投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


FET式・・・平衡型差動プリアンプ Version2 通電チェック時のトラブルについて

 投稿者:mizu  投稿日:2019年 4月13日(土)15時52分56秒
 
先日は部品をお分けいただきありがとうございます。
早速、頂いた部品を使ってFET式・・・平衡型差動プリアンプ Version2を製作しましたが、
配線チェックを済ませ、通電チェックに移ったところ、R-chのラインアンプ部の電圧に異常が出てしまいました。
各部の電圧は以下の通りです(回路図にも記入しました)。
 
V+:16.97 V
V-:-5.23 V
 
出力段エミッタフォロワ2SC1815-GRコレクタ電圧
R-ch:16.25 V
L-ch:16.48 V
 
出力段エミッタフォロワ2SC1815-GRベース電圧
(初段差動回路2SK170-GRドレイン電圧)
R-ch (HOT):3.86 V
R-ch (COLD):14.93 V
L-ch (HOT):7.71 V
L-ch (COLD):7.71 V
 
エミッタ抵抗22Ωのライントランス側の電圧
R-ch (HOT):12.10 V
R-ch (COLD):13.21 V
L-ch (HOT):6.68 V
L-ch (COLD):6.67 V
 
また、L-chについては、10ΩVRを回すことでDCバランスを調整できましたが、
R-chのDCバランスを調整する際にエミッタ抵抗22Ωの2SC1815-GR側にテスター棒を当てると
HOT側を正として-2.148 Vの電圧がかかっていました。
この電圧値は、10ΩVRを回しても変化しませんでした。
 
回路構成はぺるけ様設計の通りのもので、
定電流回路にはお分けいただいた、IDSSが2.97 mA±3%の2SK30A-GRを、
ライントランスにはTD-1を用いています。
 
R-chではHOTとCOLDで電圧の値が対称でないこと、DCバランスの調整が機能しないことから、
初段差動回路がうまく動作していないのではないかと考えています。
R-chの初段差動回路HOT側の2SK170-GRは、配線ミスのため一度配線し直しているので、
その際に加えた熱で故障させてしまっていた可能性を疑っています。
(今から思えば、正常に動作することを確認してから配線し直すべきでした。)
 
また、R-chの出力段エミッタフォロワHOT側の2SC1815-GRエミッタ・ベース間には、
通電時に絶対最大定格の5Vを超える電圧がかかっているため、
こちらも通電時に故障させてしまったのではないかと疑っております。
 
このように考えてみたのですが、いかがでしょうか。
お知恵を拝借できましたら幸いです。
 

RE: Bluetooth基板Type2出力について

 投稿者:シブ23  投稿日:2019年 4月12日(金)22時13分7秒
  ぺるけさん、ごろうさん アドバイスありがとうございます。
タクトスイッチでVOL+/NEXTをCOMと一瞬つないでやると音量を上げることができました。LCフィルターVersion1に改造 0dB PCの音量100%で0.3Vから1.06Vまであがりました。音量はこの程度で良いので助かりました。PCからとスマホから送った場合との比較確認は、私のスマホFUJITSU RM02はこの基盤と相性が悪いのか音切れが発生して音楽を聴くのはダメでした。PCのUSBに差し込むタイプをアマゾンで購入、最新版 自動接続タイプの物は安定して接続できています。 
 

RE: Bluetooth基板Type2出力について

 投稿者:ごろう  投稿日:2019年 4月12日(金)21時02分48秒
  実機で確かめたわけではないのですが、PP、VOL-/PRE、VOL+/NEXTの端子についてだけ、たぶんこうだろうということを書き込みます。

PP、VOL-/PRE、VOL+/NEXTの3つは8.2kΩのチップ抵抗を経由して、Bluetoothモジュールの2、3、4ピンに接続され、更にCSRA64215につながっていますが、CSRA64215内部でプルアップされています(通常、電圧はHiになっている)。COM端子との間でテスターで調べるとプラスの電圧が確認できると思います。
タクトスイッチなどでVOL+/NEXTをCOMと一瞬つないでやると(電圧はLoになる)、音量が上がります。しばらくつないでやると(長押し)、次のトラックに進みます。
PPはPLAYとPAUSEの略だと思います(トグル動作)。長押しするとペアリングになる場合もあります。
PP、PRE、NEXTはAVRCPの制御でしょうが、VOL-、VOL+はAVRCPではないかも知れません。

ということで、VOL+/NEXTとCOMの端子を導線などで一瞬つないでやれば、音量を上げられると思います。
 

RE: Bluetooth基板Type2出力について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月12日(金)17時27分5秒
  NE5532の入力(+と-の間)を測定してみれば、問題箇所がそこより前なのかそこより後ろなのか判定できますね。
あと、PCからとスマホから送った場合との比較確認は必須でしょう。
私の場合は、PCからこのBluetoothボードへの送信はことごとく失敗しています。
 

