<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: ブルートゥースについて

 投稿者:hitochan  投稿日:2020年 5月13日(水)05時25分59秒
返信・引用
  やまぐちさんへのお返事です。

さっそくのお返事ありがとうございます。
iPhoneの接続情報を消したり、電源を一度落としてみたり、送り側を触ってみましたが状況は同じです。

もう少し、ためしてみます。

改善が見られないようなら、ブルートゥースの基板を変えて試そうと思います。
 

Re: 今でも入手可能な半導体で作るMini Watter Ver.5(19V)

 投稿者:ま~@  投稿日:2020年 5月13日(水)03時14分10秒
返信・引用
  > No.27546[元記事へ]

追記です。

> 2SA1359 → TTA008B使用 (hFeをテスターで簡易選別)
> 2SB1375 → TTA008B使用 (hFeテスターで簡易選別)
> 2SD2012 → TTC015B使用 ((hFeテスターで簡易選別)

(中略)

> このあと出力段だけは確保してある2SB1375と2SD2015に換装します。
> 理由は・・・折角買ったのに使わないのもったいないからw


出力段を2SB1375と2SD2015に換装しました。

大きくは変わらない感じではありますが、
高音域が少しだけクリアに聴こえる気はします。

「高域歪み改善記事」で出力段のトランジスタにより、
NFBにパラ接続しているコンデンサ容量を変えている設計ですが、
TTA008B & TTC015Bだと異なるのだろう・・・という邪推です。

後日ゆっくりと記事を熟読し、
TTA008B & TTC015Bのデータシートを見ながら
計算してみようかと思います。


「2SB1375 & 2SD2015」と「2SA1869 & 2SC4935」との差異は
記事に書いてあるので、その方向性でカット&トライかな?と

出力段のトランジスタは確保してあるので、トライしないかも?

まぁ今後の製作する方のためと、自分のメモのために残しておきます。

http://www.op316.com/tubes/mw/mw-19v-p5-hdist.htm

 

加算回路の抵抗値計算の考え方について

 投稿者:もりけん  投稿日:2020年 5月13日(水)01時30分23秒
返信・引用
  こんばんは。最近バタバタしててまだアクティブミキサーの製作に着手できていないのですが、回路定数と部品の選定にあたって分からない部分があるので教えてください。

https://www.zea.jp/audio/schematic/sc_file/026.htm
以前も貼り付けした加算回路の作例です。各入力においてコンデンサの後にある抵抗の部分が質問の趣旨なんですが、
これらの各入力部分抵抗の合成抵抗値を、最初の反転回路を形成するオペアンプから見たときの入力抵抗とみなせばいいのでしょうか?
(この図の場合入力が5つで各抵抗値は47kΩなので、合成抵抗は約10kΩ?実際にはVRがあるので変動すると思いますが)

また5つの入力のうち一部しか結線されてなかっり、接続されていたとしても機器の電源がOFFな状態だとその分の入力は除外する必要があり
合成抵抗の基となるのは機器が接続されてかつ信号がHot状態な各入力部分の抵抗だと考えていますがこれも正しいでしょうか?

反転回路のゲインは入力抵抗と負帰還抵抗の比で求まる訳ですが、ゲイン余裕の小さいオペアンプだと発振する可能性が
あるということで、アプリケーション選定の前にまず上記の理論を理解する必要があると感じました。

あとついで今回のようなラインレベルバッファ相当の回路に使うのにオススメのオペアンプがあれば教えてください。
出力用アンプに使う訳では無いので、あまり高くない機種だと嬉しいです。

よろしくお願いします。
 

Re: ブルートゥースについて

 投稿者:やまぐち  投稿日:2020年 5月13日(水)00時28分53秒
返信・引用
  hitochanさんへのお返事です。

私も同様の症状が出ましたが、スマートフォンから1台目の接続情報を削除したら直りました。
 

ブルートゥースについて

 投稿者:hitochan  投稿日:2020年 5月12日(火)23時59分55秒
返信・引用
  ミニワットツアラーVer.6を2台作成しました。
1台目は、今の所問題ないのですが、2台目はブルートゥースの接続が2~3分で切れ、LEDが点滅状態になります。
点検すべきポイントを教えていただければありがたいです。
よろしくお願いします。
 

