投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE:平衡出力MC/MMフォノ・イコライザ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 1月 2日(水)22時36分44秒
編集済
  そこに62kΩを入れたのは、負荷の状態を反対側と同等or近づけたかったからです。

上側:5.6kΩ//62kΩ=5.14kΩ
下側:5.6kΩ//66.75kΩ//1MΩ=5.14kΩ・・・MM入力
   5.6kΩ//39.75kΩ//1MΩ=4.88kΩ・・・MC入力

62kΩを200kΩに置き換えても5.45kΩになるだけなのでアンバランスは11%程度にとどまりさほど大きな影響はありません。
 

平衡出力MC/MMフォノ・イコライザ

 投稿者:としちゃん  投稿日:2019年 1月 2日(水)15時27分58秒
  ぺるけ様

あけましておめでとうございます。
今、平衡出力MC/MMフォノ・イコライザを製作中です。
アンプ部の2SK170と12AX7の結合コンデンサの容量について教えてください。

0.47μの代わりに0.15μは使用可能でしょうか?

―――
一応以下のように考えてみました。

私のアンプ設計マニュアルの段間の結合コンデンサの解説記事で、
結合コンデンサの容量で、低域カットの基準周波数が決まることは理解しました。
しかし、解説は前段が12AX7の場合について書かれているので、2SK170の場合に
適用可能か理解できていません。

もしそのまま適用可能ならば、後段12AX7の上側グリッド抵抗62KΩの値を
大きくしてやれば0.47μの代わりに0.15μを使用できそうな気がします。
下側グリッド抵抗は1MΩなので下側の結合コンデンサは、0.15μに代えても
よいと思います。(実際に12AX7と6DJ8の段間は0.15μなので)

では、上側グリッド抵抗62KΩの値をどの程度まで大きくすることができるのか?
そもそも12AX7のグリッド抵抗値が上側と下側で違っている理由を理解しておりませんし、
上側グリッド抵抗62KΩの値を変えて良いのかどうかも理解しておりません。

このような理解不足で大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
―――
 

Re150mA

 投稿者:長谷川  投稿日:2019年 1月 2日(水)10時25分34秒
  ありがとうございます。
安心しました。
 

150mA

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 1月 2日(水)10時02分4秒
  100mAは当初採用したトランジスタでの値で、今頒布しているトランジスタだとかなり増えると思います。
150mAなら問題ないです。
むしろA級動作の範囲が広くなってるし。
 

トランジスタ式ミニワッターPart2について

 投稿者:長谷川  投稿日:2019年 1月 2日(水)09時31分8秒
  あけましておめでとうございます。
ぺるけ 様
部品頒布ありがとうございました。
平基板が組みあがりざっと電圧チェックを行いました。
電圧は0.1v以下の違いで正常値でした。
ところが消費電流が100mAではなく150mAほど流れています。(1Ω両端にて150mv)
異常でしょうか?出力トランジスタのベース間電圧は1.375vほどでした。
設計時と頒布品ではトランジスタの型番が異なりますが、それは影響しますか?
現状、発熱は5秒くらいはさわっていられるくらいです。
最大出力時の発熱は問題ありませんか?
ご助言お願いします。
 

6DJ8全段差動PPミニワッター2017 完成しました

 投稿者:オクダ  投稿日:2019年 1月 1日(火)15時37分24秒
  ぺるけ様

あけましておめでとうございます。
2回頒布していただいた上記アンプ完成しました。
結局一回目の部品は壊れてなくて、抵抗の間違いでした。(4.7Ω→4.7k)
ありがとうございました。

あと、頒布のルールすいません気を付けます。
また、よろしくお願いします。



 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 1月 1日(火)00時04分57秒
  今年もよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------

ところで、ささやかな内容ですが71Aシングル・ミニワッターにBass Boostを追加する改造を行いました。
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-171a-bb.htm


 

RE:続き

 投稿者:tak  投稿日:2018年12月30日(日)16時06分11秒
  定電圧電源にする前に、セパレートタイプで作り先ずは電圧変動を見ようか、
と手持ち部材をさばきながら構想しだしました。

新年の製作課題が出来ました、ありがとうございました。
 

続き

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年12月30日(日)09時52分31秒
編集済
  定電圧電源を採用しない場合は、無信号時の電源電圧を高めにしておき、最大出力付近の消費電流が増加した時に、電源電圧が15Vあるいは19Vになるようにします。
ただ、このアンプは無信号時と最大出力時の消費電流の差はあまり大きくないので(A級に近い)電源電圧の差は大きくなりません。

但し、こうすると無信号時のアイドリング電流が増えますから、アンプ全体の温度が上昇してしまいます。
この問題を回避するには、より大きな放熱器を使い、基板の通風を良くしてやります。
 

トランジスター式ミニワッター

 投稿者:tak  投稿日:2018年12月30日(日)08時50分47秒
  ↓のご回答は投稿して削除した、私の質問へのご回答と思いますので再投稿します。

質問は・・電源部をトランス中点非接地で作るとき、定電圧にしないと
オフセット電圧が安定しない、またデータが悪くなるでしょうか?

