投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE2:F点107±1V調整

 投稿者:M・MT  投稿日:2018年 7月16日(月)11時52分28秒
  ぺるけ 様
ありがとうございます。
完全に読み落としていました。
あらためてF点を90Vに調整してみました。
(AC入力98V時、左/右)
V+…268V
A点…150V/151V
B点…67V/68V
C点…5.5V/5.6V
D点…5.0V/5.0V
E点…0.81V/0.83V
F点…87V/87V(他点測定中に降下しました)
G点…260V/260V
以上ですが、その他に電源トランスの選定違いにも今気づきました。
CV4097ではH9-0901を使うべきところ、KmB60Fを使ってしまいました。
電源トランスはぺるけさんの71A/見込みを更に超えて定格オーバーですね。
あるいは負荷が重くなると電圧も少し下がり、結果的にトランスが自己防衛するのでしょうか。
それにしても連続長時間あるいは長期間の使用には耐えられないでしょうか?
いささか へこんでいます。
 

RE:F点107±1V調整

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月16日(月)09時43分20秒
編集済
  107Vというのは71Aの場合で、5A6/CV4097の場合は90Vです。そうすれば低めになっている電源電圧も上昇します。  

F点107±1V調整

 投稿者:M・MT  投稿日:2018年 7月16日(月)08時10分2秒
  改訂版CV4097シングルアンプを製作しました。
回路提供と部品の頒布をありがとうございました。
F点の電圧調整をしようとしたところ、100V以上に上がりません。
参考に各点の電圧を以下に示します。(AC97V時、左/右)
V+…259V
A点…154V/153V
B点…85V/84V
C点…5.51V/5.58V
D点…4.96V/5.04V
E点…0.99V/0.98V
F点…99V/97V
G点…252V/252V
このまま使用して問題はないでしょうか?
ご指導のほど宜しくお願いいたします。
音は普通に出ています。
 

RE:6DJ8シングル・ミニワッターのヒューズが飛ぶ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月16日(月)00時31分46秒
編集済
  電源ONでいきなりヒューズが飛んだのであれば、どこかにかなりはっきりとしたショートが起きていたかもしれません。あらゆる可能性を考える必要がありそうです。

10μFを取り付けたこととヒューズが飛んだのは無関係かもしれません(アンプのトラブルでは冤罪事件は良くあることなので)。
それから、念のためにヒューズの定格を確認してください。もしかして、1Aのはずが0.5Aあるいはそれ以下のヒューズを入れてしまったかもしれません。

MOS-FETが完全に破壊された場合、導通がなくなる場合とショートする場合とがあります。D-S間がショートした場合は電源は供給されてしまうので音は出ますが、電圧が設計値からかなりはずれます。それで電圧を確認してくださいと書いたのです。

 

RE:6DJ8シングル・ミニワッターのヒューズが飛ぶ

 投稿者:JunK  投稿日:2018年 7月15日(日)23時06分42秒
  ぺるけ様
ヒューズが飛んだ後、コンデンサーを外した状態で正常動作しているのでMOS-FETは壊れていないようですが、電源部全体の電圧は再確認してみます。
コンデンサーの極性は合っています。
ヒューズは電源スイッチをオンにした瞬間に飛びました。
 

RE:6DJ8シングル・ミニワッターのヒューズが飛ぶ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月15日(日)22時40分28秒
編集済
  チューニングガイドというのはこれですね。
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-tuning.htm

MOS-FETのソース側とアースの間に10μF程度のコンデンサを入れるのに特別な手当ては必要ありません。
10μFなしでは正常動作し、取り付けたらヒューズが飛んだのでしたら、10μFの周辺で電源をショートあるいはそれに近い何かが起きたのでしょう。
10μFの向きが逆だったら、電源を入れてしばらくすると10μFの漏れ電流が激増してヒューズが飛ぶと思います。

過大な電流が流れたことでMOS-FETが熱破壊しているかもしれません。
10μFを取り付けない状態で動作させてみて、電源部全体の電圧を確認してください。

 

6DJ8シングル・ミニワッターのヒューズが飛ぶ

 投稿者:JunK  投稿日:2018年 7月15日(日)20時18分48秒
  お世話になっております。
先日、部品頒布していただいた6DJ8シングル・ミニワッターを製作していたところ、チューニングガイドに記載されている10μ/400Vのコンデンサーを繋いで電源を入れるとヒューズが飛んでしまいます。
10μ/400Vのコンデンサーを繋がない状態では、ヒューズも飛ばず、正常に音出し出来ています。チェックポイントの電圧も正常範囲内です。
このコンデンサーを設ける場合には、何か他に変更する必要があるのでしょうか。
 

