました。これはアリですかね。
ちなみにドライブ段の 2SA1680 は手近で入手できずに、秋月のセカンドソース 2SA1020 で代用しています。

https://www.instagram.com/p/B3Qsm-mA8Sp/

 

Re:病名は広く知られていますが、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 9月29日(日)18時50分3秒
返信・引用 編集済
  そうでしたか。
私は、まさかの要介護5です。
元気なみなさんがわがまま言って要介護5を困らせているというのも妙な話です(爆)。


 

Re:病名は広く知られていますが、

 投稿者:宮沢  投稿日:2019年 9月29日(日)16時41分15秒
返信・引用 編集済
     お風呂はさぞ大変な事と思います。私も入れていましたが、少し動ける内は何とかしていましたが
 狭い事と手順が慣れない事、力仕事の事で大変でした。暫らくはヘルパーさんに入浴の支援をお願いして
 いました。どうにも浴室に行けなくなった時は訪問入浴の業者に週一回で来て貰い入浴させて貰いました。
 寝室(八畳)にバスタブを持ち込みます。ボイラー付きのワンボックスで来宅、45分程度の時間を要しました。
 要員は看護婦一名、ヘルパー二名でそのうち一人は男性と云う所です。洗髪や洗顔、爪のカット、ベット上の
 着替え、シーツ替えもしました。一回の費用は13000円弱、9割給付(要介護4)で一割負担でした。

 万が一、手が滑るなどして転倒などの事故を考えると家族では賄えないと自覚しました。
 ただ、バスタブを部屋に入れるのは冬場などはそれなりに寒いですし、蒸気により部屋がかなり
 損傷をうけました。

 また、入浴だけ介護施設に行って行うと云う手もあります。この辺の選択はケァマネージャーとの
 相談と云う事ですね。

 
 

作業中

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 9月29日(日)14時43分19秒
返信・引用 編集済
  対象外の値の部品が書いてあるメールがありました。
作業しながら怒ってます。
「こういうのはどうしたらいいの!?」
「無視していいから」

(あわよくば入れてもらえるかも、と虫のいいことを考えたのでしょうか)
(当方そのような余裕など全くないです)
(どうか、部品頒布をやってくれている人を怒らせないでください)


 

病名は広く知られていますが、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 9月29日(日)08時00分39秒
返信・引用 編集済
  現実に患者が日々どのように過ごしているかを理解するのは難しいことかもしれません。
来客、お見舞い、モノは基本的にすべてお断りしています。
今まで夫婦二人で分担していた家事やらあらゆることを妻が一人でやらなくてはなりません。
なかなか開かないビンの蓋を開ける、壊れたモノの修理、食器洗い、午後のコーヒーを淹れる、重い買い物。切れた電球の交換、段ボール箱を開ける、解体する、今まで私が普通にやっていたことすべて妻がやらなくてはなりません。
加えて私の着替え、髭剃り、洗顔、風呂・・・もやらなくてはならない。
静かな時間などないのです。
そんな中、娘が忙しい妻の目を気にしながら部品を送ってくれています。
それも「今日は一時間だけ」と時間を決めて、一時間経ったらどんなに残っていてもスパッとやめて妻を手伝います。
ですから、今までのように皆さんのわがままに対応できなくなりました。
発送の連絡を省略したのもそんな余裕はないからです。
無理を言うようですがルールをきちんと守ってください。
パソコン操作が苦手な方も学習して工夫して、テキストファイル名にあなたのお名前を入れて添付してください。
皆さんが同じファイル名で送信したら、こちらでダウンロードした時にどうなると思います?
上書きされてしまいますから、毎回ファイル名を変えてダウンロードしなければなりません。
しかもどれがどなたのかわからない。
そういう手間を想像してみてください。
そういう現実を、リアルに感じて理解していただけたら嬉しいです。
 

Re: ■業務連絡■

 投稿者:MIE  投稿日:2019年 9月28日(土)22時05分38秒
返信・引用
  > No.27123[元記事へ]

了解いたしました。
 

/785