【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: Re.NFBによるトーンコントロール

 投稿者:P  投稿日:2021年11月25日(木)10時02分16秒
返信・引用
  > No.28600[元記事へ]

ペトロニウスさんへのお返事です。

パワーアンプでもトーンコントロールは可能です。高い周波数の負帰還量を増減するだけのことです。但し、回路定数がボリュームになじまないのでロータリースイッチを使った複雑な回路になります。

もし、C型のボリュームが使えるならそして初段が差動回路なら、普通のトーンコントロールを組み込むことで、トーンコントロール付きのパワーアンプになります。
 

Re: Re.71Aミニワッター

 投稿者:CPU.BACH  投稿日:2021年11月24日(水)22時17分29秒
返信・引用
  > No.28599[元記事へ]

TACさんへのお返事です。

> CPU.BACHさん
> 具体的なご指導をありがとうございます。アンプをひっくり返し測定するのは聴感で変化を
> 感じた時をきっかけにすることとします。
> 文系の耳で対応し、やみくもに不安がるのは致しません。
> ありがとうございました。
>
 あくまで私見ですが、これまでも他の球でも同様の対応をしてきましたので、
ご参考になればと思いました。
171Aに味をしめて、最近は245に取り掛かっています。
 

Re: Re.NFBによるトーンコントロール

 投稿者:ペトロニウス  投稿日:2021年11月24日(水)19時15分55秒
返信・引用
  > No.28598[元記事へ]

VTさんへのお返事です。

VTさま

どうもありがとう!

ご紹介していただいた記事を読んで、勉強してみます。

これからも引き続きよろしくお願いします。

ペトロニウス



> ペトロニウスさん、こんばんは。
>
> ぺるけさんがお書きになっている「差動ラインプリ版NF型トーンコントロール」
> http://www.op316.com/tubes/pre/tc2.htm
>
> をお読みになってはいかがでしょうか。
>
> それに「直熱管171A/71AミニワッターにBass Boostをつける」
> http://www.op316.com/tubes/mw/mw-171a-bb.htm
>
> を参考として組み合わせて考えてみれば宜しいのではないかと思います。、
 

Re.71Aミニワッター

 投稿者:TAC  投稿日:2021年11月23日(火)12時00分32秒
返信・引用
  CPU.BACHさん
具体的なご指導をありがとうございます。アンプをひっくり返し測定するのは聴感で変化を
感じた時をきっかけにすることとします。
文系の耳で対応し、やみくもに不安がるのは致しません。
ありがとうございました。
 

Re.NFBによるトーンコントロール

 投稿者:VT  投稿日:2021年11月22日(月)02時59分37秒
返信・引用
  ペトロニウスさん、こんばんは。

ぺるけさんがお書きになっている「差動ラインプリ版NF型トーンコントロール」
http://www.op316.com/tubes/pre/tc2.htm

をお読みになってはいかがでしょうか。

それに「直熱管171A/71AミニワッターにBass Boostをつける」
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-171a-bb.htm

を参考として組み合わせて考えてみれば宜しいのではないかと思います。、
 

NFBによるトーンコントロール

 投稿者:ペトロニウス  投稿日:2021年11月21日(日)21時48分14秒
返信・引用 編集済
  30年のブランクを経て、今月から管球式アンプを作ってみようと、勉強を再開しました。
お尋ねしたいのは、記憶が定かではないのですが、昔の三栄無線の6BM8シンブルアンプだったと思うのですが、パワーアンプの出力トランスからのNFBで低音がコントロールできる物回路があったと思います。その後、うまくやれば高音も調製できるようなことを初ラかなんかで読んだ記憶があるのです

こんなやり方は邪道かも知れませんが、何か気になって作ってみたいのです。
いろいろ調べたのですが、回路が解りません。
このことについて何かご存じのことがあればお教示くださいませんか。よろしくお願い申し上げます。
 

Re: 71Aミニワッター

 投稿者:CPU.BACH  投稿日:2021年11月21日(日)17時05分2秒
返信・引用
  > No.28595[元記事へ]

TACさんへのお返事です。

> 中古真空管の場合、測定の頻度をどの程度で実施すべきでしょうか、聴感で左右の差がはっきり聞き取れたの天寿真空管は2日後でした。1.と2.はLRの差異は古希の私には聞き取れませんでした。
>
> 落としどころはどこに求めるかご指導いただければ幸いです。文系の爺さんです。
> よろしくお願いいたします。

 71A mini Watter完成、おめでとうございます。私は10年ほど前に171Aで組み上げた
ものを愛用しています。しばらく経ってから出力管の片方が劣化して交換しました。
 2014年に再測定をしましたが、所定のプレート電流を流すのに必要なバイアス電圧(B点の電圧)が1.5Vほど変化していただけで初期の値と大差ない結果でした。
その後は、測定もしないまま使っています。
 測定の頻度は何とも言えませんが、片側の音量が下がったとか、雑音が出始めたとか、聴感をきっかけにされる程度でよろしいのではないかと思います。


http://www7b.biglobe.ne.jp/~cpu_bach/ms-1106_171a.html

 

