<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: MCヘッドアンプ製作

 投稿者:トンボ@横浜  投稿日:2021年 6月11日(金)08時27分35秒
返信・引用
  > No.28356[元記事へ]

なすび@河村 様
お返事ありがとうございます

>同じような動作電圧の関係です。
>改善点等は分かりませんが音がちゃんと出ていればいいかと

ありがとうございます、とりあえず楽しみながら聴いてみます ^^。

>>疑問が湧いたら追及して、調べて、考えてみるのもいいのかもしれないです。

そうですね、似非電子技術者の惚け防止&余生の楽しみのタネとして
勉強?を楽しく続けられる事をありがたく思っています
(*歪率はかってみたいなぁ)
 

Re: GNDについて

 投稿者:やまぐち  投稿日:2021年 6月11日(金)08時00分5秒
返信・引用
  > No.28357[元記事へ]

冷たいアイスさんへのお返事です。

「-325Vの電圧は5Y3のプレートに掛かり、電流は流れない」が答えです。

センタータップを中心に±のAC電圧が上下のコイルに対称に現れるため、センタータップはその中心の0Vであり続ける、と考えると解りやすいと思います。上側コイルに+325Vが現れている瞬間は下側コイルに-325Vが現れていますので、-325Vの行き先は5Y3の反対側のプレートということになります。5Y3はダイオードなので、プレートにマイナス電圧が掛かっても電流は流れずに、ただ電圧が掛かっているだけとなります。

動画リンクありがとうございます。-325Vのリプルを持った直流電流がGNDに流れていくよ、とデタラメな説明をしていました。。。


厳密にいうと、センタータップを0Vと決め置いてソコを基準に見ているので、何処にどのように電流が流れてもセンタータップ=GNDは0Vとなるのですが、説明が下手なので、うまく伝えられません。
 

GNDについて

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2021年 6月11日(金)06時18分53秒
返信・引用
  ぺるけさんVTさん返信ありがとうございます。
https://youtu.be/x5SSKX74DKg
動画のリンクを貼っておきます、もしお時間があったら見てみてください(実はこの動画は海外の方が出されたものなので全て英語です、、すいません)
それでVTさんが仰ってた、センタータップに電圧は現れないというところで疑問に思ったのですがカットされた-325VACはどこに行くのでしょうか?
 

Re: MCヘッドアンプ製作

 投稿者:なすび@河村  投稿日:2021年 6月10日(木)22時15分23秒
返信・引用
  > No.28355[元記事へ]

こんばんは、なすび@河村です。

初段のトランジスタはちゃんと動作しているみたいなので大丈夫じゃないかと思います。
最近、自分が作ったのは全然違う回路で一段反転増幅のヘッドフォンアンプですが(^^;
同じような動作電圧の関係です。
改善点等は分かりませんが音がちゃんと出ていればいいかと
疑問が湧いたら追及して、調べて、考えてみるのもいいのかもしれないです。
ぺるけさんの設計マニュアル等々見たり、他の方の本を読んだりetc.
自分はその繰り返しで悩むのを楽しんでいます。
造ったアンプで音楽を聴きながら←これ大事かとw

トンボ@横浜さんへのお返事です。

> 無事動作しているようです。 MCヘッド・アンプ回路の各部の電圧は添付画像の赤字です。
 

MCヘッドアンプ製作

 投稿者:トンボ@横浜  投稿日:2021年 6月 9日(水)17時18分10秒
返信・引用
  手持ちのTr(A992,C1845)でMCヘッド・アンプを作成しました

部品頒布していただいたときにペルケさんから”上記Trペアでどうか興味あり”との
コメントを頂き、完成時には報告をと返信差し上げましたが、
ようやく トランジスタ式PHONOイコライザ AC100Vバージョン作成&MCヘッド・アンプ組み込み
が完了しました。 PHONO_EQ,MCヘッド・アンプともに各部電圧誤差範囲?と思われ
無事動作しているようです。 MCヘッド・アンプ回路の各部の電圧は添付画像の赤字です。
これ以上の回路定数の詰めは 回路の設計、実装、解説の記事を読めば?
自分にはあきらかに無理なので下記数値で おかしな所、改善点等あればお教えいただければ
幸いです。

