<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:まさみち  投稿日:2020年 9月 9日(水)14時55分40秒
返信・引用
  PCやらスマホのMic input端子にはいろいろ規格があるようで+5Vバイアスが入力端子に出ている場合もあるし
+2.5Vでバイアスされてる場合もあるようです。
うちのPC(NEC mate)でもマイク入力をテスターで測ってみると+4.8V程度の電圧が出ているのを確認しました。
ヘッドセットのマイクの電源をマイク入力端子から供給してるという仕組みのようです。
下記リンクを参照してください。

https://www.rigacci.org/wiki/doku.php/doc/appunti/linux/audio/audio_recording

PCの場合の「ハイインピーダンス入力」といっても600Ωより高いという意味で、せいぜい10kΩ程度ですので
このアンプの測定にはPCの入力端子直結ではなくて低歪のバッファーアンプをかませないと正確な測定は無理なのでは?
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 9日(水)06時45分43秒
返信・引用
  > No.27888[元記事へ]

まさみちさんへ(一つ書き忘れました)

> 100kΩ~50kΩ程度のボリューム受けを想定してるのかと思いますので
> なんらかのバッファアンプが必要になるのでは?

はい。

測定器側のPC端子はハイインピーダンス受けになっていますので
最終的にはボリューム受けした状態で測定しよう、と考えています。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 9日(水)06時42分2秒
返信・引用
  > No.27888[元記事へ]

まさみちさんへ

> iPhoneで歪率の測定してるそうですがどういう構成なんでしょうか?

測定環境は以下の構成です。

信号の発信源
 iPhoneのLightning端子から、USBカメラアダプタでUSB端子をとりだし、
 真空管バッファ式USB DAC Type3のAKI-DACへ接続して出力しています。
 PCからAKI-DACをつなげても良いのですが、iPhone接続は簡単で重宝してます。


測定器側
 PCのマイク端子に直接さしこんで測定しています。
 (USBオーディオIFも持っていますが、私の環境ですと、
  PCの端子を利用したほうが簡易・正確でした)
 

re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:まさみち  投稿日:2020年 9月 9日(水)01時52分0秒
返信・引用
  iPhoneで歪率の測定してるそうですがどういう構成なんでしょうか?
一般的なマイク端子は数kΩのプルアップ抵抗が入ってますのでそのままでは繋げられないようです
オーディオI/Fを使ってる場合でも、元記事に記述がある通りにこのSRPPアンプは出力インピーダンスが高くて
100kΩ~50kΩ程度のボリューム受けを想定してるのかと思いますので
なんらかのバッファアンプが必要になるのでは?
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:VT  投稿日:2020年 9月 8日(火)23時11分48秒
返信・引用
  hiroさんへ

しっかりと測定し結果を記載していただいていたので、考えるにあたり非常に助かりました。
多少なりとお役に立てたなら幸いです。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)22時54分57秒
返信・引用
  > No.27885[元記事へ]

VTさんへ

> 歪の件ですが、どの電圧レベルから影響が出始めるのかを把握するためにも、周波数は単一でかまいませんので、入力電圧又は出力電圧と歪率の関係を把握なさった方がよいかと思います。

ご指摘のとおりですね。

頭のなかで、うーん、と考えていたのですが、
最大で夏 ー10DB で既に歪んでいますので、
実用を考えると、

 12AX7への入力電圧を下げる
 (出力はそこまでいらないので)

 多少、バイアスを深くする

のが良いだろう、、と。

どの程度、下げたり、深くするかについても、
いまの歪率を測定しておくのが良さそうです。

(松下の12AX7を使ってみたいという欲求は押さえつつ)

アドバイスありがとうございます。
非常に助かりました。
方向性が見えたので、試行錯誤してみます。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:VT  投稿日:2020年 9月 8日(火)22時36分2秒
返信・引用
  hiroさん、こんばんは。

