<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:n'Guin  投稿日:2020年12月27日(日)14時41分51秒
返信・引用
  > No.28121[元記事へ]

flip-flopさんへのお返事です。


> 初段に入れているカスコードのベース接地石が発振している可能性もあります。
> カスコードのベースに1kΩ入れると安定しませんか?
そういうやり方もあるのですね。
ユニバーサル基板で作成しているので空きがないため、簡単には試せません。
時間があるときに試してみたいと思います。

http://schumann.jp

 

Re: ラインプリ 球替えたらハム

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年12月27日(日)14時28分57秒
返信・引用 編集済
   ソケットの不調、汚れ、何か挟まってないか? 足の汚れ!
その辺は如何でしょうか。
 

Re: 「6EM7/6GF7シングル実験アンプ」について

 投稿者:ゆうき  投稿日:2020年12月27日(日)13時16分13秒
返信・引用 編集済
  > No.28118[元記事へ]

わたなべさんへのお返事です。


> ダイオードに置き換える場合、その内部抵抗が問題になるのでは、と思って質問しました。
> 具体的に考えますと、ダイオードに2.55mA流して1.2Vの順方向電圧が発生する場合、
> このダイオードは、1.2V/2.55mA=470Ωの抵抗とみなすことができ、
> 交流的には470Ωの抵抗がカソードに入っていることになる、

理想的なダイオードなら良いと思いますが理想的なダイオードは存在しないので
その素子の特性(性質)が入るのでは
その影響が少ないニッカド電池を入れたのでは?
 

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:flip-flop  投稿日:2020年12月27日(日)12時42分42秒
返信・引用
  n'Guin さんへのお返事です。

> どうも、初段の帯域が広すぎて発振している可能性が高そうです。
> 前の書き込みでは定電流回路を疑ったのですが、そこにコンデンサを入れても、
> うまくいきませんでした。

初段に入れているカスコードのベース接地石が発振している可能性もあります。
カスコードのベースに1kΩ入れると安定しませんか?
 

Re: ラインプリ 球替えたらハム

 投稿者:onajinn  投稿日:2020年12月27日(日)11時49分18秒
返信・引用
  fukiageさんへのお返事です。

> 10年ぐらい差動ラインプリ(旧版)使っています。この程球をgold lion e88ccにかえたところ明らかにアースが浮いているような状態で発生する強大なハムが生じるようになりました。以前使っていたJJやフィリップスの7308、6922等では全く発生せず良好に作動しておりました。また、gold lion e88ccをシングルミニワッターや手持ちの真空管バッファDAC等に挿しても何の問題もなく動作します。
> もう一度ラインプリのアースラインなどを検査、怪しいところは再度半田入れをしましたが状況は同じです。単なる相性でといえばそうなのでしょうが、このようなことをご経験なされた方や、解決になる何かヒントになることがあればご教示ください。
>

同じ現象と言えないかもしれませんけど、だいぶ前に廉価なので購入した“ロシア製真空管 6N9S (6SL7 1579 6H9C)”はヒーターハムがひどくて直流点火でないと使い物にならない代物でした。※(出力菅のドライバーでの使用)
ご購入された球だけの問題かどうかは不明ですが、生産国や銘柄(ブランド)等と関係なくまた不良品でなくてもあたり外れはあります。
 

ラインプリ 球替えたらハム

 投稿者:fukiage  投稿日:2020年12月27日(日)08時55分56秒
返信・引用
  10年ぐらい差動ラインプリ(旧版)使っています。この程球をgold lion e88ccにかえたところ明らかにアースが浮いているような状態で発生する強大なハムが生じるようになりました。以前使っていたJJやフィリップスの7308、6922等では全く発生せず良好に作動しておりました。また、gold lion e88ccをシングルミニワッターや手持ちの真空管バッファDAC等に挿しても何の問題もなく動作します。
もう一度ラインプリのアースラインなどを検査、怪しいところは再度半田入れをしましたが状況は同じです。単なる相性でといえばそうなのでしょうが、このようなことをご経験なされた方や、解決になる何かヒントになることがあればご教示ください。
 