音の評価は10KHzまでも聞こえなくなった老耳では信用できませんが(^^)
DL103~イコライザセット~トランジスタ式ミニワッターPart5 19V版~スピーカSL6S(13畳洋間)
で十分豊かな音楽を楽しめています。 とりあえずご報告と感謝まで。
 

Re: GNDについて

 投稿者:やまぐち  投稿日:2021年 6月 8日(火)00時49分30秒
返信・引用
  > No.28351[元記事へ]

冷たいアイスさんへのお返事です。

ご質問の要旨は、GNDとシャーシを同時に触っても感電しないか、ということでしょうか。GNDが1点でシャーシにしっかりと接続されているのであれば、感電の心配はありません。

また、たとえGNDが2点以上でシャーシに接続されていて電流のパスがあったとしても、GNDとシャーシがしっかりと接続されていて、GND配線にハンダ不良などがなければ、感電の心配はありません。この場合、ポイントはGNDの配線とシャーシは殆ど抵抗が0Ωであるということです。抵抗が0Ωということは、電流が流れても電圧が発生しません(オームの法則です)。



件の動画がどこに在るのか分からないので、どのように解説されているのかも判りませんが・・・この図で誤解のモトとなっているのは、トランスの出力に描かれているそれぞれの正弦波の真ん中に直線を引いている事でしょう。
 

Re. GNDについて

 投稿者:VT  投稿日:2021年 6月 7日(月)22時21分30秒
返信・引用 編集済
  冷たいアイスさん、こんばんは。

確かに5Y3の2つのプレート間には650Vが掛かっていますが……。

トランスのセンタータップから見ると、そもそも5Y3の2つのプレートにはそれぞれ325Vしかかかっていません。で、その電圧を5Y3のヒーター側から取り出しているのです。
従ってセンタータップに-325Vが生じるということがそもそもあり得ません。

例えば、あなたの家から東と西に325Kmづつ離れた点があります(これが5Y3の2つのプレートの電圧に当たります)。確かにこの2つの点の間は650kmあります(なので、2つのプレート間には650Vが掛かっています)。で、整流出力はこの325kmという情報を取り出しただけなのです。
この時に、あなたの家の位置が動き回り、その点からの距離が650kmになったりすると思いますか?
あまり良い例えではないかもしれませんが、GNDに繋いだセンターに-325Vが生じるというのは、この話で言えばあなたの家が動くと言っているのと同じことなのです。

ということで、でたらめな動画で、そもそも-325Vが発生しません。
 

でたらめな

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2021年 6月 7日(月)18時47分25秒
返信・引用
  動画です。  

GNDについて

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2021年 6月 7日(月)05時12分43秒
返信・引用
  VTさんぺるけさん返信ありがとうございます。
動画内のスクリーンショットを載せておきます、それでもし何らかの形で体の一部がGNDに触れていてかつそのシャーシに触ったら体に325vが流れてしまうということでしょうか?
 

Re: GNDについて

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2021年 6月 5日(土)05時54分26秒
返信・引用 編集済
  > No.28341[元記事へ]

冷たいアイスさんへのお返事です。

> 真空管アンプの解説動画にて電源トランスのセンタータップをGNDに繋いでダイオードによってカットされた-325VACをすべて流して直流を作るを合ったのですがそんなことしたらシャーシに手が触れたら感電してしまうのではないのでしょうか?
> ましてや高電圧なので大丈夫なのかと思いました。
> それともそのAC電流はアースに流れるのでしょうか?