歪の件ですが、どの電圧レベルから影響が出始めるのかを把握するためにも、周波数は単一でかまいませんので、入力電圧又は出力電圧と歪率の関係を把握なさった方がよいかと思います。
http://www.op316.com/tubes/lpcd/tt-dac3rev.htm
の特性の項目にあるグラフです。

結果次第では、真空管の方がおかしいということもあり得ますので。

また。実際にお使いになる出力電圧によっては、十分低歪な状態であるならば、手を加えないという選択もあるかと思います。

で、必要であれば、バイアスを深くする方向に調整することになるかと思いますが、その場合はどの程度調整するかの目安も得られるかと思います。


ただ、個々人の考え方もありますので。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)22時00分3秒
返信・引用
  > No.27883[元記事へ]

VTさんへ

> 2.4KΩの抵抗の件、hiroさんが乗せた写真では1%級金属皮膜抵抗の5本表示の後半となる黒茶茶だけが写っていて、赤黄の2本は2Kに接続されている黄色の配線の下になって写っていないためではないかと思われます。
> 余計な事かとは思いますが。

確かに、黄色配線の下で見えませんでした。
「ひとつひとつ確認」を心がけてはいるものの、ダメですね。。。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:VT  投稿日:2020年 9月 8日(火)21時38分16秒
返信・引用
  hiroさん
まさみちさん

2.4KΩの抵抗の件、hiroさんが乗せた写真では1%級金属皮膜抵抗の5本表示の後半となる黒茶茶だけが写っていて、赤黄の2本は2Kに接続されている黄色の配線の下になって写っていないためではないかと思われます。
余計な事かとは思いますが。
 

Re: Re: Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)21時34分36秒
返信・引用
  > No.27880[元記事へ]

VTさんへ

> おそらくですが、グリッド電流の影響が出ているのではないかと。
> 1Kが1.0Vで、0.4Vを入力すると入力の正側の振幅の一部でグリッド電流が流れて、出力の負側の歪につながっているのではないかと推測します。
>
> ですので、入力信号の振幅と歪の関係をチェックなさってみては如何でしょうか。

簡易ですがWaveSpectraで入力と出力の振幅を見ました。

  LーChに入力、R-Chに出力の信号を入れた状態で
  60Hzの信号を入れつつ、一時停止ボタンで波形を確認

結果、振幅が正側に振れたときに歪む、で合っているようです。

バイアスを、より深めに設定したときと比較するのが良さそうですが、
その理解で合っていますでしょうか?

 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)21時05分40秒
返信・引用
  > No.27879[元記事へ]

まさみちさん

返信ありがとうございます。

> 2K-2G間の抵抗は2.4kオームですか?写真では茶茶黒に見えるんですけど

2.4kΩです。テスターで一応測定しました。
写真は光の加減で色味が違うかもしれません。


> あとセンターピンは半田付けしたほうがいいかと

センターピンとアース母線は半田付けしてあります。
はんだを盛ってないので、たしかに付いていないように見えますが・・・
 

Re: Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:VT  投稿日:2020年 9月 8日(火)20時09分38秒
返信・引用
  hiroさん、こんばんは。
やはりボリュームを開けると逆に歪が悪くなるようですね。

おそらくですが、グリッド電流の影響が出ているのではないかと。
1Kが1.0Vで、0.4Vを入力すると入力の正側の振幅の一部でグリッド電流が流れて、出力の負側の歪につながっているのではないかと推測します。

ですので、入力信号の振幅と歪の関係をチェックなさってみては如何でしょうか。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:まさみち  投稿日:2020年 9月 8日(火)19時52分48秒
返信・引用
  2K-2G間の抵抗は2.4kオームですか?写真では茶茶黒に見えるんですけど

あとセンターピンは半田付けしたほうがいいかと
 

Re: Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)19時51分59秒
返信・引用
  > No.27876[元記事へ]