「6EM7/6GF7シングル実験アンプ」について

 投稿者:わたなべ  投稿日:2020年12月27日(日)00時30分56秒
返信・引用
  「The Single Amp. Project」の「6EM7/6GF7シングル実験アンプの製作」の記事について。
http://www.op316.com/tubes/single/single6.htm
記事中では、初段管にバイアスを与えるために、ニッカド蓄電池を使っていますが、
例えばこれをダイオードの順方向電圧を利用して1.2~1.4V程度の電圧を用意するのではだめでしょうか。
なんとなく、だめな気はしていまして、というのも、記事によれば
>なお、ニッカド電池の内部抵抗は1Ω以下なので、カソードは交流的にアースされたものとみなせます。
とあるからです。
ダイオードに置き換える場合、その内部抵抗が問題になるのでは、と思って質問しました。
具体的に考えますと、ダイオードに2.55mA流して1.2Vの順方向電圧が発生する場合、
このダイオードは、1.2V/2.55mA=470Ωの抵抗とみなすことができ、
交流的には470Ωの抵抗がカソードに入っていることになる、ということで、それが問題なのかしら、と。
このことについてご存じの方がおられましたら、ご意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。
 

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:n'Guin  投稿日:2020年12月26日(土)12時29分2秒
返信・引用
  > No.28097[元記事へ]

菊地さんへのお返事です。

気になって、さっそくみてみました。

> 初段の定電流まわりだと負電源のA1015のベースに抵抗が無いのが気になります。
> 気が向いたら、この辺りも弄って見て下さい。
発振止めの10pf をはずして、負電源をオシロでみましたが、発振している様子はありませんでした。

どうも、初段の帯域が広すぎて発振している可能性が高そうです。 前の書き込みでは定電流回路を疑ったのですが、そこにコンデンサを入れても、うまくいきませんでした。

みなさん、ありがとうございました。



http://schumann.jp

 

Re: 6BM8の問題解決しました

 投稿者:うちだ  投稿日:2020年12月24日(木)21時28分43秒
返信・引用 編集済
  > No.28115[元記事へ]

SKさんへのお返事です。

> そうでしたか…
> 失礼かと思いますが、今一度NFBについて色々とご研究を深められたらいかがでしょうか
> 不安定だった原因も、また周波数特性が高域まで伸びた理由も
>
> むしろ未だに発振気味なのではないかと、極端な場合、近所に
> 電波障害を引き起こしてる場合だってあります
>
> 高域まで伸ばさずにあえて落とすということが必要な時もあります
>
> 最終的に色々と回路に工夫を加えた結果として、音楽を聴く装置としての
> 実用性を失っては元も子もないような気がしますが
>
> そのあたりが6BM8にある限界だということを以前も申し上げたのですが…

なるほど限界というのは、そういう意味でしたか。
おっしゃることは良く分かりました。

ただあえて言うならば、今はそれ以上に期待感が強く、いろいろ試してみたいのです。とい
うのは、現時点で、もちろん個人の感想ですが、「アンプはこれ一台でもういいかな」と
か、「これなら子供に遺してもいいかな」という思いが生まれてきているからです。

そしてもっと良くならないか、御忠告を忘れずに、工夫を加えてみます。
 

Re: 6BM8の問題解決しました

 投稿者:SK  投稿日:2020年12月24日(木)19時06分37秒
返信・引用
  > No.28114[元記事へ]

うちださんへのお返事です。

そうでしたか…
失礼かと思いますが、今一度NFBについて色々とご研究を深められたらいかがでしょうか
不安定だった原因も、また周波数特性が高域まで伸びた理由も

むしろ未だに発振気味なのではないかと、極端な場合、近所に
電波障害を引き起こしてる場合だってあります

高域まで伸ばさずにあえて落とすということが必要な時もあります

最終的に色々と回路に工夫を加えた結果として、音楽を聴く装置としての
実用性を失っては元も子もないような気がしますが

そのあたりが6BM8にある限界だということを以前も申し上げたのですが…


> SKさんへのお返事です。
>
> > 超高域までのフラットを実現されたとのことですが、
> > 位相回転についてはどうなっていますか?もし良かったら測定結果を。
>
> 残念ながら位相を測定する装置が無いので結果はありません。
>
> > それから6BM8の限界って、帯域の狭さだったのですか?
>
> 限界が何なのか、それは私には分かりません。
> ただ帯域は私の今の取り組みでは重要な指標で、出来れば更に広げてみたいと計画していま
> す。
>
>
 

Re: 6BM8の問題解決しました

 投稿者:うちだ  投稿日:2020年12月24日(木)18時45分51秒
返信・引用 編集済
  > No.28113[元記事へ]

SKさんへのお返事です。

> 超高域までのフラットを実現されたとのことですが、
> 位相回転についてはどうなっていますか?もし良かったら測定結果を。

残念ながら位相を測定する装置が無いので結果はありません。

> それから6BM8の限界って、帯域の狭さだったのですか?