15000Vの送電線に止まった鳥が感電しないのは何故か。
 

Re.GNDについて

 投稿者:VT  投稿日:2021年 6月 4日(金)07時35分25秒
返信・引用
  冷たいアイス さん、おはようございます。

その動画を見たわけではありませんので「電源トランスのセンタータップをGNDに繋いでダイオードによってカットされた-325VACをすべて流して直流を作る」の正確なところはわからないのですが。

そもそも真空管アンプ用の電源トランスの巻き線そのものは、トランスのコアなどからは絶縁されていますし、センタータップがGNDと同電位であることを求められてはいませんし、それだけで感電することもありません。というか、本来はGNDに接続したらそこが0Vのはずですので、負電位が生じるのは別なところだと思いますが。

いずれにしろ感電するのはあくまで「電圧が異なる2点間」に触れた時であって、トランスのセンタータップの電位や、そこから負電圧を造り出していることなどと感電するかは直接は関係ありません。
 

Re: ケースについて

 投稿者:なすび@河村  投稿日:2021年 6月 3日(木)21時22分16秒
返信・引用
  > No.28339[元記事へ]

klmnjiさん。
なすび@河村です。

CHシリーズのケース見てみました。しかし、少々お値段が(^^;
今の私の財力では厳しいので、なぜCHシリーズがいいかと考えた時、
バラせれば加工がしやすいからだと気づきました。
いっそのこと板から組んでみるかと検討始めています。
アルミ板と角パイプとアングル、パンチングメタルあたりです。
DACの取付方法と延長ケーブル、LPFの実装案は真似させていただきます。
とりあえずお礼とご報告までに。

まだまだダイヤモンドバッファの熱安定度の追求と増幅段との最短での結合、
電源のコンデンサ容量や入力部の設計など解決したい課題があります。
ぺるけさんの平衛プロジェクトの読み返しと検討、実装への反映等々

添付の画像の感じでとりあえずすすめて楽しもうと思います。
貴重なアイデアありがとうございました。

> klmnjiさんありがとうございます。
>
> きれいに作られていますね~、信号の流れが見えてきそうです。
> CHシリーズも見てみます。
 

Re: 平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターのノイズ

 投稿者:katc  投稿日:2021年 6月 3日(木)18時42分27秒
返信・引用
  Y@札幌さんへのお返事です。

> 自己解決おめでとうございます。ノイズがなくなりよかったですね。

ありがとうございます。自己解決なんてとんでもです、Y@札幌さんのおかげです。

> このアンプはとても素晴らしい音がすると思います。何よりも製作記事を公開してくれたぺるけさんに感謝です。

本当にぺるけさんやいつもアドバイスいただけるみなさんに感謝です。
 

Re: 平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターのノイズ(補足)

 投稿者:Y@札幌  投稿日:2021年 6月 3日(木)11時20分10秒
返信・引用
  > No.28345[元記事へ]

katcさんへのお返事です。

> 今、アース母線に繋いでみたらノイズはきれいになくなりました。
自己解決おめでとうございます。ノイズがなくなりよかったですね。

ノイトリックのコンボコネクタのフォーンジャック回路は3種類あり、ちょっと複雑なので注意が必要ですね。G端子はすべて単独となっています。
私はTRSでの接続はするつもりがなかったのでNC3FD-LX-Bを使用しました。

このアンプはとても素晴らしい音がすると思います。何よりも製作記事を公開してくれたぺるけさんに感謝です。
 

Re: 平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターのノイズ(補足)

 投稿者:katc  投稿日:2021年 6月 2日(水)23時41分17秒
返信・引用 編集済
  > No.28344[元記事へ]

Y@札幌さんへのお返事です。

> このコネクタのGピン(アース母線には繋がっている)は、取り付けたときにシャシーに落ちるだけの構造です。

Y@札幌さん、ご回答ありがとうございます。
ご指摘のとおり1番ピンとSピンはアース母線に繋がっていませんでした。
このコネクタを使うのは初めてで、Gピンを母線に繋いでいるのだからいいだろうと思い込んでしまっていたようです。散々確認したつもりでしたのに・・・。

今、アース母線に繋いでみたらノイズはきれいになくなりました。
Y@札幌さん、本当にありがとうございました。助かりました。

ノイズの無くなったこのアンプはなんとも言えない素晴らしい音でなっています。
この場を借りまして、ぺるけ先生にもお礼申し上げます。ありがとうございました。
 

Re: 平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターのノイズ(補足)