続き

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月15日(日)13時57分44秒
編集済
  では、何故このPHONOイコライザの電源トランスは不利な方向を向いているかですが、
アンプ内部では電源トランスと回路が十分に離れていてハムを拾っていないので、
隣接して配置するであろうレコードプレーヤやMCヘッドトランス(アンプ)など周辺の機器への迷惑を減らすことを考えてこの向きにしてあります。
 

RE: フォノアンプV1からV2へ改造

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月15日(日)13時48分52秒
編集済
  Rコアはコア軸の横方向(下図のC)の磁束の漏れが最も大きいです。
下図の引用サイトはこちら。

http://kitamura-kiden.co.jp/product/

球の配置を見ると、トランスからの距離が左右で違うので、ハムの大きさが左右で異なるのなら電源トランスとの位置関係を疑いますし、左右同じならアースのとり方や電源回路自体を疑います。

 

RE: フォノアンプV1からV2へ改造

 投稿者:fuka  投稿日:2018年 7月15日(日)13時24分26秒
  HT様。
最近V2を制作したFUKAと申します。

投稿された画像でトランスの向きが気になりました。

私もはじめは同じ向きにしていましたが、ハム音が取り切れず90度回転させたらフルボリュームでも気にならなくなりました。

ヒータトランスでも向きを実験されるとより良い結果が出ると思い投稿しました。
 

フォノアンプV1からV2へ改造

 投稿者:HT  投稿日:2018年 7月14日(土)22時47分1秒
編集済
  ぺるけ様 RIAA用コンデンサの頒布有難うございました。V2への改造を行いました。名古屋地方では部品入手が困難になってきており助かりました。
元々プリアンプにV1を搭載してましたので、SRPP上段用の球を無理矢理設けました。またトランスのヒーター電源容量が足りず、12V出力のトロイダルをシャシの裏面スペースにつけDC点火しています。
アンプ部のラグ板から裏面のソケットに配線するため、SRPPの上下のカソード配線を間違えると言う初歩的なミスを行いましたが、無事音出しできました。
ノイズですが、皆さんのようにフルボリュームでも聞こえないとはなって無く、2~3時程度でリップルノイズが聞こえる様になります。今迄は11時ぐらいだったので改善されています。実装の問題と思いますのでB電源かヒーター電源をもう一度見直そうと思います。
音の方は、まだ硬い感じがしますが、定位はV1より良くなった気がします。エージングをしながら楽しんでいきたいと考えております。
長くなりましたが、お礼まで。
 

RE:こちらから失礼

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月13日(金)21時40分15秒
編集済
  はい、はずしました。
だいぶ前に掲示板を1つ減らし、その後もう1つ減らしましたが、今後も徐々に整理してゆくつもりなので。
手に負えなくなる前にやっておこうと、HomePageのコンテンツもすこしずつ整理縮小しています。
この2年間でサーバーも3つから1つに減らしています。
増やすのは簡単ですが、維持するのも整理するのもなかなか大変です。
維持するのには手間だけでなく費用もかかっていますから。

 

こちらから失礼

 投稿者:紺屋  投稿日:2018年 7月13日(金)20時35分9秒
  トップページから、なんでもありBBSへのリンクが無くなっちゃってませんか?  

RE:6DJ8 2017

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月10日(火)18時13分28秒
  ということは、私のミスでしたね。
すいません。


 

6DJ8 2017

 投稿者:bun  投稿日:2018年 7月10日(火)18時09分52秒
  代替品の2SK30A 4.00mA 今日届きました。
早速交換しましたら、各電圧、設計値に収まりました。
ありがとうございました。
 

RE:12AX7フォノイコライザー V1からV2への改造

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月 9日(月)21時50分5秒
編集済
  私も、長らくLPレコードから遠ざかっていましたが、
LPレコードの音が、デジタルと同じ土俵で比べても普通に結構ローノイズかつワイドレンジで良い音であることにちょっと驚いています。

>30数年前にCDに移行した際、「デジタルは何て明瞭で音がいいんだ」と感激しましたが、
>今思えばアナログの良さを引き出せていないだけでした。
>今再び、「アナログは何て明瞭で音がいいんだ」と感激しています。