Re2: でも、そうすると何がいけないのだろう。

 投稿者:VT  投稿日:2020年 5月12日(火)23時49分15秒
返信・引用
  MMさん、こんばんは。

球を入れ替えてもカソード電位が低いチャンネルが変わらなかったということでしたので、とりあえず球の問題ではなさそうです。

1. これは単なる確認になると思いますが、ヒーターとGNDの間の抵抗値を測っていただけないでしょうか。

2. 確認のために左右チャンネルのR3(68KΩ)とR8(7.5KΩ)の抵抗値を測っていただけないでしょうか。
R8の方は、抵抗値を測る前に、テスターを直流電圧系モードにして、抵抗の両端の電圧がほぼ0Vであることを確認してください。また、抵抗計モードにして測定すると、しばらく値が動くかもしれないので、落ち着いたら読み取ってください。

3. もしクリップコードの類をお持ちでしたら、R5の両端をショートさせた状態での左右チャンネルのカソード電圧を測っていただけないでしょうか。
 

Re: でも、そうすると何がいけないのだろう。

 投稿者:MM  投稿日:2020年 5月12日(火)19時18分27秒
返信・引用
  > No.27567[元記事へ]

千の里人さんへのお返事です。

丁寧にありがとうございます。
同時にB点の電圧も測ったのですが、確か240V程度でした。
設計値より20V程高いですね...

電源のリプル除去用のFETですが、私がヒューズが飛ぶ問題の原因を特定した時に、
破損を懸念して交換しております。

ハム防止の、カソードからのヒーターへの結線を切ってしまったことはミスでしたが
現時点では、歪みっぽかった再生音がクリアになっています。

今疑問なのは、右チャンネル(筐体を裏返して真空管ソケットを手前にした時の左側)の
カソード電圧が低いことです。
これによってプレート電流値が小さくなり、多分音量がわずかに小さくなっていると思うのですが…

> MMさんへのお返事です。
>
> > まず電圧はA点での計測です。
>
> 了解しました。ではB点の電圧を教えてください。
>
> 私の勝手な推定は、以下の通りです。
> 1.音質改善用のコンデンサ(平ラグパターンの赤いところ)の足が地絡。
> 2.ヒューズが飛んだ時、MOS FETもショートモードで破損。
> 3.電源からリプルが大量に発生。
> 4.アンプの動作異常で歪発生。
>
> B点の電圧が設計値通り220Vくらいなら、MOS FETも破損していないです。
> ヘッドホンでハムが出ないことを確認されておられるので、電源は正常な可能性大ですが。
 

Re: でも、そうすると何がいけないのだろう。

 投稿者:MM  投稿日:2020年 5月12日(火)16時00分42秒
返信・引用
  > No.27565[元記事へ]

VTさま、ぺるけさま、千の里人さま

まず電圧はA点での計測です。
電源トランスはKmB90F(と思います。元の製作者が友人ですので)、185Vタップから引き出しています。
ヒューズが飛んだのは、音質改善用のコンデンサ(平ラグパターンの赤いところです)の足がショートしていた上、グランドに落ちていたからだと思います。

球を左右で入れ替えたのですが、カソード電圧は変化しませんでした。
バイアスですが、両方とも-5V程度でした。

ちなみに、ハムキャンセルのための配線を切ってしまったわけですが、現時点ではハムノイズは聞こえません
(ヘッドホンにて確認しました)


> MMさんへのお返事です。
>
> > 計測値ですが、
> > 電源電圧:274V
>
> これは、A点? B点?どちらでしょうか?
>
> A点なら、それ位でしょう。
> (但しトランスのタップが185Vではなく、195Vが選択されている可能性がありますが)
>
> B点なら、電源のMOS FETが破損しているかと。
> (アンプ側の配線ミスで、電源のヒューズが飛んだ経緯が気になります)
 

Re: Re.2段直結シングルミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 5月12日(火)11時13分38秒
返信・引用
  球を左右で入れ替えてみて、電圧も左右で入れ替わったら、電圧の違いは球のせいだということになりますね。
球が正常かどうかは、動作中のバイアス(グリッド~カソード間電圧)を測定してみれば見当をつけることができます。
 

Re3.2段直結シングルミニワッター

 投稿者:VT  投稿日:2020年 5月12日(火)11時11分53秒
返信・引用
  MMさんおはようございます。

電源基本回路の配線図にありますように、本作の場合左右何れかの6DJ8のカソードとヒーターの一方が接続されているのは、設計通りです。

カソード電圧が違うという点については、球のバラつきの可能性も十分ある範囲ですが、とりあえず左右の球を入れ替えるとどうなるかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