 投稿者:Y@札幌  投稿日:2021年 6月 2日(水)22時51分26秒
返信・引用 編集済
  > No.28343[元記事へ]

katcさんへのお返事です。

katcさん、こんばんは。
確認なのですが、入力のノイトリックコネクタの1番ピンとSピンはグランド(アース母線など)に繋がっていますでしょうか。
画像では1番ピンとSピンに渡りがあるだけに見えます。そうするとアースが浮いた状態となりノイズがでる可能性があります。
このコネクタのGピン(アース母線には繋がっている)は、取り付けたときにシャシーに落ちるだけの構造です。
 

平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターのノイズ(補足)

 投稿者:katc  投稿日:2021年 6月 2日(水)20時20分37秒
返信・引用
  平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターの配線状況画像です。
よろしくお願いします。
 

平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターのノイズについて

 投稿者:katc  投稿日:2021年 6月 2日(水)18時55分23秒
返信・引用 編集済
   みなさんこんにちは、katcと申します。(まだまだ初心者です)
平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッターについて、下記アドバイスのほどよろしくお願いします。

・平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッター
 シャーシ・基本回路・入出力等ほぼ、ぺるけさんの作例どおり(カスコード化)

・電源投入後しばらく(十数秒)すると、ブー(ジー?)というようなノイズが発生します。
 (ノイズを録音してみたところ60Hzのようです。)

 入力機器をつなぐとノイズ発生。(入力機器を接続しないとノイズなし)
 ノイズは左右ともに発生しています。

 ボリュームを上げるとノイズは大きくなりますが、ボリューム最小位置では(ヘッドホンで聞こえないくらいに)小さくなります。
 中間あたりも、やや小さくなります。
 (ヒーターのアースは5pinからとっています。)

・ちなみに各部の電圧は下記です。
(177~182V):189V
V+:32.4V
V-:-4.5V
(21.5V):L=21.5V,R=21.2V
(16.5V):L=16.7V,R=16.3V
(0.3~0.6V):L=0.30V,R=0.29V
(16.5V):L=16.6V,R=16.2V
(5.7V):5.5V

・あれこれ確認していますが解決できずにおります。どうぞよろしくお願いします。
 

GNDについて

 投稿者:冷たいアイス  投稿日:2021年 6月 2日(水)15時38分10秒
返信・引用
  真空管アンプの解説動画にて電源トランスのセンタータップをGNDに繋いでダイオードによってカットされた-325VACをすべて流して直流を作るを合ったのですがそんなことしたらシャーシに手が触れたら感電してしまうのではないのでしょうか?
ましてや高電圧なので大丈夫なのかと思いました。
それともそのAC電流はアースに流れるのでしょうか?
 

FET差動ヘッドフォンアンプの平滑コンデンサ容量

 投稿者:なすび@河村  投稿日:2021年 6月 1日(火)21時59分48秒
返信・引用 編集済
  低域のクロストークについてだいたい何十Hzぐらいで折り合いをつけているのでしょうか?

自分は、増幅回路のポールの考え方として1:10の比率ってのが刷り込まれていますが、
電源回路までは真面目に考えたことがありませんでした。
ch毎に抵抗で切る方法だとその辺が気になりだしLtspiceを使って、片chを動かさない
でもう一方に低周波の信号を入れた時に、抜けてくる変動の大きさにびっくりしました。
今使っているアンプは、入力のポールを0.3Hz、出力4Hz、電源を40Hz。
許容できる電圧降下で分離抵抗値を決め、実装できるコンデンサ容量の結果です。

簡単な対策として、要所要所定電流回路で縛ってやればと思い設計しましたが大がかり
になり過ぎて(^^;(ダイヤモンドバッファの初段エミフォロとか)
これはこれで出力段の動作点の見かけ上の固定はできますが、Vbeの変動を考えると実装
上の複雑さ等々メリットが薄い気がしました。

ぺるけさんの定数だとシングルとBTLでは抵抗値を変えているのでそれが答えかなとも思
っています。(回路構成で変わる)
 

/846