RE: Bluetooth基板Type2出力について

 投稿者:シブ23  投稿日:2019年 4月12日(金)15時03分50秒
  ぺるけさん 返答ありがとうございます。
抵抗は再度確認しましたが20kΩです。PC再生の音量は、Windows側と再生ソフト側の両方ともmaxです。改造前に戻してLCフィルターもなしで0.9Vrmsぐらい。参考まで、同じ条件でUSB DAC PCM2704からだけの出力は0.6Vrmsぐらいです。
 

RE: Bluetooth基板Type2出力について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月12日(金)11時43分14秒
編集済
  Bluetooth基板についているVOL端子に触れたことはないので、どうなるかは私はわかりません。
単なるAVRCPの制御ではないかと思いますが、それだったらすべてPC側の設定で決まります。確証はありません。
そこをいじる前に、やることや確認することはまだあるように思います。
20kΩではなく2kΩがついていたら0dBFSで0.3Vくらいになります。PC再生の音量は、Windows側と再生ソフト側の二ヶ所で制御されますが、両方ともmaxなんでしょうか。



 

Bluetooth基板Type2出力について 

 投稿者:シブ23  投稿日:2019年 4月12日(金)11時02分2秒
  Bluetooth基板買いました。47kΩでType2でした。LCフィルターVersion1に改造しPCのUSBに差し込むタイプのBluetooth4.2トランスミッター使用し,PCソフトの WaveGeneから1KH 0dB、PCの音量100%で送信したら 0.3Vrms程度の出力でした。かなり低い。未改造で0.9Vrmsぐらいでした。USB DAC PCM2704の出力を計測0.6Vrms程度に比べて低く音量が取れない。 基板の裏を見るとVOL+ VOL-の端子がありますが ここを使って調整できるのでしょうか?知っている人がいましたらアドバイスお願いします。  

私のミスですから、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月12日(金)10時56分32秒
  すべてこちら持ちです。


 

RE:平衡型EL34全段差動プッシュプル・モニター・アンプの出力管のプレート電流について

 投稿者:carrera  投稿日:2019年 4月12日(金)02時19分17秒
  深夜であるにもかかわらず、素早い返答ありがとうございます。
自作アンプを作るようになってまだ1,2年ですが、トラブルを経験して初めて必死に計算したり、
部品のことを調べたり、解説を何回も読み直したりで、やっと身に付くのだなと実感しました。
後で部品の頒布のメールをお送りします。
改めて、感謝いたします。
 

RE:平衡型EL34全段差動プッシュプル・モニター・アンプの出力管のプレート電流について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月12日(金)01時03分53秒
編集済
  HZ6-C2の表記は「上6、下C2」
HZ16-2の表記は「上16、下2」

です。
どうやら間違ったものをお送りしてしまったようです。
私のミスだと思います。
すいません。
メールにて送付先をお知らせください。

 

平衡型EL34全段差動プッシュプル・モニター・アンプの出力管のプレート電流について

 投稿者:carrera  投稿日:2019年 4月12日(金)00時18分44秒
  夜分に失礼します。
そして、部品の頒布などでいつも大変お世話になっております。
平衡型EL34全段差動プッシュプル・モニター・アンプ(3段構成)の出力管のプレート電流のトラブルについてヘルプをお願いします。

アンプが完成し、出力管のプレート電流を測定したところ、カソード直後の4.7Ωの両端の電圧が設計値の282mV前後のところ515mVありました。
計算すると、515mV/4.7Ω=109mAで設計値の約60mAをかなり超えています。
(VRはセンターで反対側の4.7Ωも500mVくらいです)
各部電圧を測定したところ、初段周りは回路図の電圧値とほぼ同じ、ドライバー段と出力段の定電流回路以外の出力段周りは約5%前後低いくらいで問題ありそうにありません。

しかし、出力段の定電流回路の電圧が、回路図の電圧値とかなり違います。
(定電流回路はディスクリートタイプです)
出力管カソード直後の4.7Ωの後~アース間 21V
2SD2531のコレクタ~アース間 11V
2SD2531のベース~アース間 10V
2SD2531のエミッタ~アース間 9.3V でした。

半田不良、配線ミス、実装ミス、抵抗値の間違えなどいろいろ疑いましたが、自分ではミスが見つかりそうもありません。
しかし、自分なりに考え、2SD2531のベースに6Vのツェナダイオードが付いているにもかかわらず、
10Vを示しているのでツェナダイオード疑いの印字を見たところ上段16、下段2と示していました。
ZDのデータシートを見ましたが数字の内容は分かりませんでしたが、電源部のツェナダイオードは上段20、下段2と印字されており、型番を見るとHZ20-2となっており、型番の数字と印字の数字と一致しているので、上段16、下段2と印字されているのツェナダイオードはHZ6-C2ではなくHZ16-2ではないかと愚考してしまうのですがどうでしょう?(間違っていたら大変申し訳ない)

