投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 6日(日)17時14分39秒
  SO Manさん

>DVMを2SK170 Drain間に接続してVRを回して変わるかどうか見ると
>ここが悪いか、それとも後段かが判断できると思います。

電圧は変化していました。

・・・と、音を鳴らしたくてスピーカーに繋いで1時間ぐらい音出しをした後に
電圧を測定すると期待値収まっており、更に半固定抵抗を調整すると0.0mV未満に落ち着きました。

改めて電源を落として、20分ほど放置の後に再度立ち上げると、10分ぐらいはかなり狂っているのですが
暫くするとやはり落ち着いてきます。

今はケースの中に入れているわけではないので熱が十分回るのに時間がかかっているのかと思っています。

というわけで、無事に基盤部分は完成したようです。

皆様方ありがとうございました。

https://blog.bwv1041.com/

 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:SO Man  投稿日:2019年 1月 6日(日)15時38分20秒
編集済
  1年の200万人の逸材 さま

配線漏れ、不良がみつかって良かったですね。一歩前進。

>半固定抵抗をぐるぐる回したのですが変化が殆どありませんでした。
DVMを2SK170 Drain間に接続してVRを回して変わるかどうか見ると
ここが悪いか、それとも後段かが判断できると思います。

頑張ってください。
 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:Hardflag  投稿日:2019年 1月 6日(日)15時29分31秒
編集済
  5の測定箇所は私が誤解してました。すみません。

> しかし、スピーカー部分の電圧が右0.15V左0.11Vとやや高い値です。
> 半固定抵抗をぐるぐる回したのですが変化が殆どありませんでした。
出力がプラスに振り切ってしまったので、 220/10 のコンデンサに逆電圧がかかってショートモードで壊れ、DCバイアスが拡大しているのではないか、と予想してみます。
 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 6日(日)14時09分47秒
  SO Manさん、Hardflagさん

アドバイスありがとうございます。
2SA1359と半固定抵抗の接続部分にハンダ不良が左右チャンネル共ありました。
お陰様で殆どの電圧値は期待値に近い値になりました。
しかし、スピーカー部分の電圧が右0.15V左0.11Vとやや高い値です。
半固定抵抗をぐるぐる回したのですが変化が殆どありませんでした。

他にも不良部分がありそうですのでもう少し調べてみます。

https://blog.bwv1041.com/

 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 6日(日)12時14分54秒
編集済
  SO Manさん

お時間を取って頂き色々見て頂いて大変感謝しております。

Lチャンネルはジャンパーを忘れていたので後で紫の線で接続してあります。
画像にもあると思います。

>右側の2SK170付近の配線あたりがチェックポイントではないでしょうか

今、Rチャンネル側の接続を全部確認しています。
特に注意してみてみます。

12:31編集
Lチャンネルのジャンパーを忘れてました。
ありがとうございます。

https://blog.bwv1041.com/

 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:SO Man  投稿日:2019年 1月 6日(日)12時09分53秒
編集済
  1年の200万人の逸材 さま

実物写真を見ていてちょっと気がついたのは
右側2SK170 ソースからVRへつなぐジャンパー線が見えないことです
裏で接続されているならそれはそれでいいのですが

基盤位置でD8付近です
 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:SO Man  投稿日:2019年 1月 6日(日)11時57分15秒
  1年の200万人の逸材 さま
改めて
⑤と③が同じ電位 220Ω左側に電流が流れていない

左側の2SA1359のコレクタ電流は0

一方⑩が0V ドレイン抵抗1kΩに電流が流れていない

右側の2SK170付近の配線あたりがチェックポイントではないでしょうか
 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 6日(日)11時32分54秒
編集済
  SO Manさん

⑤の抵抗は5.6kではなく220Ωです。
期待値が-0.2±0.5Vのところになります。
なので2SA1359が現時点で機能していないのではと考えました。

私の記載が紛らわしく申し訳ありませんでした。
※他の箇所も基本的に設計時の想定電圧が記載されている箇所の電圧を測定しています。

https://blog.bwv1041.com/

 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 6日(日)10時20分46秒
  Hardflagさん

添付画像の赤○が測定ポイント、青○がアースポイントです。
何かとんでもない間違いをしでかしているのでしょうか。

https://blog.bwv1041.com/

 

RE:自分がミスをしないために

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 1月 6日(日)01時18分5秒
編集済
  ここで散々ハンダ不良が発覚していますから、さすがに皆さんいろいろと注意&工夫されていると思います。
ハンダ不良が発覚したから、その人が対策を怠っているとみるのはどうなんでしょう?

さまざまな方の作例を見てきましたが、現実問題として器用・不器用の個人差はものすごく大きいです。
注意力についても同様に個人差に大きな差があります。
なんでこうなってしまうの?と首をかしげるくらい配線がぐちゃぐちゃになってしまったケースにも出会いますが、ご本人はそうしたくてやっているわけではないんですね。
その違いは受容する必要があるでしょう。
ものごとは自分を基準に考えたり評価しないのが賢明だと思っています。

特にハンダづけは熟練を要する奥深い技術の世界がありますので、ひたすら失敗を繰り返し数をこなすことが必要なので、ゴールは常に遠くにあるものだと思います。
かくいう私も、ハンダ不良はかなり減りましたが時々やります。ただ、発見するのは早くなりました。
ミスについては、若い頃はぞんざいな作業による不注意が多かったですがそれはなくなりました。一方で加齢による見落としは増えています。

 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:Hardflag  投稿日:2019年 1月 5日(土)23時58分46秒
  こんばんは。
3と5が同じ電圧なのに15, 16がその電圧になるのは考えにくいので、5の測定箇所が間違っているか、配線ミスが有るのではないかと思いますが、具体的には5はどこを測っていますか?
2SA1359 より 2SA950 のほうが怪しいと思います。
 

RE: トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 5日(土)23時16分37秒
  SO Manさん

こんばんは。
改めて測定してみましたが、ほぼ同一でした。
また、該当部分のハンダ付けや抵抗値を確認しましたが異常は見つかりませんでした。
2SA1359が機能していないのか壊れているのかではないかと思っています。

https://blog.bwv1041.com/

 

トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:SO Man  投稿日:2019年 1月 5日(土)19時53分35秒
  1年の200万人の逸材 さま
電圧を見ていて③と⑤が同じ電圧値になっていますが?
 