71Aミニワッター

 投稿者:TAC  投稿日:2021年11月20日(土)15時06分51秒
返信・引用
  改訂版の71Aミニワッター完成報告とHELPのお願いです。
ヤフオクにて71Aを中古4品落札し完成後DATAを測定しましたので下記に記載します。
1.電源電圧 102.4V 左 F点107V、G点274V、B点70.4V 右 F点107V、G点274V、B点75.4V
2.     103V      107V   285V   67.4V     107V   285V     68.5V
 F点電圧は500オームで調整しています。
1.の真空管はLRのB点の電圧差が5.4Vあるので採用せず。予備の真空管とします。
2.の真空管を採用しました。
測定の写真を添付します、約45度かか向いて測定しています。
上記2.のDATAが最良のDATAですが入電後1時間後の安定したと思われる時点での測定です。
これ以外に天寿を迎えたB点135Vを示した真空管もありました。(残念)出品者にはノークレームです。

中古真空管の場合、測定の頻度をどの程度で実施すべきでしょうか、聴感で左右の差がはっきり聞き取れたの天寿真空管は2日後でした。1.と2.はLRの差異は古希の私には聞き取れませんでした。

落としどころはどこに求めるかご指導いただければ幸いです。文系の爺さんです。
よろしくお願いいたします。


 

Re: フォノイコライザー 写真

 投稿者:MO  投稿日:2021年11月13日(土)10時18分49秒
返信・引用
  まぐなむ様 写真掲載有り難うございます。
相当な技量と知識が無いと制作は出来ないと感じました。
制作過程が見られるHPもないようです。
実際の音を聞きたいですね。
 

Re: Re: フォノイコライザー

 投稿者:まぐなむ  投稿日:2021年11月12日(金)21時37分16秒
返信・引用 編集済
  MOさんへのお返事です。

> RCAジャックのアースはシャーシに落としているのでしょうか?

この個体は入力のRCAジャック直下でシャーシに落としていますがハムは問題ないです。もし制作されるのでしたら記事の訂正1項に従って、MC/MM切替スイッチ~62kΩの区間にされるのがよいと思います。

写真2枚目、シールド線のそばにあるコの字形すずめっき線がアース母線です。ここに各基板のアース線が繋がっています。
 

Re: フォノイコライザー

 投稿者:MO  投稿日:2021年11月12日(金)14時46分4秒
返信・引用
  マグナム様 写真を拝見して興味を持ちました。
各アースラインが見えると助かります。黒線なので見えづらいですので。
RCAジャックのアースはシャーシに落としているのでしょうか?
よろしくお願いします。
 

Re: フォノイコライザー

 投稿者:まぐなむ  投稿日:2021年11月11日(木)10時22分28秒
返信・引用 編集済
  Croさんへのお返事です。

> まずはパーツ集めと、平ラグの配線方法などをスケッチしてみます。

実体配線図を起こすのでしたら、こちらも参考になるかと思います。各基板の解像度が高い写真が必要でしたら、都度申し付け下さいませ。
 

Re: フォノイコライザー

 投稿者:Cro  投稿日:2021年11月11日(木)07時26分14秒
返信・引用
  > No.28585[元記事へ]

うちだ様、VT様
大変返信が遅くなって申し訳ございません。

ご提案いただいている情報大変参考になります。
なんとなくではありますが、大変ハードルが高いものの、不可能な話ではないということがわかってきました。
このフォノイコライザーをますます作ってみたくなりましたが、時間をかけて取り組みたいと思います。
ちょっと年末に向けて忙しくなってきてしまい、時間がとれなくなってきましたが、まずはパーツ集めと、平ラグの配線方法などをスケッチしてみます。

またこちらの掲示板で相談させていただくと思います。
本当にありがとうございます。


 

Re: ギターアンプの作成

 投稿者:kimux  投稿日:2021年11月10日(水)01時34分19秒
返信・引用
  > No.28588[元記事へ]

あ~、わたなべさんとタッチの差でカブってしまいました。

さらに追記するなら、こちらの「スペシャル・コンテンツ」も趣が深いです。
https://lazyecology.web.fc2.com/reverb/special/
 

Re: ギターアンプの作成

 投稿者:kimux  投稿日:2021年11月 9日(火)21時49分42秒
返信・引用
  > No.28586[元記事へ]

エレキギターの出力インピーダンスは 250kΩ以上で、アンプ側はいわゆるハイ受けする必要があります。出力電圧もラインレベルと比べると小さいです(数十~数百mV)。一般的なギターアンプは何段かプリアンプ管を重ねます(で、いい意味で歪ませます)。
このサイト、面白いですよ。

真空管アンプの工作、原理、設計まで
http://hayashimasaki.net/tubebook/
 

Re: ギターアンプの作成

 投稿者:わたなべ  投稿日:2021年11月 9日(火)21時46分23秒
返信・引用
  ギターアンプはハイゲインのことが多いです。とりあえず50倍は欲しいかな、という感じです。
私は『真空管ギターアンプの工作・原理・設計(林正樹)』を参考に作っています。
最初、オーディオアンプと同じ感覚で作ったところ、同じく小さな音しか出せず、いろいろ悩んでこの本にたどり着きました。