一度作ってから質問と考え、すぐに取り下げましたが
ご回答いただきましてありがとうございました。


 

RE:トランジスター式ミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年12月30日(日)00時28分21秒
編集済
  オフセット電圧は、電源電圧の影響を受けにくいように設計してあります。
しかし、電源供給電圧が15.0Vあるいは19.0Vから離れるとドライバ段の差動バランスが最適値からどんどん離れて最大出力が低下します。このバランスはデリケートです。
ACアダプタは廉価であるにもかかわらず非常に正確に15.0Vあるいは19.0Vを維持してくれますが、そのことをあてにして採用しているんです。
電源を自作する場合は、できるだけ15.0Vあるいは19.0Vが維持されるように工夫してください。

 

再はんだ

 投稿者:SS  投稿日:2018年12月29日(土)15時33分17秒
編集済
  ぺるけ様

アドバイス有難うございます。
頒布についていた吸取り紙ではんだを取り、
再度はんだし直しました。

アンプの方も快調になっております。
特にヘッドフォンの鳴りっぷりには家族も驚いていました。
贔屓目もありますが、家にある数万円のヘッドフォンアンプは完全に凌駕しております。
アンプは激安の中華アンプでしたので相手にもなりません。
 

RE:6DJ8全段差動PPミニワッター2017 問題解決

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年12月28日(金)21時17分48秒
  自力解決おめでとうございます。

>ハンダごてをあてて再ハンダするという方法

手遅れかもしてませんが、
ハンダのやり直しでは古いハンダをきれいに除去してからやり直します。
何度も加熱されたハンダは不純物が多く接触性が悪いからです。


 

6DJ8全段差動PPミニワッター2017 問題解決

 投稿者:SS  投稿日:2018年12月28日(金)02時13分23秒
  カソード抵抗の電圧が高かった件、解決しました。
ツェナーダイオード周りで1カ所はんだ不良が有りました。
再度測定したところ、19.2Vとなりました。他の部位も測定しましたがほぼ設計値通りでした。

8cmのフルレンジスピーカーでオーケストラを聴いてみましたが、高音、低音共に響きがとても良く、スケールが大きく感じます。
アンプ製作は初めてでしたが、無事完成し感動しました。部品頒布とホームページの詳しい解説のおかげです。ありがとうございます。

 

nagiさん

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年12月27日(木)20時56分21秒
  良いお年を!

 

RE:RE:71Aシングルミニワッターについて

 投稿者:nagi  投稿日:2018年12月27日(木)20時41分50秒
  ぺるけ様

確認中に原因判明しました。
500Ω VRの半田不良でした。 再半田後、F点を107Vに調整し、再度各種を点検したところ、
各値、近似値に収まりましたので、ならしたところ、大変良く鳴っております。
色々とご指導ありがとうございました!
 

RE:RE:71Aシングルミニワッターについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年12月27日(木)19時32分9秒
編集済
  Q1:初段の2SK30A-GRのソース側の500ΩVRを調整したらどうなりますか。

(1)効くが電圧が高いままで変化する
(2)効かない(変化しない)

Q2:もうひとつ質問。

初段の2SK30AのランクはGRですか、それ以外ですか。
それ以外であれば何でしょう?Y?O?
 

RE:RE:71Aシングルミニワッターについて

 投稿者:nagi  投稿日:2018年12月27日(木)19時17分25秒
  ぺるけ様

ご指摘の通り、ダイオードが逆に取り付けられていました。
ありがとうございます。

再度電圧測定を行ったところ
A:231/192
B:221/95
C:5.3/5.5
D:5.2/4.9
E:0.7/0.7
F:217/127
G:279/284
となりました。 片チャンネルは若干高い部分はあれどそれっぽい値になってきたのですが
もう片方がまだ大分高いです…お気づきの点ございまいしたらご指摘いただければ幸いです
 

RE:71Aシングルミニワッターについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年12月27日(木)01時54分14秒
編集済
  AC電圧が激しく狂っているのはたぶんテスターがどうかなっているのでは?
DC電圧はまともに測定できているようです。

さて、本題。
ツェナダイオード(5.5V)の向きが逆ではないでしょうか。
ツェナダイオードは順方向で動作させるとただのダイオードで0.6~0.7Vになりますが、C点はまさに0.7V。
C点が0.7Vなら、2SK30Aには設計どおりの電流は流れず、A点、B点は非常に高い電圧になり、F点もそれに引っ張られますからすべてが説明できます。

 

71Aシングルミニワッターについて

 投稿者:nagi  投稿日:2018年12月27日(木)00時12分9秒
編集済
  71Aシングルミニワッターを作成しております。
配線の方が完了し、通電試験を行ったところ、アンプ各種で異常に電圧が高く、
トランスをテスターで当たったところ、
0-230 125.3V
0-6.3 209V
0-6.3 211V
という恐ろしい数字が出てきました。
1次側は
AC-スイッチ-0V  トランス上でスパークキラーで渡り
 -ヒューズ-100V

トランスはKmB60Fです。
コンセント電圧105V

2次側は配線図に則って配線してます
(ダイオードの中間から230/0 左右~マークから6.3/0

どこかでとんでもない間違いをしている気がするのですが行き詰まっております。
何かお気づきの点有ればご指摘お願いいたします。

アンプ部各種に当たってみた電圧は
V+ 272V A 221V B204V C0.7V D0.2V E0.1V F204V G267V
左右近似値の範囲に収まっています。
 

/752