また気になる点として、電源電圧がぺるけさんの設計では216Vなのに対し、測定頂いた結果は274Vとかなり高い値となっています。これについては、使われているトランスがKmB60Fで、230Vタップを使っている可能性があると想像しています。
プレート-カソード間の電圧が200V程度で、10mAのプレート電流を流すと、プレート損失が2Wとなり、6DJ8の最大プレート損失を超えていますので、あまり好ましい状態とは言えないかと思います。

ヒーターとカソード間の配線を外したら歪が収まったというのも不思議なのですが。

 

Re: 配線を辿ってみたら左チャンネルのカソードとヒーター(4番)が繋がっていました。

 投稿者:MM  投稿日:2020年 5月12日(火)11時02分15秒
返信・引用
  > No.27561[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

こんにちは。
なるほど、記事を再度よく読んだらそのような記述がありました。
ご指摘ありがとうございます。

> ヒーター回路の一端を一方のチャネルのカソードに繋ぐのは、正しい配線です。
> ヒーターにプラスのバイアスを与えることでヒーターハムを防いでいるのです。


でも、そうすると何がいけないのだろう。
 

配線を辿ってみたら左チャンネルのカソードとヒーター(4番)が繋がっていました。

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 5月12日(火)10時23分22秒
返信・引用
  ヒーター回路の一端を一方のチャネルのカソードに繋ぐのは、正しい配線です。
ヒーターにプラスのバイアスを与えることでヒーターハムを防いでいるのです。
 

Re: Re.2段直結シングルミニワッター

 投稿者:MM  投稿日:2020年 5月12日(火)10時01分12秒
返信・引用
  > No.27559[元記事へ]

少し進展がありました。

電圧測定をしている時に、何か違和感を感じたので、配線を辿ってみたら左チャンネルのカソードとヒーター(4番)が繋がっていました。
このアンプをもともと作った方がどうやらミスをしたようです。私もこれに気づくのが遅れたのもミスです。
配線を直したところ、主訴の音が歪むという現象は解消しましたが、電圧が低めなのは変わりませんでした。

> 西村さんへのお返事です。
>
> コメントありがとうございます。
> おっしゃる通り、そのミニワッターです。
>
> 計測値ですが、
> 電源電圧:274V
> 出力段カソード電圧:左66.8V,、右77.9V
> でした。左右差があります。
> 従いまして、プレート電流は左が8.9mV、右が10.38mVとなります。
>
> 右チャンネルはほぼ設計値通りですが、左が10%ほど低い値になっています。
>
> > 横から失礼します。
> >
> > > プレート電流ですがレンジはDCで良いのでしょうか?
> >
> > http://www.op316.com/tubes/mw/mw1.htm
> > ですよね?
> > 作例はカソード電圧が 74.5V カソード抵抗が 7.5kΩ3W となっています。このままをご使用ですね? このままでないにせよ計算で求めます。
> > 74.5V / 7500Ω ≒ 0.01A となり、10mA となります。カソード電流 = プレート電流と考えていいです。
 

Re: Re.2段直結シングルミニワッター

 投稿者:MM  投稿日:2020年 5月12日(火)09時19分8秒
返信・引用
  > No.27558[元記事へ]

西村さんへのお返事です。

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、そのミニワッターです。

計測値ですが、
電源電圧:274V
出力段カソード電圧:左66.8V,、右77.9V
でした。左右差があります。
従いまして、プレート電流は左が8.9mV、右が10.38mVとなります。

右チャンネルはほぼ設計値通りですが、左が10%ほど低い値になっています。

> 横から失礼します。
>
> > プレート電流ですがレンジはDCで良いのでしょうか?
>
> http://www.op316.com/tubes/mw/mw1.htm
> ですよね?
> 作例はカソード電圧が 74.5V カソード抵抗が 7.5kΩ3W となっています。このままをご使用ですね? このままでないにせよ計算で求めます。
> 74.5V / 7500Ω ≒ 0.01A となり、10mA となります。カソード電流 = プレート電流と考えていいです。
 

Re.2段直結シングルミニワッター

 投稿者:西村  投稿日:2020年 5月12日(火)07時20分10秒
返信・引用
  横から失礼します。

> プレート電流ですがレンジはDCで良いのでしょうか?

http://www.op316.com/tubes/mw/mw1.htm
ですよね?
作例はカソード電圧が 74.5V カソード抵抗が 7.5kΩ3W となっています。このままをご使用ですね? このままでないにせよ計算で求めます。
74.5V / 7500Ω ≒ 0.01A となり、10mA となります。カソード電流 = プレート電流と考えていいです。
 

Re: Re.2段直結シングルミニワッター

 投稿者:MM  投稿日:2020年 5月12日(火)06時44分20秒
返信・引用 編集済
  > No.27555[元記事へ]