限界が何なのか、それは私には分からないです。
帯域は私の取り組みでは重要な指標の一つで、出来れば更に広げてみたいですね。

 

Re: 6BM8の問題解決しました

 投稿者:SK  投稿日:2020年12月24日(木)09時21分45秒
返信・引用
  > No.28095[元記事へ]

うちださんへのお返事です。

超高域までのフラットを実現されたとのことですが、
位相回転についてはどうなっていますか?もし良かったら測定結果を。

それから6BM8の限界って、帯域の狭さだったのですか?


> 以前に書きましたが、6BM8が不安定で、広い帯域を得られませんでした。
>
> そこで試しにグリッドに1Kの抵抗を入れて見ると安定になり、初段の負荷を大きく(62K)して
> も問題なしです。三結した6BM8のgmが実測約5.4mA/Vで、中くらいの値ですが、内部シールド
> の問題もあって、やはりこのグリッド抵抗は必要なようです。
>
> これで帯域も100KHz付近まで確保できています。測定した周波数特性の上限が40kHzだったの
> は、出力トランスT-1200の特性です。試しに手持ちのT-870で使われた小さなトランスを使う
> と帯域は57kHzまで延び、この上限もトランスで決まっています。
>
> 三結した終段の帰還容量が6GW8/14GW8より小さいことがこの結果につながっています。また
> 三極部の内部抵抗が実測31Kオームで、12AX7の半分以下ですから、利得への影響も小さ
> く-1.3dB程度です。これでNFBも6GW8/14GW8の定数と同じで大丈夫でした。
>
> これで最初の目標の広帯域化が無事終わりました。
> 6BM8は6GW8/14GW8に比べて決して不利では無く、同等の結果を出せたと思います。
> 音の評価については少し時間を掛けてから書きたいと思います。
>
> 回路定数を公開します。6BM8を使われる方の参考になれば幸いです。
>
 

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:西村  投稿日:2020年12月24日(木)08時10分49秒
返信・引用
  > No.28111[元記事へ]

n'Guinさん も うちださんもすばらしいですね!

そういったオリジナルを製作されるのが、出版もされ、HP でも設計方法を発表されておられるぺるけさんの趣旨なんだろうと思います。

8R-LP1 、フランクさんのところにないはずですね~。
http://rekihinkan.fc2web.com/honnkan/8RLP1.htm
によると日立でのみ製作した TV 用の垂直偏向出力球となっています。面白いものをお持ちですね。例がないと安価ですからね!(上記では「偏向」や「強力」が誤っていますがまあ個人のはそういったところも楽しみであります-笑)

私もKITに飽きて、皆さんのアンプには全くかなわない下手アンプですが、誠文堂新光社の「初歩の真空管アンプ」を見て自分で設計できたものを使っています。あまり製作例がない、9ピンなのに双3極管になっていない 6DL4 をたくさん使っています。
下手アンプでも世界中の誰も持っていない完全オリジナルです。
http://www.maroon.dti.ne.jp/yubeotsu/amp/amptri.html
 

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:n'Guin  投稿日:2020年12月23日(水)22時31分33秒
返信・引用 編集済
  > No.28110[元記事へ]

うちださんへのお返事です。


> そんなところが物づくりの面白さではないかと思います。
> 私も6BM8に限界があると言われれば、その限界を確かめたくなる頑固者です。
私も、そのとおりなのですが・・・

実は、うちださんの書き込みに、意を強くしている私です。
出来あがってから書き込むつもりでしたが、8R-LP1 全段差動にチャレンジしよかと。 この球は、6BM8の五極管部と12AU7相当の三極管の組み合わせです。 というわけで、うちださんの書き込みに、勇気づけられております。

ここに、駄球協会の会員番号 8R-LP1 の名前を宣言します。 まだ、誰もないようで、たいへんたいへん、うれしいです(いかに傾奇者か=かわりものか)。


> 無理せず頑張ってください。
お互い、いいあんばいで、やりましょう。

http://schumann.jp

 

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:うちだ  投稿日:2020年12月23日(水)20時38分54秒
返信・引用 編集済
  > No.28109[元記事へ]

n'Guin さんへのお返事です。


> ぺるけ師匠の構成がいかに安定しているかを思い知らされています。
> でも、ぺるけ師匠と同じく、他人のまねしたくないヘソ曲がりなんです。 私も(^^;)

そんなところが物づくりの面白さではないかと思います。
私も6BM8に限界があると言われれば、その限界を確かめたくなる頑固者です。

> お正月休みに、菊池さんのご指摘の件を確かめてみようと思っています。 ただ、他の仕事
(邪魔が入らないときにしかできないこと)をしようと思っているので、できないかもしれま
せん。

無理せず頑張ってください。
 

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:n'Guin  投稿日:2020年12月23日(水)20時24分33秒
返信・引用
  > No.28108[元記事へ]

