<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re. USB DAC+Bluetoothレシーバー Version4.0

 投稿者:VT  投稿日:2020年 9月22日(火)00時30分48秒
返信・引用
  manaさん、こんばんは。
確かに不思議な点が散見されますね。
お使いのテスターは、どのようなものなのでしょうか。
また、デジタル式であれば、電池残量は大丈夫でしょうか。
というのは、

② 12AX7のプレート電圧が0.735mAの半分が300KΩに掛かっているなら、110V程度が出るはずですが、これが95v程度になるという件ですが、逆算すると、プレート抵抗値は260KΩ程度ということで、300KΩと2MΩを並列にするとそういう結果が出てもおかしくないため、テスターの入力抵抗の影響の可能性があります。
実際、電圧測定では12AX7のプレート電圧が100V強で、電源が230Vですから、抵抗には120V~130V掛かっている計算になるためです。

①について確認したいのが、12AU7のGK間の-3.5Vの測定時と、22KΩ2Wのカソード側の電圧測定は、同じポイントを使っているのでしょうか。また、後者の測定の時は、間違いなく対GNDだったのでしょうか。お教えいただければ幸いです。

 

USB DAC+Bluetoothレシーバー Version4.0

 投稿者:mana  投稿日:2020年 9月21日(月)23時42分41秒
返信・引用
  ぺるけさん、みなさんこんばんわ。

現在、USB DAC+Bluetoothレシーバー Version4.0を作成しておりますが、すべて組み上がり各部の電圧を測ったところ添付の図のようになりました。
オリジナルからの変更点は定電流回路を2SC1815-GR+1S2076A+680Ωを使用している点になります。

電圧部は正常に見えますが、アンプ部の電圧が何故このようになるのか今の知識では理解できないためご助言頂ければ幸いに存じます。また、配線ミスがあるとしてどの辺が怪しいなどご教授賜りたく存じます。
特に、①12AU7のカソード電位は120V、12AX7の12AU7との直結部は103.2Vであるにもかかわらず、直接テスターでこの二つの部位の電位差(つまりバイアス)を測定すると3.4Vとなるのかがよくわかりません。
また②定電流回路により計算上0.735mAの電流が流れているため、300KΩの両端には110Vの電圧が生じるはずが、実際には95Vしか電位差が生じないことも理解できておりません。
もともとは680Ωではなく記事の中に書いてある通り560Ωを使用したのですが、そうすると12AX7のプレート電圧が86Vと妙に低くなり、抵抗の値を大きくしていくとプレート電圧も上がったため105Vになるように調整したところ680Ωとなりました。しかし、他の部分で大きく電圧がずれてしまいました。

ちなみにパソコンから1kHzの正弦波を出力すると1.8Vほどの出力が得られ、周波数特性は5Hzから20kHzまではフラットでした。ただ、歪率を測定すると1kHz、0dBで0.1%程の歪が見られ、オリジナルに比べて明らかに悪く、正常に動作していないのは明らかなようです。(あたりまえか)

http://www.op316.com/tubes/lpcd/dac-bt-v4.htm

 

Re:閑話休題

 投稿者:西村  投稿日:2020年 9月21日(月)11時27分47秒
返信・引用
  あれ?
元記事が削除されたのでなんだか私のだけが浮いちゃいました。
 

Re:閑話休題

 投稿者:西村  投稿日:2020年 9月21日(月)05時22分58秒
返信・引用
  > 4.7Ωの抵抗がどういう訳か23Ω
> 定格内で使った部品の故障は初めて

実は私もあります。
http://www.maroon.dti.ne.jp/yubeotsu/amp/amptri-we300b.jpgで、SRPP へのデカップリングの抵抗、20KΩ10W ホーロー抵抗が焼き切れたことがありました。回路から計算するとすぐにわかりますが、1W も消費していません。(焼き切れたとはいっても煙とかが出たわけでもなく、音楽が出なかっただけ。ホーローはコイルなので可能性はありますが…)

ほかに全く異常がないことを確認して、買うのは馬鹿らしいので手元にあった 5.6KΩ数本をを実測して使える値になりそうなことを確認して4本で代用して今に至っています。
 

Re: 必要なもの

 投稿者:kid  投稿日:2020年 9月20日(日)21時06分1秒
返信・引用
  > No.27895[元記事へ]

50年以上前はお金が無かったので、無線機もオーディオも自作しました。
ST管やトランスの穴開けに、祖父が残したハンドドリルで3ミリの穴を沢山開けて、ニッパーで切り取り、手に豆を作りながら鑢でゴシゴシ削り、開けたのを思い出しました。
暫くしてシャーシーパンチ、リーマー、ハンドニップラーが買えたので、随分楽になりました。
これらは今でも使っています。
シャーシーは厚いのは加工が難しいので、薄い物をアングル等で補強します。
10年くらい前にやっと、ぺるけ様のアンプに巡り合えて、とても幸せに思っています。
皆さんの様に立派な出来上がりでは有りませんが、こんな物でも作る楽しみ、音楽を聴く楽しみは十分味わえます。
本当に感謝しています。
 

第一作

 投稿者:宮沢  投稿日:2020年 9月20日(日)19時23分14秒
返信・引用
   初めて自作に取り組むとしたら、ワンサイズオーバーのケース(シャーシー)で作ってみては
いかがでしょう。かなり楽になると思います。
 

何故自作?