以上で、長文で申し訳ありませんが、プレート電流のトラブルについてヘルプをお願いします。
 

RE:Bluetoothレシーバーボード買ってみました

 投稿者:やまぐち  投稿日:2019年 4月11日(木)20時07分31秒
  ぺるけさん、ありがとうございます。
そうですね、1μF+8.2kがおおきいですね。取り敢えず手元にあった1μFを元々の1μFにおんぶして2μFとして測ってみようと思います。見た目は悪いですが。

外してしまった部品はこれから付け直します。。。
 

RE:Bluetoothレシーバーボード買ってみました

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月11日(木)17時01分59秒
編集済
  1μF+8.2kΩの存在はわかっていましたが、どうつながっているか調べきれずにいました。
なるほどー、そうなっていましたか。
情報ありがとうございます。
低域の落ち込みは上側の1μF+8.2kΩだと思いますけど。
下側はもっと低い周波数ですし。

 

Bluetoothレシーバーボード買ってみました

 投稿者:やまぐち  投稿日:2019年 4月11日(木)12時51分1秒
  私もBluetoothレシーバーボードを購入してみて(Type2でした)さっそく定数を弄ろうと思いましたが、BluetoothモジュールからBTLで出力された信号がどうなっているのか?など気になってしまい、基板を解析してアナログ部分の完全な回路図をおこしてみました。表面実装のコンデンサも取り外してLCRにかけました。

オペアンプ部の利得は-4倍、カットオフ41.3kHzのLPFとなっているようです。

まだちゃんと測っていませんが、低域側の落ち込みは、4.5V仮想接地のインピーダンスが高そうなあたり怪しい気がします。
 

RE:差動PPの独立定電流回路について

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2019年 4月10日(水)20時37分44秒
  早速ご教示頂きありがとうございます。
DCバランスのメンテナンスフリー化回路を試してみたいと思います。

 

RE:差動PPの独立定電流回路について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月10日(水)19時39分57秒
編集済
  まず、ご質問への回答。
直流で考えたらそのとおりですが、両カソードはコンデンサで交流的にショートしていますから、プッシュプルの2管のプレート電流の変化は互いに増減します。
オーディオ回路は、信号がない時は直流で考えコンデンサは電流を遮断するものと考え、信号を増幅す作用では交流で考えコンデンサはショートしたものとして考えます。


12B4Aは、内部抵抗が極端に低くgmが高い球なので、ちょっとしたバイアスの変化や温度の影響などで容易にプレート電流が変化安定しない球です。
このような場合は、この方式がいいと思います。
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-2rc.htm

あの本を書いた当時は、独立定電流方式もアリかなと思いましたが、やってみたところ差動PPの音響的メリットがかなり失われてしまいました。
 

差動PPの独立定電流回路について

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2019年 4月10日(水)17時27分8秒
編集済
  初歩的な質問で申し訳ありませんが。
差動PP出力回路に入れる定電流回路で、共通定電流回路の場合「一方の球のプレート
電流の増加・減少=もう一方の球のプレート電流の減少・増加」は理解できるのです
が、独立定電流回路の場合にはそれぞれの球のプレート電流は動作基点電流に固定さ
れているので『増加・減少』しないのではないかと考えてしまい、そこから思考回路
が働かず脱出できないでおります。入手した12B4Aが、共通定電流では落ち着いてく
れないので、活かしてやりたいと思い投稿しました。よろしくお願いします。
 

Bluetoothレシーバーボード

 投稿者:YASU  投稿日:2019年 4月10日(水)12時06分59秒
編集済
  Bluetoothレシーバーの音の良さに、Ver2でも作ろうかと、とりあえずボードを
確保しました。

http://yasu-audio.com

 

Bluetoothレシーバー

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月 8日(月)21時11分26秒
編集済
  ムスメのところではiPadのヘッドホン出力と6N6P差動ミニワッターをつないで使っているので、BluetoothレシーバーV2を持って行ってやったらとても好評でした。
iPadだけでなくiPhoneも使えるし、何といっても「ヒモ」がないのがいいみたいです。
この手軽さ&便利さは日常の家庭BGMに合っているように思います。
というか、この快適さははまりますね。

ところで、まだはっきりとしたわけではありませんが、Type2と呼んでいるものにも微妙な違いがあるかもしれません。
歪み率を測定したら、記事で公開したよりも低ノイズのデータを出した個体があります。
ただ、使用するACアダプタによってノイズの量はかなりばらつくのと、同じACアダプタでも動作の状態によって出すノイズが変わって一定ではないのでそのせいかもしれません。

 

RE:ブースト・スイッチ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 4月 8日(月)18時03分57秒
  そういうミスはどなたもよくやると思います。

 

/770