本によれば、ギターアンプの入力インピーダンスは高めで、一般的に1M程度であることが多いそうです。
また、アンプ側の説明にからめ、ギター側のインピーダンスについても解説されています。
本ではギター側のインピーダンスの参考値として、低い音の時のインピーダンスが10kΩ、高い音では50kΩと例示し、
ギター側のインピーダンスが高めなので、アンプの入力インピーダンスが低いと音量が低下、かつハイ落ちになると説明してました。
意図的に入力インピーダンスを下げて音作りをすることもある、とも書かれていました。
ちなみに、アンプの入力インピーダンスが低いとメロウな音色になるそうです。
 

ギターアンプの作成

 投稿者:良峯秀郷  投稿日:2021年11月 9日(火)08時28分26秒
返信・引用
  真空管ギターアンプ上手くいかない、ラインアップは、6BA6-25E5いずれも3結、出力5~6w、FMラジオのライン出力入れてみた、いい音してる。エレキギター入れてみた、全然音小さい?エレキギターってステージで使うから600Ω?かな、入力にステップアップトランス入れてみた、少々上がったがまだまだ小さい。600Ωのマイクロホンも同じだね。
 

Re: フォノイコライザー

 投稿者:うちだ  投稿日:2021年11月 3日(水)12時56分54秒
返信・引用 編集済
  > No.28570[元記事へ]

Croさんこんにちは

たいへん遅い返信ですが、ご質問にお答えします。

> もし、無理でしたら諦めますが、この掲示板を頼りに作ることが可能かどうか、また、作った事のある方が、基盤の写真やパーツリストなどありましたら教えていただきたく、投稿しました。

・掲示板については、そのタイトルと掲示板利用のガイドラインに書かれている通りだと思
います。

・基盤の写真は、ペルケさんの写真を拡大して見てください。「基盤」と言われているの
は、ここでは部品を載せる「平ラグ」の事です。写真を回路図と比較してゆくと、一つ一つ
の部品と取付位置がほぼ特定できます。これからいわゆる平ラグパターンを完成してゆける
と思います。
平ラグパターンについてはこちらを参照してください:
http://www.op316.com/tubes/tips/k-lug.htm

ちなみに4本の真空管の左に4つの平ラグがあります。上からイコライザーアンプ1(EQA1)、
MCアンプ1(MCA1)、MCA2、EQA2と並んでいます。EQA1の左端の2本の抵抗は大きいので
30KΩ2W、その右の黒い大きなコンデンサが33μF250V等々です。このように確認してゆけ
ば、ほとんどの部品が分かります。

・パーツリストは、回路図がパーツリストそのものです。この中にほぼすべて情報が入って
います。ワット表示のない抵抗が1/4Wです。機構部品については、同じように写真を見ると
必要な部品が判断できると思います。またこちらのページに詳しい情報が掲載されていま
す。下の方までよく見てください。入手先まで分かりますので、とても役に立ちます。
http://www.op316.com/tubes/buhin/buhin.htm

以上ご検討の上での参考になればうれしいです。
 

Re: Re: Re.フォノイコライザー

 投稿者:うちだ  投稿日:2021年11月 3日(水)02時09分26秒
返信・引用 編集済
  > No.28583[元記事へ]

VTさん、Croさんこんばんは

お返事をありがとうございます。

> また、ぺるけさんが机上設計のみとしている平衡出力MMフォノ・イコライザ・アンプ
> http://www.op316.com/tubes/balanced/balphonoeqmm.htm

私はこのイコライザを作った事があります。その平ラグパターンがまだ残っていますので、参
考程度に見ていただく事は出来ます。

> ただ、Croさんの元々のご要望を考えると、どなたかが事例を提示できないと難しいのではないかと推察いたします。

そうですね。私も簡単では無いと思います。
ただ入手困難な部品でも代替手段がある事をお伝えしたかったのです。
事例については、ペルケさんのHPの中に参考になる所が沢山あると思います。それが役立つの
ではないでしょうか。私もそうして作ってきました。

検討の上での参考になさってください。
 

Re: Re.フォノイコライザー

 投稿者:VT  投稿日:2021年11月 2日(火)01時26分10秒
返信・引用
  うちださん、こんばんは。

ご提案の件、ご自身で「設計変更」ができるなら十分可能性があると思われます。

元々2SK170の部分は独立でNFBが掛かっていますので、2SK2145を使う場合はNFB量の調整との組み合わせでゲインをコントロールすることになるのではないかと思います。

また、ぺるけさんが机上設計のみとしている平衡出力MMフォノ・イコライザ・アンプ
http://www.op316.com/tubes/balanced/balphonoeqmm.htm
の方には、「定電流回路はトランジスタなどを使って自力で組んでもかまいません。」との記述をなさっていますので。

ただ、Croさんの元々のご要望を考えると、どなたかが事例を提示できないと難しいのではないかと推察いたします。
 

/862