 投稿者:マイカ  投稿日:2020年 9月20日(日)13時14分27秒
返信・引用 編集済
   今の時代、わざわざアンプを自作する、等の行為自身を考えなければなりません、
電動ドリル一台買購入するお金があれば、amazonで安価(多分中華)なアンプを通販で購入すればよろしいでしょう。

 わざわざ自作を行う、そこには生みの楽しさ、喜び、ときめき、があるからでしょう、
自作には工具が必要で、穴あけ以前に、半田ごて、ペンチ、ニッパー、ドライバー、等となります、
出来上がった暁には、まずテースターに始まり、更に追求すれば専用測定器が必要となります。

 そして、それに伴う知識と技術が必要となります、作り出した創造品には良くも悪くも作者のセンスが現れます、
熱意を持って無からの始まりです、そして趣味ですから当然報酬はありません。

 自作にはこの様な道がまっております、
それでも自作を志す方は、それ等の工程をも楽しみと感じるからでしょう。

 >(左甚五郎も最初は初心者、最初から名人は居ません、匠は熱意と経験から生まれます)



 

穴あけ

 投稿者:fixer  投稿日:2020年 9月20日(日)08時18分5秒
返信・引用
  幼稚園児にいきなり大学受験を勧めるような書き込みが目立ちますが、
穴を開けた事が無いのに高価で大掛かりな道具を揃えたところで
穴あけは失敗しケースはボコボコ、道具も傷んだ上に自分は怪我をするのがせいぜい関の山です。
ハンドドリルとヤスリと時間があればどんな穴でも綺麗に開けられますが、最近のタカチのケースは厚いので
YMシリーズとかの安くて簡素なもので作ってみるのが良いかと思います。
10台も作っていくうちに上手に開けられるようになり、必要な道具もわかることでしょう。
ボール盤を使わせてくれるお店もありますが、指導者が居ないのなら止めたほうが良いと思います。
(まさか、いきなり3000円のケースを買って、失敗しないで穴が開けられると思っていませんよね?)
 

Re: 皆さん大げさ過ぎ

 投稿者:西村  投稿日:2020年 9月20日(日)05時52分50秒
返信・引用
  こういう道具を尋ねてくる ryo さんはこういった作業は皆無でしょうから安全性を考えました。

手作業にはどれだけの力加減ならビス穴を開けられるか、切りくずを勢いよく出さずに済む、自分の力加減だけなのでケガは少ない、などほかのメリットもありますからね。

あとは ryo さんの問題ですので、私はこの件から離れます。
ずいぶん長らくお騒がせしまして失礼いたしました。
 

Re: 皆さん大げさ過ぎ

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2020年 9月19日(土)20時43分25秒
返信・引用
  > No.27940[元記事へ]

リョービのcd1030はいいですよ1万ながらパワフルです。ac100v式ですけど、、
 

Re: 皆さん大げさ過ぎ 、かな?

 投稿者:マイカ  投稿日:2020年 9月19日(土)18時27分8秒
返信・引用 編集済
   今の時代、ハンドドリルはないでしょう。

 電動ドリルは出来れば、大型のボール盤が望ましいです、質量があります、
趣味が長く続きそうなら、最初は高価と思っても安物は避けましょう、
ボール盤があると俄然穴あけの制度(直角が正確)が向上します、
それに伴ってバイスも二種類位欲しいですね、噛みこんでも回される事はありません。

 やがてドリルの種類やらホールソーの刃物類も増えてきます、
ドリルは自分で研ぐべきで、両口グラインダーが必要となります、
熟練の職人さんを見学するのも勉強になります、私は機械設計は匠の見学で習得いたしました。

 相当工具は揃っておりますが、現在は外注にお願いしております。

(もの造りの熱意とSENSE、重要と心得ます)


 

Re: 皆さん大げさ過ぎ

 投稿者:菊地  投稿日:2020年 9月19日(土)17時49分36秒
返信・引用
  というか、今は電動でも価格的に違わないのです。

ハンドドリルも小型では金属加工に苦労するので、ある程度の大きさだと・・
https://store.shopping.yahoo.co.jp/greenpepe/20191130114851-00954.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

電動でも屋内用という事でAC電源式なら、こんな価格です。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kabekake-shop/ordddr120.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

金属加工の為に新規購入するのなら、今さらハンドドリルを選ぶ事はないと思いますね。

 

Re: 皆さん大げさ過ぎ

 投稿者:マイペース  投稿日:2020年 9月19日(土)17時10分23秒
返信・引用
  > No.27938[元記事へ]

西村さんへのお返事です。

> とありますし。この画像にある電源SW はどんなものかわかりませんが、別のものにすればいいだけ。ほかは3か所の丸穴開けだけですからね。タカチ製HEN110420ってどんな厚みか知りませんけど。