> 振幅が小さい方が12AX7入力前で、大きい方が12AX7出力後です。
> こちらを見ると、下側の振幅が、若干、小さく、歪みが大きいようです。

よりボリュームを大きくして追試しました。
 

Re: Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:VT  投稿日:2020年 9月 8日(火)19時51分46秒
返信・引用
  hiroさん、こんばんは。
お手数ですが、入力を現在の0.4Vから、1/4の0.1V (ゆとりがあれば、1/2の0.2Vも)を測定していただけないでしょうか。
あと、最初の測定データになかった1Gの電圧が0Vになっているかを確認していただけないでしょか。
 

Re: Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)17時29分6秒
返信・引用
  > No.27875[元記事へ]

VTさん、西村さん

追加で波形を取りました。
100Hzがわかりやすいのでアップロードします。

振幅が小さい方が12AX7入力前で、大きい方が12AX7出力後です。
こちらを見ると、下側の振幅が、若干、小さく、歪みが大きいようです。

なのでロードライン特性がオリジナルの松下12AX7と異なるのかな、と想像しました。
浅はかでしょうか・・・
 

Re: Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)17時19分8秒
返信・引用
  > No.27874[元記事へ]

VTさんへ

> 見比べると、ベースのランダムに出ているノイズ部分は入出力共に似た形をしていて、高域に向けて同じように上昇しているので、ベースかなというのと、入力側にある50Hzとその倍音系列のハムノイズと思われるものが出力側にないのは、インピーダンスの差などによるものかなと思います。

はい。

ベースは、測定環境(PC)側のノイズ成分で、
トランス出力のハムはインピーダンスの差の気がします。


> そういえば、シャシとアースラインは導通していますよね。

シャーシのネジ穴と、アース母線をテスターで当てると導通あります。


他にオリジナルとの差は、
 電源トランス 独自
 ライントランス E-8480 → TPB-2
 B電源のリップルフィルタの抵抗値 22kΩ → 50kΩ
 ヒーター電源のリップルフィルタの抵抗 12Ω → 8Ω
あたりでしょうか。

切り分けとして
 電源切った直後(コンデンサ電荷あり)の特性 → 変化なし
 B電源のコンデンサ容量追加(47uF) → 変化なし
でしたので、関係は無さそうですが。。

松下の真空管を入手して切り分けるべきか、
いや部品は悪く無いだろう、、、とか悩みに悩み中です。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:VT  投稿日:2020年 9月 8日(火)14時14分20秒
返信・引用
  hiroさん。
入力側のデータありがとうございます。
スペクトルデータが見たかったので、そちらがあってよかったです。
見比べると、ベースのランダムに出ているノイズ部分は入出力共に似た形をしていて、高域に向けて同じように上昇しているので、ベースかなというのと、入力側にある50Hzとその倍音系列のハムノイズと思われるものが出力側にないのは、インピーダンスの差などによるものかなと思います。

気になるのが入力側では2KHz,3KHz,4KHzと下がっていて、2KHzでも-80dB以下の高周波成分が出力側では大幅にレベルが高く、しかも周波数による減衰が少ないというのが気になります。

相変わらず解決へのヒントにはならなさそうで申し訳ありません。

そういえば、シャシとアースラインは導通していますよね。
 

Re: re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:hiro  投稿日:2020年 9月 8日(火)13時29分33秒
返信・引用
  > No.27872[元記事へ]

西村さんへ

> 上側の球についてです。1.5μF はカソードについていますよね?誤ってグリッド側になっていませんよね?

はい。
カソード側につけています。
写真も一応のためアップロードします。
 

re:トランス+真空管バッファ式USB DAC Type3の歪率

 投稿者:西村  投稿日:2020年 9月 8日(火)12時45分35秒
返信・引用
  ご確認ありがとうございます。

VTさんの書かれたことの前に簡単なチェックをもう一点だけお願いいたします。

上側の球についてです。1.5μF はカソードについていますよね?誤ってグリッド側になっていませんよね?
上のグリッドは下のプレートに直結です。グリッドになっていると下のプレートから出力しているのと同じになり、電圧も動作も正常になってしまいます。でも出力インピーダンスも高いままになります。歪率にも影響があるのではないかと思っております。
 

/827