はい、私も同じことを感じています。
そして、なんでこんなものを放り出してしまったんだろうと。

再開してからは針がすり減り気味のカートリッジをやりくりして聞いていましたが、
今日、やっと新品の針(JICO製)に交換することができました。
 

12AX7フォノイコライザー V1からV2への改造

 投稿者:marugo  投稿日:2018年 7月 9日(月)20時33分2秒
  1年ほど前に12AX7フォノイコライザーV1を作成し、それなりに満足していましたが、
V2が発表され、再び作成したい衝動がムクムクと湧いてきました。

回路を眺めていて、新たに作成するより現在のV1を改造しようと考え、
費用削減のために、トランス及び電源部分は一部流用することにしました。
そのためB電源は、作例で272Vのところ、実測261Vと10V程度低くなりました。
ヒーター回路はV1のまま6.3Vで作成しています。

電源回路と実装が作例と違うため、本来の性能は出ていないかもしれませんが、
ケースに、再利用の比較的大きなものを使用したためか、ノイズはボリューム最大に
しても、スピーカーに耳を近づけないと分からない程度です。

肝心の音ですが、V1でもそれなりに満足していたのですが、V2になり、個々の
楽器の音がさらにクッキリと際立っているように感じます。
もうデジタルと遜色ない・・・場合によってはデジタルを上回っている・・・
そんな感想を持ちました。

30数年前にCDに移行した際、「デジタルは何て明瞭で音がいいんだ」と感激しましたが、
今思えばアナログの良さを引き出せていないだけでした。
今再び、「アナログは何て明瞭で音がいいんだ」と感激しています。

次は「21世紀になってから作るMCヘッドアンプ」を密かに期待しております。
 

なるほど

 投稿者:とまとまと  投稿日:2018年 7月 9日(月)01時44分7秒
  ようやくわかってきました。交流の変動は認識していましたが、トランスの負荷による出力電圧の差は盲点でした。
ありがとうございました、疑問は解消できました。
 

RE:うーむ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 7月 8日(日)23時49分37秒
編集済
  話を最初のブリッジ整流に戻します。

先に答えを書いてしまうと、2倍あればまあ大丈夫、余裕を持たせるなら2.2倍以上だろうと思います。その根拠は、

(1)理想条件であれば、1.414倍あればいいです。
(2)現実には、AC100Vの変動があるのでそれを最大10%見込んで1.1倍とします。
(3)電源トランスの2次巻き線の表示は最大負荷をかけた時の電圧なので、無負荷時には5%~26%※高い電圧が出ますので、それを1.26倍とします。

※頒布しているRコアの電源トランスの値です。一般的には10%前後です。

これらがすべて同時に発生した場合でもダイオードが破壊しないためには、
1.414×1.1×1.26=1.96倍の耐圧でギリギリとなります。
電子部品の耐圧は、その値ギリギリで使うことはしないで、必ず若干の余裕を持たせますから、2.2倍以上というのが私なりの答えです。

現実には、わざわざ2.2倍のものを探すわけではなく3~4倍のものから選びますが、手に入らない場合は2.2倍まで譲ることができるということです。
 

二次交流電圧の三倍の耐圧が必要

 投稿者:flip-flop  投稿日:2018年 7月 8日(日)20時59分14秒
  なのは半波整流の時と思えばそう外れてはいないと思いますが、
負荷が完全にOPENの最悪時を考えるとトランスのレギュレーション
が良くない場合、3倍では余裕なしです。

2次側定格電圧を100VACと仮定して、AC変動±5%、トランスのレギュレーション10%、
波形のピーク率1.4倍とすれば最大ピークは100*1.05*1.1*1.4≒162V

1、半波整流時:整流後出力電圧Vo=150Vとして、最大で150+162=312Vが印加される
2、100VAC*2巻線の両波整流:1と同じ312V
3、50VAC巻線の半波整流上下展開の倍電圧:Vo+Vfの151V
4、100VAC巻線のブリッジ整流:Vo+Vfの151V

なお、厳密にはトランスの電圧降下で2は巻線電圧のピークが抑制され、1の単純半波整流より
少し小さくなります。(単純半波は2次にDCを流すので気持ちよくない。)

電源SWをOFFした時のキックバックを考えると1の場合はAC巻線電圧の3.5倍欲しい。
2,3,4の場合はOFF時の誘起電圧は反対側の整流回路でクランプされ、瞬時ピークは抑えられる。
 

/733