VTさんへのお返事です。

おはようございます。
それはそうですね。データも示さずに助言は求められませんね。

作例の電圧は電源電圧とカソード電圧。そしてプレート電流ですがレンジはDCで良いのでしょうか?
「素人」と言うのを免罪符にはしたく無いのですが、よくわかりませんでした。

> MMさん、こんばんは。
>
> 貴殿がお書きになったことを読んでも、神ならぬこの身ではどこがおかしいのかあずかり知ることができません。
> 作例のところには、各部の電圧が記載されているかと思いますので、該当するところを左右チャンネル共に測定していただいて、その結果をまずは投稿していただけることを期待しております。
>
> お手間かとは思いますが、そのあたりのデータを開示していただければ、皆様からのアドバイスが出るのではないかと愚考いたします。
 

Re: 2段直結シングルミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 5月12日(火)06時41分52秒
返信・引用
  > No.27553[元記事へ]

MMさんへのお返事です。

VTさんが書かれたとおりです。
昨日、電子版がamazon等で発売になった(印刷版の本は月末の予定)拙著の第六章にこの様な事が書いてあります。

■6-10.音が歪む
音が歪む原因は3つに分けて考えます。一つ目は信号経路に接触不良などの単純なトラブルがある場合です。二つ目は電子回路として正常にDC動作しているがAC動作に歪を発生させる要因がある場合です。三つ目はまともに通電していなくてそもそも電子回路としてDC動作していない場合です。

1ではないとすると、2か3になります。VTさんは、原因は2なのか3なのか絞り込みをされようとしています。トラブルシューティングの正しいアプローチです。
 

Re.2段直結シングルミニワッター

 投稿者:VT  投稿日:2020年 5月11日(月)23時54分29秒
返信・引用
  MMさん、こんばんは。

貴殿がお書きになったことを読んでも、神ならぬこの身ではどこがおかしいのかあずかり知ることができません。
作例のところには、各部の電圧が記載されているかと思いますので、該当するところを左右チャンネル共に測定していただいて、その結果をまずは投稿していただけることを期待しております。

お手間かとは思いますが、そのあたりのデータを開示していただければ、皆様からのアドバイスが出るのではないかと愚考いたします。
 

Re: Bluetoothのノイズ

 投稿者:やまぐち  投稿日:2020年 5月11日(月)22時24分10秒
返信・引用
  ピピ音の解析ですが、少しだけ進展がありました。

ピピ音の発生源はCSRA64215内蔵のマイコンのようです。マイコンをスリープさせるとピピ音が消えました。

内蔵のマイコンは周期的に電力を消費する処理を繰り返していて、1つの処理単位を終えると少し長めの停止状態に入っているようです。ドンと消費する瞬間の電流値を測れていませんが、デカップリングコンデンサで賄いきれずにドロップしています。どうやらこれがレギュレータでも阻止しきれず、OPアンプ部の電源まで伝わっているようです。添付波形のch1(黄色)はVCHG端子、ch2(水色)はOPアンプ電源端子です。これが数百個繰り返して1ピとなります。

AMS1117からVCHGへの3.3Vを切り離して、外部から供給してみたところ、ピピ音がほぼ聴こえないレベルまで低減しました(写真)。電源回路のフィルタを上手く工夫すれば、ピピ音を解決できると思います。

2.4GHzが混雑してBluetoothの接続が不安定になると、再接続処理等マイコンの処理が増加してピピ音が顕著になるのでは?というのが私の考えです。
 

2段直結シングルミニワッター

 投稿者:MM  投稿日:2020年 5月11日(月)16時46分25秒
返信・引用
  ぺるけさん、みなさまこんにちは。
友人から6DJ8を使った、2段直結シングルミニワッターを譲り受けたのですが、そのアンプについてお尋ねします。
実はこのアンプは問題を抱えたまま嫁いできました。
音質改善のためのR3につながるコンデンサの取り付けが間違っていて、具体的には+-がショートしていたのです。
そのため、グランド線をつなげるとヒューズが飛ぶというものでした。
このミスにはすぐ気がついたので、修正したのですが、どうも音が全体的に歪んでいる感じです。
ショートしたことで過剰な電流が流れて、回路の一部がおかしくなったかと思い、ラグ板も作り直したのですが、歪のある感じは解消しませんでした。
出力トランスにも影響を及ぼしたのかとも思っているのですが、確証がありません。
ご意見を頂戴致したく。
よろしくお願いします。
 

/813