RE:自分がミスをしないために

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 5日(土)19時10分27秒
編集済
  mkmkさん、はじめまして。

私に対してと解釈してもおかしくないタイミングですので。

>色々考えて、自分なりにルール化してから始めた方が良いと思いますが、どうでしょうか?

ミスをしない具体的な方策があるなら是非教えて下さい。

少なくとも私はどんなに工夫しようとどんな素晴らしい計画を建てようとミスはします。
仕事でもプライベートでもそれは同じです。
ですからテストするのです。ミスを想定するのです。
ご指摘の通り九割ぐらいはハンダ不良や配線ミスだと思います。
しかし、それが起因で半導体が壊れる事も多いです。

例えばトランジスタ式ミニワッター19V版ですと電源部分とアンプ部分に分けてテストは可能です。
しかし、もっと細分化出来ればよりミスを発見し易くなるとは思います。
そのために勉強も初めていますがまだまだ実を結んでいません。

その他、配線時は配線が完了したところから図面に色を塗ったり、
その時点でのテスターでの確認は逐一行っています。
それでも残念ながら私はミスをします。

そしてここに投稿される方の多くの方もそれぞれ思案してミスをしないよう工夫もされていると思います。
その上で行き詰まっての投稿ではないでしょうか?

少なくとも何も考えずに作ってうまくいかないから投稿していると考えられているのであれば
少しでもミスが減る実践的な方策を是非ご教示下さい。
そうすれば、多くの方が助かります。

※ミスがなくなるルール等はこの世にありません。
 あるとすればトライしないことだけです。

以上、宜しくお願いします。

https://blog.bwv1041.com/

 

自分がミスをしないために

 投稿者:mkmk  投稿日:2019年 1月 5日(土)17時10分22秒
  今年もよろしくお願いします。
横から大変失礼な言い方になりますが、ここにアドバイスを求められる方は、ペルケさんが
おっしゃってるように、殆んどがハンダ不良か配線ミスのように見受けられます。
素朴な疑問ですが、作り始める前に、自分がミスをしないためには、どうしたら良いのか?と
色々考えて、自分なりにルール化してから始めた方が良いと思いますが、どうでしょうか?
この考え方、間違ってますかね?
 

トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2019年 1月 5日(土)15時20分59秒
編集済
  みなさま明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

さて、表題のアンプを作成中です。
またまた電圧以上が複数有りました。

以前の別の方の返信にあった出力側0V制御が機能していないを参考にしてみましたが異常はなさそうでした。

>左側2SK170のゲート~560kΩ~アースがハンダ不良などで切れている。
>右側2SK170のゲート~13kΩ~18kΩ~0.68Ω間がハンダ不良などで切れている。

見事に左右ともに同じ症状が出ているので少し驚いています。
問題点を探るに辺り何かヒントなど頂けないでしょうか?

https://blog.bwv1041.com/

 

RE:6DJ8全段差動PPミニワッター2017の電圧について

 投稿者:XB32S  投稿日:2019年 1月 4日(金)23時58分20秒
  ぺるけ様
ご回答ありがとうございます
ルーペで文字を確認しましたが2の文字が見えるような気がします。

メールにて連絡先を送りました。
急ぎませんのでご都合の良い時にお送りください
 

RE:6DJ8全段差動PPミニワッター2017の電圧について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 1月 4日(金)22時57分35秒
  どうやら20Vが混ざってしまったようです、すいません。
正しいものをお送りしますから、連絡先のメールをくださいませ。

20Vのツェナダイオードの印字は「20-2」、
17Vのツェナダイオードの印字は「18-1」です。
 

6DJ8全段差動PPミニワッター2017の電圧について

 投稿者:XB32S  投稿日:2019年 1月 4日(金)22時30分51秒
  6DJ8全段差動PPミニワッター2017を作成しました。
配線を完了し、電圧を測定してみましたが
電圧が全体的に高めです。
ツェナダイオードのHZ18-1の電圧が高いです。
HZ18-1(16.9-17.7V)ではなくHZ-20-1(19.5-20.4V) かと思いますが
このまま使用しても良いのでしょうか


設定値      測定値
+158V      157.5V
-4.7V      -5.2V
+29.4V      32.0V
ツェナダイオード
①12V      11.9V
②17.3V      19.9V
                      設定値     測定値

                            Lch  Rch
出力段カソード抵抗(910Ω)~GND      19.2V  21.6V 21.4V
2pin~GND               16.2V  18.3V 18.4V
7pin~GND               16.2V  18.5V 18.4V
 

RE:平衡出力MC/MMフォノ・イコライザ

 投稿者:としちゃん  投稿日:2019年 1月 3日(木)09時47分20秒
  ぺるけ様

理解しながら作る楽しさを教えてくださり、ありがとうございます。

>62kΩを200kΩに置き換えても5.45kΩになるだけなので
>アンバランスは11%程度にとどまりさほど大きな影響はありません。

 →0.15μと200kΩでトライしてみます。

ありがとうございました。

 

/752