電気ドリルは必須です。大げさではありませんよ。

このシャーシでいくつもアンプを作っていますが、天板と底版がアルミ押し出し材のしっかりしたものです。材質はA6063Sでアルマイト処理をしてあります。厚みが3ミリ弱(2.7ミリ)ありハンドドリルでは手に豆ができます(笑

 

皆さん大げさ過ぎ

 投稿者:西村  投稿日:2020年 9月19日(土)12時35分50秒
返信・引用
  最初はハンドドリルとテーパーリーマー程度で間に合うんじゃないでしょうか。

ryo さんは
> 最初はぺるけさんのヘッドホンアンプの中からどれか

とありますし。この画像にある電源SW はどんなものかわかりませんが、別のものにすればいいだけ。ほかは3か所の丸穴開けだけですからね。タカチ製HEN110420ってどんな厚みか知りませんけど。

http://www.op316.com/tubes/tips/k-hole1.htmの最初にハンドドリルがあって「やりくりすればハンドドリルでも立派にアンプは作れます。 」
 

Re: 必要なもの

 投稿者:kimux  投稿日:2020年 9月19日(土)09時36分20秒
返信・引用
  > No.27935[元記事へ]

回転工具に軍手は禁止!なんですね。勉強になります。

klmnjiさんへのお返事です。

> 回転する電動工具を扱う際、手が巻き込まれる恐れがあるので【軍手】は大変危険です。
> 基本は素手でやるか、革手袋の様に巻き込まれない物を使用してください。
> 職場によっては、革手袋も禁止されています。
 

Re: 必要なもの

 投稿者:セクスィー平社員  投稿日:2020年 9月19日(土)06時44分43秒
返信・引用 編集済
  1つだけ、工作をする場合に真っ先に是非とも入手していただきたいものがありました。
保護メガネです。いつもの眼鏡の上から装着できるものも売られています。
ホームセンターで容易に入手できます。
眼球は火傷や外傷の際に他の部位よりも致命的です。
保護メガネ装着が義務化されている製造現場は少なくないです。
私は庭仕事の際にも装着しています。
工具を選択する際に安全に作業できるか?も考慮していただけたらと思います。
半袖ではなく長袖で肌の露出を最小限にする、ダブダブな服は避けるなど、ケガしないことを最優先に工作を楽しんでいただけたらと思います。
 

Re: 必要なもの

 投稿者:klmnji  投稿日:2020年 9月19日(土)02時32分0秒
返信・引用
  回転する電動工具を扱う際、手が巻き込まれる恐れがあるので【軍手】は大変危険です。
基本は素手でやるか、革手袋の様に巻き込まれない物を使用してください。
職場によっては、革手袋も禁止されています。
 

Re: 必要なもの

 投稿者:ryo  投稿日:2020年 9月18日(金)23時56分24秒
返信・引用
  たくさんのご意見をいただきありがとうございます。
まだ右も左もわからない私の大雑把な質問に対して、皆様の実際の経験に基づくご意見をいただけて大変参考になりました。

皆様のご意見を拝見する中で、作成する際の道具は個々人で使っているものに差異があって、それらは実際に作成する中で「このようなものが欲しい」と思ったときに揃えていくのがベストなのだと感じました。
しかし、ある用途に対して、どのような道具が存在するのか知らなければ購入することもできないので、
このように皆様が実際に使用していて必要になったものや便利だと思ったものというのは、私がこれから先作成するにあたり大変貴重な知識になると思います。

近日中に道具やパーツをそろえて実際に作成を始める予定ですが、この先の大まかな指針を立てることができました。
ここまで皆様のご意見をいただき、本当にありがとうございました。

おそらく作成していく中で、また皆様にお聞きしたいことが出てくるかと思いますので、もしお時間がございましたら、その際にはまたよろしくお願いいたします。
 

Re: 必要なもの

 投稿者:kimux  投稿日:2020年 9月18日(金)22時31分29秒
返信・引用 編集済
  > No.27920[元記事へ]

台やバイス(万力)でシャーシを固定しないで、手で押さえただけでハンド電気ドリルで大きめの穴をあけようとすると、ぐわんとシャーシが回転して、思わぬ怪我をすることがあります(自戒を込めて)。

・なにかしらの方法でシャーシを固定する
・軍手は巻き込みの危険があるので絶対使わない!(←ご指摘を受け、修正しました)
・ドリルの刃に「切削油」をつける
・いきなり大きい穴をあけようとしないで、最初は小さい穴をあけ、段階を経て大きくしてゆく
 

Re: 必要なもの

 投稿者:セクスィー平社員  投稿日:2020年 9月18日(金)22時14分44秒
返信・引用 編集済
  盛り上がっているところ、すみません。
本質的な部分でアンプ製作と料理は同じだと思っています。
完成後に食えるか?食えないか?の差だけです。
料理の場合、何を作るか?何人分作るか?で道具が変わります。
アンプ製作も同じだと思うのです。
作りたいアンプの工程を子細にノートに書き出して、その工程に必要な道具を買うしかないのでは?
簡単に答えが出る問題ではないと思います。
身も蓋もない書き込みで申し訳ありません。
 

/827