うちださんへのお返事です。

こんばんは。 レスをありがとうございます。
> 一つ目は2SK117のゲートにある1kの抵抗が片方しか無いのは、記載漏れでしょうか。
> もう一つはこの抵抗はぺるけさんの回路では、3.3K又は2.2Kが使われています。利得を稼ぐ場
> 合に3.3Kが使われているようです。なにか影響はあるでしょうか。
実は、最初は入力側にしかありませんでした。 この前段が 1MHz を超えて利得があるので、入力側で制限をかけるつもりでした。

今回のトラブルがあって、現時点では両方につけてあります。 結果的には意味がなかったようですが。


> なお6G-A4を二段直結でドライブしようとされている、たいへん興味ある構成だと感じまし
> た。
ありがとうございます。
当初、一般的な3段構成にするか迷ったのですが、直結ドライブにチャレンジしました。
あげくのはて、このざまです。

ぺるけ師匠の構成がいかに安定しているかを思い知らされています。
でも、ぺるけ師匠と同じく、他人のまねしたくないヘソ曲がりなんです。 私も(^^;)

幸い、この掲示板があるおかげで、安心してチャレンジできます。 ぺるけ師匠に感謝です。

お正月休みに、菊池さんのご指摘の件を確かめてみようと思っています。 ただ、他の仕事(邪魔が入らないときにしかできないこと)をしようと思っているので、できないかもしれません。

ありがとうございました。

http://schumann.jp

 

Re: ハム音が消えない アースについて

 投稿者:うちだ  投稿日:2020年12月23日(水)18時48分17秒
返信・引用 編集済
  > No.28103[元記事へ]

n'Guin さんへのお返事です。

時間が経っての返事ですいません。
皆さんの回答と回路図を見ていて気になった事が二つあります。

一つ目は2SK117のゲートにある1kの抵抗が片方しか無いのは、記載漏れでしょうか。
もう一つはこの抵抗はぺるけさんの回路では、3.3K又は2.2Kが使われています。利得を稼ぐ場
合に3.3Kが使われているようです。なにか影響はあるでしょうか。

なお6G-A4を二段直結でドライブしようとされている、たいへん興味ある構成だと感じまし
た。
 

Re: 2電源DCバランス

 投稿者:wanchan  投稿日:2020年12月23日(水)17時38分33秒
返信・引用
  > No.28106[元記事へ]

tanukiさん、ゆうきさんへのお返事です。

お二方のお返事ありがとうごさいます。

実は原因が判明しました。はんだ付けの不具合でした。
2SC3422のエミッター抵抗のはんだがいもはんだで接触不良していました。
完全にはんだ付けしなおしてOKとなりました。


> wanchanさんへのお返事です。
>
> ぺるけさんの製作記事
> http://www.op316.com/tubes/mw/mw-19v-p5.htm
> の<製作> 製作手順5.ユニバーサル基板・・・電源部単体テスト(重要)・に従えば、まず電源だけの確認が必要です。
>
> アンプをつないでしまっては、電源が問題なのかどうかがわかりません。
>
 

Re: 2電源DCバランス

 投稿者:tanuki  投稿日:2020年12月23日(水)12時28分59秒
返信・引用
  > No.28099[元記事へ]

wanchanさんへのお返事です。

ぺるけさんの製作記事
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-19v-p5.htm
の<製作> 製作手順5.ユニバーサル基板・・・電源部単体テスト(重要)・に従えば、まず電源だけの確認が必要です。

アンプをつないでしまっては、電源が問題なのかどうかがわかりません。

> トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版を作成していますが、2電源DC電圧が+側9.74V、-側8.82Vと約1V程度差があります。
> 電源回路2電源化回路の3422Yのベースに与える電圧が0.784Vです。
> トランジスタ式ミニワッターPart5 15V版の記事によりますと3422Y使用の時は2.2Kと2.4Kとなっておりますが何れが最適なのか不明です。
> なお、いずれも実験では+=共大差ない電圧となります。
> ①+-共出来る限り差のないようにしたのですが可能でしょうか
> ②もっともSPアウトのzeroバランスは1mV以下ですので何ら差し支えないと思いますがもしかしてアンプ回路側に問題があるのでしょうか
>
>
>
 

Re: 2電源DCバランス

 投稿者:ゆうき  投稿日:2020年12月22日(火)10時48分28秒
返信・引用
  > No.28102[元記事へ]

wanchanさんへのお返事です。

3.9k-3.3kの抵抗で中点バランスが決まるのでどちらかの抵抗を変えれば中点の電圧は変化します。
中点には直流電流は流れないので電解コンデンサのもれ電流、もしくはアンプ部の発振があるのでは?
 

/834